« 蕎麦屋について思うところ @ 「そば助」 | トップページ | 「こいわ軒」 @ 新小岩 »

「白龍トマト館」 @ 新江古田

 

 昔、西新宿・十二社にあった「白龍」には何度がお邪魔したことがあって、名物のトマトタンメンも食したことがあった。“こういうタンメンもあるのだ”と驚き、感動したことを今でも覚えている。
 ずいぶんな時を経て目白通りを車で通った時に、トマトの看板が目にとまり、こちらのお店の存在を知った。

Hakuryu_outs

 会計時にうかがったところ、十二社の「白龍」はお姉様が切り盛りされているそうで、今ではビルの地階に入って見つけづらくなった嫌いはあるが、ご健在とのこと。おそらくはアイタウンプラザの「白龍館」であろう。
 十二社「白龍」の時は大衆的な趣が強かったが、現「白龍館」はオペラ『魔笛』をイメージした内装で、ビンテージピアノまで設えてあるらしい。

 ―― まった。今回本筋は新江古田の白龍トマト館である。
 十二社「白龍」から独立し、現「白龍トマト館」になる歴史はお店ホームページに詳しい。
 本家「白龍館」がゴージャスにグレードUpしたのと対照的に、こちら「白龍トマト館」は良い意味で大衆的な、アットフォームな趣を継承している。

Hakuryu_ins

 1階はカウンターのみ。2階には上がったことがないが、グループ客用のテーブル席となっているようだ。

 グランドメニューから紹介しよう。

G_menu_01 G_menu_02
G_menu_03 G_menu_04
G_menu_05 G_menu_06
G_menu_07 G_menu_08
G_menu_09 G_menu_10

 続いて平日(火~土)のランチメニュー。

L_menu_1l_2 L_menu_1r

 ランチメニューの裏に、ちょっとした解説があった。

L_menu_2l_2 L_menu_2s_2 L_menu_2r_2

■スペシャルチャーハンSpcyahan_lc
 平日ランチ仕様。
 スープの他、日替わりのお総菜が複数ついて¥1050。平日ランチはお得だ。
 スープ、総菜も優しい味わい。野菜もたっぷり摂れる。

 チャーハンをUpで。Spcyahan_up
 残念ながら角煮はほぐれてばらけてしまっている。見た目のインパクトはその分落ちるが、角煮の旨さが全体に廻っている感じで、抜群に美味い。

■トマト角煮タンメンTmtkkn_tm
 角煮がごろごろ入っている。朱いトマトも鮮烈で、見た目のインパクトを問うならダントツだ。
 中央の緑はセロリ、トマトは綺麗に湯むきされている。

 麺のUp。Tmtkkn_mup
 かん水を使用しない、真っ白な麺である。メニュー裏の解説にもあるが、にゅうめんのような味わいだ。

 途中で、卓上の“にんにく醤油”を滴下。Kkn_nnksy
 ふんわりとした優しい風味のスープが、がぜんパワフルに。
 メニュー裏の解説通り、トマトをつぶせば、旨味成分のグルタミン酸とアスパラギン酸がどっとスープに流れ込む。重層的な味わいを堪能した。

 そうだ。トマトに含まれるリコピンは(熱にも強く)抗酸化作用がある。アンチエイジング効果が期待出来るぞ。

■玉子餃子Egggyoza
 餃子の玉子とじだね。他でこんな餃子は見たことがない。
 玉子でさらに優しくなっているので、ここはやはり“にんにく醤油”を使用すべきだろう。

 季節メニューから、
■牡蠣とホウレン草のタンメンKkfrstm
 麺は他のタンメンと同様のnonかん水麺。
 スープも基本同じようだけれど、油で炒めた具材をかけるので、味わいは少し異なる。
 牡蠣に“にんにく醤油”はどうかな、と思ったがばっちり合った。Kkfrstm_kup

 いわゆる街の中華屋さんであるが、麺をはじめそのスタイルがユニーク、独特だ。
 貴重なお店だと思う。

Takujyo_nns

 

食べログ グルメブログランキング

 

白龍トマト館 江原町店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華麺(その他) | 新江古田駅江古田駅東長崎駅

|

« 蕎麦屋について思うところ @ 「そば助」 | トップページ | 「こいわ軒」 @ 新小岩 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/58321062

この記事へのトラックバック一覧です: 「白龍トマト館」 @ 新江古田:

« 蕎麦屋について思うところ @ 「そば助」 | トップページ | 「こいわ軒」 @ 新小岩 »