« 「若葉食堂」 @ 葛西場外市場 | トップページ | 「兆徳」 @ 本駒込 »

華貴婦人のピンク…… @ 「とっとり・おかやま 新橋館」

 

Ttoy_outs

 鳥取県と岡山県のアンテナショップである。

 1階のショップで目的の物を購入し、折角だから2階のビストロカフェももてなし家で昼食でもとろうかと。

 2階に向かう階段の下にもメニューが掲示されている。

Menu_l_l Menu_l_r

 上がると手書きのボード。
Kanban

 テーブルには飲み物メニューがあった。Menu_d2
 昼からアルコールもいけるようだ。Menu_d

 内装はこんな感じ。南側、窓に面してカウンターが配置されている。Ttoy_ins
 明るい店内である。
 窓からはJR新橋駅東口が見渡せるのではなかろうか。

■大山鶏ときのこのクリーム煮Cream_n_z
 日替わりメニューからのチョイスである。
 ゴロっと大振りなマッシュールームが美味い。ジャガイモやカブも入っていて、野菜豊富である。Cream_n_up
 鶏は柔らかく旨味が濃い。いっしょに煮込むのではなく、別に茹でて合わせているのかも。

 さて、本題はショップで買った物のほう。
 『新橋経済新聞(Web)』で気になる記事を見つけて買いに来たのだ。

 これである。
■華貴婦人のピンク華麗 ¥940Pinkc_00
 イベント「とっとり山の手物語」に合わせて開発された物のよう。
 回遊コースに入っている大榎庵で提供されるメニューであったが、その評判からレトルト食品化されたそうだ。

 ほかにも買った。
■鬼太郎の好きなビーフカリー ¥648Kitaroc_00
 鳥取と云えば鬼太郎かな? 国産牛を使用した本格カレーらしい。
 企画・ライセンシーは妖怪舎

 もう一点。
■砂丘らっきょう ¥329Rakkyo
 鳥取砂丘で栽培されたらっきょうをJA鳥取いなばの直営工場で加工したもの。
 試食して美味だったので購入。カレーにも合わせやすいし。

 早速、ピンク華麗をいってみた。
 レトルトパックを開けた瞬間から(あたりまえであるが)カレーの香りが立ち上った。
 しかし、物はあざやかなピンク色。
 嗅覚情報と視覚情報がかみ合わず、一瞬混乱する。Pinkc_01

 混乱して、らっきょうを乗せ忘れる不手際。
 取り直し。Rakkyo_on

 ピンクの色はビーツで出している。
 ビーツに含まれる硝酸塩(NO3)が体内で一酸化炭素(NO)となるのだが、そのNOへの関心が高まってきている。
 血中コレステロールが抑えられ、血流が良くなるとか。血栓も発生しづらくなるそうだ。
 血流が良くなれば、アンチエイジング効果、美肌効果などなど、いろいろな効果が期待できる。
 何? 肝機能を高めるベタインも入っているのか。
 《参考文献;美肌レシピ

 ¥940はちょっとお高い気もするが、アンチエイジング効果があって、肝機能のサポートまでしてくれるとあれば、もう安いほうだぞ!(?)

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:デリカテッセン | 新橋駅内幸町駅汐留駅

|

« 「若葉食堂」 @ 葛西場外市場 | トップページ | 「兆徳」 @ 本駒込 »

感動食材」カテゴリの記事

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/58005117

この記事へのトラックバック一覧です: 華貴婦人のピンク…… @ 「とっとり・おかやま 新橋館」:

« 「若葉食堂」 @ 葛西場外市場 | トップページ | 「兆徳」 @ 本駒込 »