« 「TETES MANIS」 @ 神田 | トップページ | 「東亭」 @ 池袋 »

「えん」 @ 小石川

 

 地元ネタ。
 自分、けっこう通っている。
 実は、今年のバレンタインデーの記事はこちらのお店だ。

En_outs

 レギュラーメニューの一部を紹介。
Menu_r  この左にも “冷ややっこ”、“うるめ”、“たたみいわし” などの短冊が下がっている。

 〆のご飯物もレギュラーとして用意されている。Menu_g

 その日のおすすめは黒板とその下の短冊に書かれている。
 この日の黒板。Menu_ossm
 旬のものが並ぶ。

 日本酒も黒板に。
Menu_sk  後日、越乃寒梅が無くなり、ひやおろし系のラインナップが加わった。
 富山・若鶴酒造の“苗加屋”ひやおろし、土佐・西岡酒造の“久礼”ひやおろし、長野・信州銘醸の“鼎”ひやおろし。(自分は、“苗加屋”ひやおろしが好み)

 写真、“魔王”と“白州”がチラ見しているのもご参考に。
 白州ハイボールは美味い。

 ではでは、この日にいただいたものを……。
■お通しToshi
 奥に屋久島の焼酎「三岳」が見えている。ロックとチェイサーでいっている。

■お刺身二品盛りOtsukuri00
 お刺身はオーダーによって、分量なども調整して盛ってもらえる。
Otsukuri01  こちらは黒板にあった淡路島の鯖(生!)と玄界灘の黄はた。

 ちなみにウインドーに黄はたの頭が……Kihata_head
 この日はウニもウインドーに入っていた。おくはイクラ。Uni_and

■ぶり大根煮Bri_dakon
 敷かれた昆布が見えるかな? 塩味昆布出汁でいただくぶり大根。技ありの一品。抜群に美味い。

■海老のチリマヨソース和えEbimayo
 単なるマヨネーズでなく、チリマヨってところがミソかな。日本酒にも合うような仕様になっている。

■子持ち鮎 天ぷらKomochia_tp
 黒板にあった¥700だと2尾だが、1尾で。
 ワカサギの天ぷらみたいな発想か。もちろん、頭からいただいた。
 臭味なくしっとり爽やかな身と子の食感が楽しめる。

 別の日になるが、撮らせてもらった料理があるので、折角なのでUpしておく。
■のれそれNoresore
 穴子の稚魚ね。久々に食べたな。

■タラの煮付けTara_nitsuke
 タラだったかな?? 
 茄子や豆腐も合わせて、わくわくする見栄え。
 自分、豆腐が好物なので、この仕様は大歓迎。

 時にはこんなメニューもある。
■牛すじカレーCurry
 牛すじ煮込みが準レギュラーとしてあるのだが、それのカレー版。
 「えん」のご飯は麦ごはんであることも、言い添えておく。

 あ、あとワインもおいてある。品種はそんなに多くないのだけれどね。
 美味い刺身に白ワインをあてるのも悪くない。

 他にも、レギュラーの鶏の唐揚げとか、季節になると出てくる牡蠣のホイル焼きとか、評判のメニューはいっぱいあるのだが、写真はこの辺で止めておく。

 えんの場所。表の千川通りから脇に脇にと入った所。ちょっと見つけづらい。
 知る人ぞ知る立花隆事務所“猫ビル”のそば。六角坂下だ。

 厳しい立地で(失礼!)良くやっている。凄い、感心する。
 この11月で創業15周年。これからもずっと、がんばってもらいたい。

 

食べログ グルメブログランキング

 

小料理・味処 えん
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:割烹・小料理 | 春日駅後楽園駅東大前駅

|

« 「TETES MANIS」 @ 神田 | トップページ | 「東亭」 @ 池袋 »

宿酔注意」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/57570899

この記事へのトラックバック一覧です: 「えん」 @ 小石川:

« 「TETES MANIS」 @ 神田 | トップページ | 「東亭」 @ 池袋 »