« 『食べログ』と自分 | トップページ | 「越後屋」 @ 思い出横町 »

招福猫児(まねぎねこ) @ 「福室庵」

 

 小田急線豪徳寺駅から南にでて、商店街を宮の坂、豪徳寺の方に下っていく。東急世田谷線の踏切にぶつかったらその左手が福室庵だ。

Hukumuro_os

 世田谷線の車窓からもこのすっとした店構えが見えるはずだ。

 入り口に“蕎世会”の看板が掲げられている。Hukumuro_os2

 内装はこんなかんじ。Hukumuro_ins1
 小上がりもある。Hukumuro_ins2

 綺麗な蕎麦屋さんだが、なんと昭和3年(1928年)創業。

Menu02 Menu01

Menu04 Menu03

 カレー南蛮が気になって訪問した。
 カレー南蛮たるものが誕生してから100年が経つそうで、“カレーうどん100年革新プロジェクト”が始動している。こちら福室庵さんはそのプロジェクトの応援企業として名を連ねている。

 こちらのカレー南蛮は、1910年に商標登録された杉本商店のそば屋向けカレー粉「地球印軽便カレー粉」を使用しているのだ。100年前の味を再現しているといっても過言ではなかろう。(←いや、言い過ぎかも)

 最近自分、なんかカレー南蛮づいているような……。
■カレー南Currynan

 蕎麦をサルベージ。Currynan_sup
 ルーがもったりと重たい。
 豚バラ肉。適度な脂が、良い感じに甘い。
 後から投入した刻みネギの食感と辛味がアクセントだ。

 せっかく豪徳寺まで来たんだから、もう一杯いっちゃうよ。
■冷やし招福そばSyouhukus
 卵焼きにえび天、なるとに竹の子に椎茸、ワカメにトマトにかにかま、きゅうり、かまぼこ。別小皿、刻みネギとわさびがフレームアウト。
 贅沢な逸品だ。

 豪徳寺は、祈願すると運が開き、心願成就など幅広い幸運を招くという“開運招福”のお寺と云われている。
 また、招き猫発祥のお寺としても知られている。
 豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音を祀る「招猫殿」があるそうな(未確認)。
 招福猫児は小判などを持たない素朴な白い猫で、右手を上げて招いてるそうである。

 

Neco

 

食べログ グルメブログランキング

 

福室庵
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 宮の坂駅山下駅豪徳寺駅

|

« 『食べログ』と自分 | トップページ | 「越後屋」 @ 思い出横町 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/58433468

この記事へのトラックバック一覧です: 招福猫児(まねぎねこ) @ 「福室庵」:

« 『食べログ』と自分 | トップページ | 「越後屋」 @ 思い出横町 »