« 「やぶ久」 @ 日本橋 | トップページ | 「みじんこ」 @ 湯島 »

上海蟹 @ 「礼華 青鸞居」

 

Raika_outs

 前回レビューは2011年6月のこと。その後も何度かお邪魔しているのだが、今回は上海蟹をあしらったコースをいただいたので、改めて報告しておく。

 まず、メニュー。
 いただいたのは左側の玄武コースに+¥1000でオス蟹に変更したもの。

Menu01_l Menu01_r_2

 ナプキンを止めている設えが綺麗だったので撮影。Napukin
 右に切れているの乾杯のグラス・シャンパン。

■アミューズAmuse
 ―― から、上海蟹。生きたまま紹興酒に漬けた“酔っぱらい蟹”。
 とろける美味さだ。

 これからフカヒレに合わせる上海蟹のお披露目。Syanhaik_1
 某Webからの受け売りになるが、上海蟹のオス/メスは旬が微妙にずれている。
 10~11月は、蟹味噌と卵をバランスよく蓄えたメスが美味とされ、11月中旬以降は白子を抱えだしたオスが美味くなるそうだ。

 腹部分に“特選”とのタグが付いていた。Syanhaik_2

 アミューズでシャンパンがなくなり、ワインに変えることに。

 スタッフさんに相談したところ、今年8月24日起きたカルフォルニア州・ナパ郡の震災(M6.0)を受けて、‘We Love Napa Valley’と云うことで応援キャンペーンを実施中とのこと。
 ナパには250ものワイナリーがあり、カルフォルニアワインの重要な産地なのである。

Win_m1 Win_m2

 ならばと、「ナパ セラーズ シャルドネ」をボトルでオーダーした。Wine_0

 後ろにフィンガーボールが写っている。蟹をいったからね。
 でもちょっと変わったフィンガーボールで、茶葉が入っていて消臭効果抜群。Fingerb

■前菜盛り合わせZensaimra
 ヌーベル・シノワ風に中華料理をいただくと、こうなるのだよね。
 ひと皿ずつ、詳細な説明があった。説明を聴いているだけでワクワクしてくる。

■上海蟹とズワイ蟹のフカヒレスープ 太極仕立て。Taikyokusupe
 それぞれ濃厚なスープだから、こう陰陽太極図的に配置できるのだ。
 そして味わいもそれぞれ特徴的。美味。

■自家製味噌と北京ダックのクレープ包み
Pekinduck1  まず、包む前。
 スタッフさんが器用に包んでくれて ――Pekinduck2
 北京ダックが緩急の‘緩’なんだね。コース構成上の箸休め的なポジション。贅沢な使い方だ。

■フカヒレの姿煮込み 上海蟹ソース(取り分け前)Fukahire1
 初体験だった。
 この時期のメスは玉子が増えて蟹味噌が減るそう。+¥1000でオスに変更したので、蟹味噌の旨味が全面に出たソースになっている。
Fukahire2

 ここで、お水をお願いしたら、岐阜県大垣市のミネラルウォーターが出てきた。Water1
 ラベル裏側に『おいしい大垣の水』と印刷されており、それが透明な水越しに見える仕掛けになっている。
 西美濃に位置する大垣市。木曽川、長良川、揖斐川などによる地下水盆があって、いたるところで水が湧いているそうな。
 その水の保全活動が認められて、国土交通省から「水の郷」に認定されたとのこと。Water3

 料理と直接関係ないのだけれど、こういうちょっとしたフックが会食をさらに愉しいものにしてくれる。

 さて、メイン。
 メインはいずれかを選ぶプリフィックス・スタイルになっている。
 自分のチョイスは、
■牛肉とフォアグラのミルフィーユ仕立てBeefmf
 こう盛り付けられると、まるでフレンチだ。
 でも味/ソースは中華のそれ。適度にスパイシーで美味。文句なし。

 相方のチョイスは、
■上海蟹の姿蒸しShk_mushi
 二種類の付けダレでいただく(片方は黒酢だったかと)。
 こちらはメスの上海蟹。玉子の食感と旨味が愉しめる。

 〆のご飯物。
■蝦夷鮑のステーキ丼Awabistd
 柔らかかった。
 ソース/餡がまた美味い。これだけでご飯がすすんでしまう。

■デザートとお菓子。Dezart
 紅葉のプレートに驚く。
 こういう仕掛けは嫌いじゃない。
 合わせて‘冷やし飴’(関西圏ではポピュラー?)のような飲み物がサーブされたのだけれど、見た目普通のお茶にも見えるので割愛。

 礼華がコースに上海蟹を使用すると、こんな感じになるのだね。
 堪能した。
 上海蟹 @ 「礼華 青鸞居」の回、以上。

 

食べログ グルメブログランキング

 

|

« 「やぶ久」 @ 日本橋 | トップページ | 「みじんこ」 @ 湯島 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/58404909

この記事へのトラックバック一覧です: 上海蟹 @ 「礼華 青鸞居」:

« 「やぶ久」 @ 日本橋 | トップページ | 「みじんこ」 @ 湯島 »