« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

「鯨食堂」 @ 川口市領家

 

Kujirasd_outs

 狙って行った。気になるメニューがあったのだ。
 場所は足立区と川口市の堺。新芝川が荒川に合流する手前、山王橋が近い。

 「北海水産株式会社」が運営する外食部門(?)。
 昭和36年創業。当時は舟で荒川づたいに魚を運んで、ここで加工していたのか。

 入り口入ってすぐ左手に券売機。Menu00
 左側はずっとウインドーケースになっていて、商品が並んでいる。Window
 正面が注文カウンター兼レジ。Cyumoncut
 右手側がダイニングスペース。カウンターもある。Kujirasd_ins

 鯨の刺身、竜田揚げは自宅近傍の居酒屋で食える。気になったメニューはこれ。
■鯨ヅケ丼定食Duked_tsk
 サービスでご飯大盛りにもできる。こちらは普通盛り。
 丼手前にはネギトロが添えられている。
 横の小皿にワサビ運び、ワサビ醤油を作ってからネギトロに合わせるのが良い。

 丼のUpを。Duked_up
 見事なワインカラー。
 刻み海苔と白ゴマが良い仕事をしているが、一番のポイントはご飯が酢飯(温)になっているところ。凄い食べやすい。
 会社のホームペーには、ヅケにした鯨肉は独特のクセがあると記されているが、まったく気にならなかった。
 美味。

 世界から非難されている日本の捕鯨活動。今後、口に出来なくなるのか??
 一言、二言言いたいことはあるが、このページでそういった時事ネタを展開するつもりはないので止めておく。

 券売機にはボタンがないけれど、料理は単品でも注文できる。Menu01

 お土産は賞味期限に注意してね。Sm_kigen

 

食べログ グルメブログランキング

 

鯨食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:くじら料理 | 志茂駅川口元郷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「松月」 @ 青井

 

 つくばエクスプレスが通って、この辺も行きやすくなった。
 例により散歩(と言うかもはや徘徊)の途中で、事前情報なしの飛び込み。

Syougetu_outs

 店構えに惹かれたのだ。
 黒塀のシュッとした外観(青空に映えるね!)。スタイリッシュ過ぎて、このままだとちょっと入りづらいかと思うが、店先の看板がにぎやかで、愛嬌がある。出前用のカブまで可愛いらしく見えてくる。Kanban01

 入り口すぐの席に座った。Syougetu_ins
 壁にメニューが張り出されている。酒のあてになるようなメニューもある。
 テーブルの向こう側は小上がりになっていて、子供連れなどでも利用しやすいスペースになっている。

Table

 テーブルにあったのはランチ用のメニューのよう。Menu01
 裏には飲み物。昼から酒もいけるようだ。Menu02
 壁のメニューには“昼の天ぷら盛り合わせ¥850”とか“松月オリジナル(半熟玉子と素揚げ野菜)カレーうどん¥850”などの張り紙もある。あと“ネギの焼きびたし”とか、呑み助の食指をさそうメニューもある。

 メニューを見ていたら、そば茶といっしょに揚げ蕎麦が出てきた。Sobacya_and

 ランチサービスで、ミニサラダもしくはミニ御飯が付くそうだ。御飯は白米か十穀米かを選ぶ。
 自分はサラダをお願いした。
■サービスのミニサラダSalada

■鴨汁蕎麦Kamojiru
 手前右は柚胡椒。
 メニューにこうある ――「国産合鴨ローススライスと国産手羽、外国産もものきざみ肉を使用」。
 うむ。出汁に浮いている脂分が細かいような気がする。

 二八蕎麦をUpで。Soba_up
 さまざまな部位を使用している所為か、さらりと軽やかな味わいだ。これが鴨ロース肉だけだったら、重みが増して来るのだろう。
 好みにもよるが、こういう軽やかな鴨出汁も悪くない。

■蕎麦湯Sobayu
 これについてもメニューに詳細が書かれている。「麺のゆで湯では、ありません。蕎麦粉からお作りしてお出ししております」とのこと。

 食い意地が張って、もう一品注文。
 鴨出汁+濃厚蕎麦湯を堪能しているうちに登場。
■辛肉汁うどんKaranikujiru
 手前左のポットには自家製ラー油が入っている。
 辛味が足らないようでしたらどうぞ、と添えられたものだ。

 うどんをUpで。Udon_up
 つるピカだ。
 うどんにしてはちょっと細めか。辛肉汁と合わせることを考慮してのことなのかも。
 うどんのもちっとした歯ごたえと、汁の辛味、胡麻の風味、豚の甘み、面白いバランスだと思う。美味い。
 二八蕎麦でも試してみたいが、もうさすがにお腹いっぱいだ。

 丁寧な仕事をしているお蕎麦屋さんだ。十穀米御飯を用意しているところも、健康志向で良いじゃないか。

 

食べログ グルメブログランキング

 

松月
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 青井駅綾瀬駅五反野駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古の会 @ 都内某所

 

 「古の会」、“いにしえのかい”と呼ばれている。
 常連客に連絡が入り、みんなで持ち込んだ日本酒と肴で、宴を愉しむ。
 酒や料理に精通した人が多いので、持ち込む品にはちょっと気をつかう。それがまた愉しいのだ。みんなへのプレゼントを選ぶような、そんな感じだ。

 店主さんが仕入れに使っている酒屋を以前訊いたことがって(拙ブログで紹介の「山内屋」さんはそのうちのひとつ)、できればそれら酒屋さんを外してレアな酒を入手したいという思いで、自分が向かったのは江古田の「酒の秋山」さん。

Akiyama

 で、入手したのが ――
■純米原酒 タクシードライバーTaxid_omote
 岩手県は喜久盛酒造さんの逸品。
 お米は‘かけはし’。酵母が2種あって‘ゆうこの想い’と‘ジョバンニの調べ’。こちらは後者。ジョバンニは、岩手県だけに『銀河鉄道の夜』から取ったのかな。

 ご参考に裏ラベルを。Taxid_ura
 命名とラベルデザインは髙橋ヨシキ氏。
 突っ込みたいポイントであるが、止めておく。

 喜久盛酒造さんは他にも“電気菩薩”なるマニアックな銘柄がある。

 もうひとつ。
■篠峯 どぶろくDoburoku
 奈良県は千代酒造さんの逸品。
 お米が‘雄町’。雄町の濁りは珍しいのでは。

 さて、肴である。
 こちらは「古の会」当日、ふらりと出た散歩の帰りに、砂町銀座に寄って購入してきた。

 まずは美味い惣菜に定評がある「染谷食品店」さんから。Someyash

Souzai
 右下はザーサイとキクラゲの中華風。塩は軽く、酸味が効いて美味。
 左下はイカの煮物。刻み生姜がアクセント。
 右上はウド、左上が青菜。どちらも優しい味わいで。Lovely。

 もう一軒。
 「俺のキムチ」って……。Orenok


 店主とおぼしきおじさまが、やたら元気良くって、負けました。Kimuchi
 左上は白菜キムチ。右上はみかんキムチ!
 さきいかキムチにちょっとはまった。

 「古の会」、ブログUpはNGかと思って控えていたのだが、店主さんのお許しを得て、ぼかした感じで掲載する。
 最後は店主さんからいただいた、集まった酒たちの写真で。
 凄いよ。みんなニッチなところを狙ってくる。かぶってないからね。

S_mtm_01
S_mtm_02
S_mtm_03

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「兆徳」 @ 本駒込

 

Cyotoku_outs

 本郷通り向丘2丁目交差点にある中華屋さん。
 古今亭志ん朝が贔屓にしていた街の名店である。
 確かに美味い。自分も好きで通っている。
 気づかぬうちに写真が結構たまった。一挙放出する。

 1階はくの字のカウンターと、テーブル席が数組。Cyotk_ins_c0
 2階は座敷のよう。

 レギュラーメニュー。

Menu00_l Menu00_r

 次ぎにランチメニュー。

Menul_l Menul_r

 アルコール類を注文すると、お通しにザーサイが出てくる。Beer
 麦茶ではない、紹興酒ロック。Syokosyu_

 流れでつまみ系メニューを。
■手羽先Tebasaki
 重なった下のお皿は骨入れ用だ。

■ピータンPetan

■焼き豚Cyasyu

■トマト玉子炒めTomato_egg
 ふわとろ!

■砂肝黒胡椒風味炒めSunagimo00
 ライスが欲しくなる!

■シュウマイSyumai
 大振りだよね。

■水餃子Suigyoza

■揚げ餃子Agegyo
 あんかけタイプは珍しいのでは?
 ちょっと美しくないが断面をUpで。Agegyo_up

 次ぎに人気の高いチャーハン類を。
■チャーハン(醤油味)Cyahan

■エビチャーハンEbicyahan

■カレー風チャーハンCurry_cyhan

■半チャーハンHancyahan

 あとは麺類。
■兆徳そばCyotk_soba
 一見普通のラーメンだが、ばっちりニンニクが効いている。
 注文したら、「ニンニクたっぷり入ってるけど大丈夫?」なんて確認されてしまった。
 唐辛子などの辛味とは異なるけれど、発汗作用あり。(←自分だけ?)

■エビそばEbisoba_00
 野菜たっぷり。餡かけ風。
 麺のUpを。Ebisoba_up

■海鮮ビーフンカレー風味炒めKaisencb
 チャーハンもだが、カレー風味が侮れない。抜群に美味い。
 こちらはアルコールのあてとしてもいける。

 料理写真は以上。
 って、あれ? 一番人気の焼き餃子がない。
 まぁ、いいか。一番人気故『たべログ』ページなどに転がっている。

 最後に、店先に掲示してあった記事を。

Kaisetu

 

食べログ グルメブログランキング

 

兆徳
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 本駒込駅白山駅東大前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華貴婦人のピンク…… @ 「とっとり・おかやま 新橋館」

 

Ttoy_outs

 鳥取県と岡山県のアンテナショップである。

 1階のショップで目的の物を購入し、折角だから2階のビストロカフェももてなし家で昼食でもとろうかと。

 2階に向かう階段の下にもメニューが掲示されている。

Menu_l_l Menu_l_r

 上がると手書きのボード。
Kanban

 テーブルには飲み物メニューがあった。Menu_d2
 昼からアルコールもいけるようだ。Menu_d

 内装はこんな感じ。南側、窓に面してカウンターが配置されている。Ttoy_ins
 明るい店内である。
 窓からはJR新橋駅東口が見渡せるのではなかろうか。

■大山鶏ときのこのクリーム煮Cream_n_z
 日替わりメニューからのチョイスである。
 ゴロっと大振りなマッシュールームが美味い。ジャガイモやカブも入っていて、野菜豊富である。Cream_n_up
 鶏は柔らかく旨味が濃い。いっしょに煮込むのではなく、別に茹でて合わせているのかも。

 さて、本題はショップで買った物のほう。
 『新橋経済新聞(Web)』で気になる記事を見つけて買いに来たのだ。

 これである。
■華貴婦人のピンク華麗 ¥940Pinkc_00
 イベント「とっとり山の手物語」に合わせて開発された物のよう。
 回遊コースに入っている大榎庵で提供されるメニューであったが、その評判からレトルト食品化されたそうだ。

 ほかにも買った。
■鬼太郎の好きなビーフカリー ¥648Kitaroc_00
 鳥取と云えば鬼太郎かな? 国産牛を使用した本格カレーらしい。
 企画・ライセンシーは妖怪舎

 もう一点。
■砂丘らっきょう ¥329Rakkyo
 鳥取砂丘で栽培されたらっきょうをJA鳥取いなばの直営工場で加工したもの。
 試食して美味だったので購入。カレーにも合わせやすいし。

 早速、ピンク華麗をいってみた。
 レトルトパックを開けた瞬間から(あたりまえであるが)カレーの香りが立ち上った。
 しかし、物はあざやかなピンク色。
 嗅覚情報と視覚情報がかみ合わず、一瞬混乱する。Pinkc_01

 混乱して、らっきょうを乗せ忘れる不手際。
 取り直し。Rakkyo_on

 ピンクの色はビーツで出している。
 ビーツに含まれる硝酸塩(NO3)が体内で一酸化炭素(NO)となるのだが、そのNOへの関心が高まってきている。
 血中コレステロールが抑えられ、血流が良くなるとか。血栓も発生しづらくなるそうだ。
 血流が良くなれば、アンチエイジング効果、美肌効果などなど、いろいろな効果が期待できる。
 何? 肝機能を高めるベタインも入っているのか。
 《参考文献;美肌レシピ

 ¥940はちょっとお高い気もするが、アンチエイジング効果があって、肝機能のサポートまでしてくれるとあれば、もう安いほうだぞ!(?)

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:デリカテッセン | 新橋駅内幸町駅汐留駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「若葉食堂」 @ 葛西場外市場

 

Wkb_outs

 葛西市場をご存じだろうか?
 市場は各所にあるが、葛西市場は大田、築地に次ぐ広さを有する市場なんだそうだ。
 参考までに東京都中央卸売市場・葛西市場のリンクを付けておく。

 で、一般の人も利用できる場外市場があって、若葉食堂はそこにある。

Map

 物流の拠点ともなっているエリアで、客層はトラックの運転手さんなどが多いように見受けられる。Wkb_ins

 メニューが豊富で、日替わりのお得な定食もある。

Menu00
Menu_hgwr

■ネギトロ定食Negitoro_ts
 お盆左、ナポリタン的小鉢と味のりに郷愁をくすぐられるような不思議な気持ちになる。
 いやいや、食堂全体から郷愁が立ち上っているのか。もちろん良い意味で(゚ー゚;。
 のりは、ご飯にネギトロを乗せて巻けば鉄火巻き的装いになって結構使えたよ。

 ネギトロUpNegitoro_up
 白のはポテトサラダね。
 右下のスペースに醤油を注いでワサビを溶き、そこにちょんちょんとネギトロをつけていただく。それにしても、すごいボリュームだ。

 早い時間からやっているから、その点もたすかるよね。
 朝定食¥500。ラーメン¥480。CPも良い。

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

若葉食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:定食・食堂 | 葛西臨海公園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「AGING BEEF」 @ WATERRAS

 

 初めて『WATERRAS』に入った。
 淡路町の再開発で現れたあの瑠璃色に輝くタワーである。
 淡路町界隈には蜀山人(大田南畝)終焉の地などもあって、東京ガイドとしてはひと言で片付けられないエリアなのだが、千代田区の淡路町二丁目・町名由来板にリンクを張るにとどめておく。

Ag_outs

 さて、最近話題の熟成肉そのまんまを店名にしたAGING BEEF。以前西日暮里の本店に予約を入れようとして一杯だったことを思い出した。
 その後「AGING BEEF」は姉妹店を各地にオープンさせ、ここWATERRASには2013年4月グランドオープンの時から出店している。

 この夜は男ふたりでの訪問。
 入り口左手の看板をUpで。Kanban
 熟成肉が何故美味しいのか、端的に判りやすく説明されている。

 入ってすぐには、ショーウケース型の保冷庫があった。Horeiko
 この状態だと、美味しそうには見えないのだけれどね。

 窓際のテーブル席に案内された。
 まずはビールで乾杯。Beer
 右横の小皿はこの後使うことになるレモン、牛脂、ワサビ。

 卓上のセットを撮ってあった。Table_set
 窓の向こうは昌平橋へとつづく外堀通りだ。

 あと肉の部位と名称を記した紙が敷物として敷かれていた。Beef_bui
 メニューはお店ホームページに詳しいので、撮っていない。卓上の“長期熟成肉”の案内を代わりに。Sp_menu

■カクテキKakuteki_and

■チョレギサラダCyoregisld

■初回注文の部位1st_beef
 左から、トウガラシ、クリ、マクラ、トロカルビ、リブ芯ロース
 塩でいっても充分旨い。
 ロースなどはワサビの効かないこと効かないこと。

Yaki00

Yaki01

■“長期熟成肉”から2nd_beef
 左から、ザブトン、クラシタ
 ザブトン、特に旨い。

■タン塩Tansio
 柔らかだ~。
 これだけ柔らかいのだし、もう少し厚く切ってもらった方が良かったな。

■希少部位盛り合わせKisyoubuim
 部位、メモし忘れ。

 是非ぜひ、お店ホームページにあるメニューを眺めてみて。
 日によって切らしている部位もあるようだけれども、注文に迷うこと必至なので予習をしてから行った方がいい。
 男ふたりは、このあともう一軒、という話になり、これで終了としたが、冷麺やクッパなどお食事メニューももちろんある。

Lemonsw

 別の日の昼、覗いてみたら日替わりのランチメニューの看板があった。
 お店ホームページで確認したら¥800,¥900というお値段らしい。
 そういう使い方もありなんだね。

Lunch

 

食べログ グルメブログランキング

 

エイジング・ビーフ ワテラス
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:焼肉 | 新御茶ノ水駅淡路町駅小川町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「三朝庵」 @ 早稲田

 

3monan_outs

 早稲田は穴八幡宮、馬場下町交差点あるお蕎麦屋さん。

 早稲田大学お膝元。場所柄この界隈には大隈重信氏が贔屓にしていたお店 ―― 以前紹介した「すず金」とか ―― が点在する。
 お店正面右上には「元近衛騎兵連隊御用 元大隈家御用」なる看板が掲げられている。Ookumakegy

 はたまた、三朝庵はカレー南蛮とカツ丼の発祥の店とも知られ、何かと有名な老舗である。
 頻繁に尋ねられるのだろうか、レジ横のメニュー表には「当店のカツ丼はこだわりのカツ丼でわありません。普通のそば屋のカツ丼です」との断り書きがある。Kenbai_menu

 10:30が営業開始ということで、自分は朝食を抜いて散歩に出て、ブランチ代わりに使わせてもらうことが多い。

 この日も一番乗りで、見渡せるような店内写真が撮れた。3monan_ins01
 窓の反対側には著名人の色紙や掲載誌が飾られている。3monan_ins02
 斯様に大箱な大衆蕎麦屋さん。平日の昼時は客人らがにぎわう人気店でもある。

 店先のメニュー看板を。Tento_menu
 丼ものとのセットメニューなどがあって、学生らにもうけが良さそうだ。

■きつね天丼Kituneten
 大きな海老天が一本とピーマンの天ぷらTendon_up
 蕎麦は更科のように白く、上品な風情だ。Kitunes_up
 出汁がしみこんだあげが美味い。

 ちなみに食券がこちら。Syokken
 一番乗りしたときは、レジの準備ができていないのか、テーブルでの注文を受け付けてくれるが、本来は入って右手にあるレジで先に注文、先払いして食券をもらうシステムである。

■カレー天Currytens00
 海老天付きカレー南蛮。
 「三朝庵」は天ぷらの上からカレーをかけるスタイル。
 後ろの可愛らしいポッドは蕎麦湯。

 天ぷらを引き上げたら、ルーの重みでところどころ衣が剥がれてしまった。Tenp_up
 天ぷら衣がカレーと合う。胡麻油の香りと、少し‘ふにゃ’っとなった食感が合うのだ。

Currys_up

 先出の『見渡せるような店内写真』の店名看板の右に写真が並んでいるのが判るだろうか。
 がんばって、そこをUpで撮ってみた。
 昔の「三朝庵」の様子が判る。
 そして、周りに高いビルが全くない、昔の馬場下町の様子も。
 鳥居は穴八幡さんかな?

Rekishi

 

食べログ グルメブログランキング

 

三朝庵
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:そば(蕎麦) | 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)面影橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「味楽」 @ 中板橋

 

Miraku_outs

 中板橋商店街、石神井川に近い味楽
 事前情報なし。散歩中の飛び込み。何故か惹かれた。
 お店ファサードの『健康を考えるお店。』の文字には、気がついていなかった。

 入り口そばのテーブル席に座った。Miraku_ins
 お冷やの前に、「シニアの食事 応援します」のステッカー。何だ、これ……?

Menu_kabe  左手壁には写真でのメニュー紹介。右手側がカウンター。
 カウンターの上には“本日のサービスメニュー”の案内があった。Menu_serv

 卓上の調味料セットはこんな感じ。Table
 続いてメニューを。

Menu01
Menu02

 メニューといっしょにこのようなカードが入っていた。

Panf01 Panf02

 「シニアの食事 応援します」ってこういう事?

 そして、パンフもささっていた。
 パンフのpdfがWebにあった。リンクを貼っておく(表紙店舗リスト)。

 ここまできて、ようやく板橋区事業の一環としての活動だと気がついた。
 板橋区健康生きがい部健康推進課が進める区民のための健康づくり施策
 良く見たら、以前紹介した「満月」@小豆沢も『板橋区健康づくり協力店』であった。

 さてさて、板橋区の施策紹介はこの程度にして ――。
■五目そば&半チャーハン5eye_hfc
 半チャーハンにお新香が付いてくるようだ。

 五目そばUp5eye_up
 エビ、イカ、ホタテ、チャーシュー、玉子。野菜類も豊富でヤングコーン、キクラゲ、白菜。
 塩ベースでスッキリしていながらも、これら具材の旨味が加わった滋味深いスープだ。

 麺は黄色い細麺。5eye_m_up  玉子麺かな? もっちりとした歯応えがある。

 チャーハンはパラパラ。Hfc_up
 ところどころで現れるチャーシューがまた旨い。

 このセットで¥850。ラーメン単品が¥400だし、総じてCPが良い。
 健康を配慮した上で、味まで抜群。
 飛び込みで良い店見つけた。

 

食べログ グルメブログランキング

 

味楽
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 中板橋駅板橋本町駅ときわ台駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「恒」 @ 神楽坂

 

Tune_gk

 久しぶりにに行った。
 拙ブログに登場するのはこれで5回目だけれど、直近が2011年10月の記事なので、3年ぶりだ。『食べログ』へのトラックバックを始める前のことで、『食べログ』Upはこれが初となる。
(今回、一部の写真は過去記事から流用している)

 店内の様子。囲炉裏の席から対面のテーブル席を撮った。Tune_ins01
 写真左側には4席ほどのカウンター。右側にはスクリーンが下りている。

 メニューをずらずらと ――。
Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
Menu05
Menu06
Menu07
 ひとりで来たときには、おまかせ小鉢で構成される“お一人様セット”を注文することが多い。今回は二人で来店しており、アラカルトでいった。

■お通しOtoshi
 漬け物。確認していないが、おそらく全て自家製。

 最初の日本酒。本日仕入れたもの、ということで口開け前の一升瓶が4本紹介された。Sake01
 自分らが最初の客だったので、こういったサービスができたのだろうと思う。
 店主ひとりで切り盛りしていることもあり、普通こういったサービスはない。

 ちなみに、後ろに見えているのがスクリーンで、JAZZのライブなどが流れていることが多いのだが、この日は何故か「鉄ちゃん」ネタで盛り上がり、鉄道系特別番組の録画映像が流された。
 夜行列車とかの映像をつまみに、結構が酒がすすんだ。

 最初に選んだのはこちら。雄町が気になってね。
■川鶴 秋あがりKawaturu
 いわゆる‘冷やおろし’。うっすらと琥珀色。旨口系。

 瓶の後ろにチラ見しているのが日本酒リスト。バインダーになっていて、酒の名前と裏ページにその解説、という綴りになっている。

Hana0l Hana0r_3

 右に切れているのが囲炉裏。
 混んでくると客が囲炉裏番をすることになる。こんな感じ。 Irori
 (この日は使用せず、厨房でお燗してもらった)

 川鶴、裏ラベルも撮った。Kawaturu_ur

■りゅうきゅうRyukyu00
 九州地方だと、魚の漬けをこう呼ぶそうで。
 判りづらいと思うのでUpで。Ryukyuup
 Upにしても、判別しづらいね。
 この日の“りゅうきゅう”は鰯だったかな? 失念。

■アサリの酒蒸しバター風味Asari
 塩梅が良い。スープが美味くて飲み干した。

■栃尾大油揚 納豆射込Toshioaa00
 自分、好きなメニューである。
 射込の状態が判るかな? 断面Up。Toshioaain
 味付けされた納豆が入っているので、さらに醤油を足したりしなくても良いだろう。少なくとも自分にはちょうど良い味付けだった。

 酒は燗酒に代わっている。
 燗酒で美味しいのは? と云う質問を受け、並べられたのがこれら。Sake02

 右ふたつは南部美人、以前「恒」で南部美人の試飲会が催されたことを思い出す。
 燗酒を何杯いったか……? これも忘却。

■鯉こくKikoku
 毎年寒くなってくると信州佐久の鯉が入荷され、鯉メニューが並ぶ
 この日はタイミングを逸して、“鯉こく”しかなかった。

 七味唐辛子がレア物かと。7mi00
 善光寺、八幡屋礒五郎の鉄道プリント七味。7mi_b

 他にも料理をいったのだが、鉄道ネタでおなかが一杯になった感じで、不思議な酒宴だった。
 この愉しさも「恒」の一面だ。

 

食べログ グルメブログランキング

 


夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 神楽坂駅牛込神楽坂駅飯田橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆたか」 @ 目黒

 

 JR山手線に乗っていると、恵比寿と目黒の間、東側に大きな赤い玉が現れる。『日の丸自動車学校』であるが、その校舎の向こう側に定食屋さんがある。ゆたかである。

Yutaka_outs
Menu_lunch

 ランチでしか利用した事がないのだが、女将の接客が柔和で、癒される感じがして好きだ。

 着席すると高菜漬けと冷奴が出される。Ocya_and_

 神棚がある。Yutaka_ins01
 神棚の反対側には小上がり、座敷席。昭和な雰囲気が漂っているところも好きだ。

 もう創業30年になるのではなかろうか。Shikishi
 ふと見たら、掲げられている色紙には黄ばんでしまっているものもある。

■サバ味噌定食Sabamiso_00
 あれ、ピントがご飯にあっている。

 サバ味噌UpSabamiso_up
 こういう煮魚が食べたくなることがあるのだよ。“お袋の味”ってやつだろう。
 そして、冷奴までついて¥700。味ばかりでなく、価格まで優しい。

■豚生姜焼き定食Syougayaki_00
 これは、ピントがあった。

 けれどやっぱりUpもSyougayaki_up
 豚は柔らかく、玉ねぎはしゃっきと。甘辛い生姜だれでひとつにまとまっている。
 いやぁ~、ほっとする美味さで、これも¥700。

 そして、食後にコーヒーのサービスまである。Service_cff
 (写真はアイスだけれど、ホットもあるよ)

 壁に夜メニューがあった。Menu_00
 おかず類をあてに呑んでも良いし、+¥300で定食にも出来る。そう云うシステムのようだ。

 自分のような男やもめにとっては、オアシスのようなお店だ。

Table

 

食べログ グルメブログランキング

 

めし処 ゆたか
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:定食・食堂 | 目黒駅恵比寿駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「La Ricetta」 @ 相武台前

 

 社用で神奈川県座間市に行った。
 車だったので“駐車場のあるところ”、かと言ってファミリーレストラン的なところは外したい……的な条件でランチ処を探して、見つてあった。La Ricetta(ラ・リチエッタ)、会社の仲間ら3名で入店。

Rricetta_outs01
Rricetta_outs02

 お、リゾートっぽいお洒落な外観ではないか。
 空の青があざやかで、臙脂色の壁が特に映えて見えた。

 店先にあったランチメニュー。Menu01
 次いで、ピッツェリアメニューを。Menu_pizza

 内は空間がたっぷりあってゆったりした雰囲気。ハロウィンの飾りがあってにぎやかだが、普段はどうなのだろう?

Rricetta_ins01
Rricetta_ins03

Rricetta_ins04
Rricetta_ins02_2

 ではでは、注文の品たち。
■スパゲティ・イタリアンソーセージのトマトソースSausage
 これを食したの者の感想によれば、ソーセージに独特の香りがあって、大人向けな味付けだそうだ。

 自分が注文したのはこちら、
■スパゲティ・ペコリーノチーズの黒胡椒がけPecorino
 最初はカレーにしようと思っていたのだが、店員さんの説明を聴いたら、食べてみたくなって……。
 ソースの材料は、羊乳から作られるチーズ、ペコリーノとバターと黒胡椒(あとは塩くらい)、とシンプルなスパゲティ。
 メニュー表あったように、確かにクセになりそうだ。
 ぺろっと平らげてから、チーズスライサーがあれば、自分で作れるかも、と不遜なことを思ってしまった。

 もう一品。ピッツェリアメニューから、
■ Con Fungh 木の子のせKinoko_pz
 ピッツェリアメニューを見て注文したのだが、この日のランチメニューに入っているとのことで、¥1296となった。―― 本当だ、‘#8’が同じピッツァだ。
 エリンギとシメジが乗っている。フレッシュのまま乗せて焼き上げるのだろう、シメジがジューシーでかつ良い香りだった。

 ドリンクもいったのだが、画的に普通すぎるので写真はなし。

 手洗いにいったら、こんなものがあった。Kansyajo
 米陸軍からの感謝状のようである。素敵な文章だ、抜き書きしておこう。


この度の丁寧なおもてなしに対し、在日米陸軍を代表して心から感謝いたします。このような温かい歓迎と手厚い接遇を受け、私たちは日本で快く受け入れていただいていると感じております。在日米陸軍の軍人、民間人職員及びその家族は、日本が寛大な受入国であるおかげで、本国から遠く離れていても安心して生活を満喫しております。

 在日米陸軍司令部 司令官
 米国陸軍 准将
 フランシス・J・ワーシンスキー

 在日米陸軍司令部 最先任上級曹長
 米国陸軍 最先任上級曹長
 ウィリアム・P・フランクリン

 そうか、ここは座間。米軍キャンプがある場所だ。
 後日、座間市のホームページに“基地対策”なるページを見つけた
 基地を離発着する時の航空騒音に悩まされているようだ。

 その一方でこのような感謝状が贈られていたり……。
 想像するに、座間キャンプで働く人々がこちら「La Ricetta」で宴会かなにかを催したのかな? そのときのおもてなしが素晴らしかったのかな?
 ちょっと複雑だが、ここは素直にその感謝の気持ちを受け止めておこう。

 ‘courteous service’が‘手厚い接遇’と訳されていた。
 ‘接遇’とはあまり使わない言葉だが、ウィキペディアでは「接遇(せつぐう)とは、接客業務時における客に対する接客スキルのことをいう」となる。

 そう言えば、お店のホームページは英文が並記されたものなっていた。
 下調べの時には気がつかなかったけれど、何か凄いな「La Ricetta」。

 

食べログ グルメブログランキング

 

ラ・リチェッタ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:イタリアン | 相武台前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »