« 「自然坊」 @ 久が原 | トップページ | 「鯱」 @ 百人町 »

「十一屋」 @ 三ノ輪

 

 実は、1月も月末近いこの日まで、去年訪問したお店のレビューが続いていた。けれど、これでたぶん最後。

11ya_outs1
 大晦日、年越し蕎麦をいただいたお店、十一屋さんである。

11ya_ins1
 2階があるよう(未確認)。
 1階はテーブル席のみ。
 木目を基調とした綺麗な内装。写真には写っていないが、TVがつけられている。

Menu01
Menu02
Menu03
Menu04

 斯様に豊富なメニュー構成。
 大晦日には特別価格で提供されるメニューがあった。
Menu31

 大晦日だ。昼間から焼酎をいった。
■粋蕎・そば湯割り(徳利)
Sobayuwari
 “いっきょう”と読む。十割そば焼酎である。
 手前はお通し、おから。

■豚レバーかつ
Lever_kathu
 ウスターソースにさっと潜らせてあるようだ。
 やや甘めのソースなので、辛子がまた合う。

■季節の二色合盛
2syokumri_00
 普通のせいろと季節の変わり蕎麦。
 蕎麦は二八のようだ。
 12月の変わり蕎麦は“ゆず”。
 ちなみに11月は“海藻切り”だった。いわゆる「へぎそば」であろう。

 左でぼけているのは、
■ミニ天丼
Minitendon
 二色合盛のお盆に乗っていたお新香は、おそらくこちらのお共。

 ―― こういう風に‘ミニ’シリーズがあるのは嬉しい。
 蕎麦類までミニがあるので、丼物を普通サイズでいって、ミニ蕎麦を合わせることもできる。
 また、先に記したようにメニュー豊富なので、かつカレーにミニ蕎麦、ラーメンにミニかつ丼、なんて和洋中飛び越える組み合わせもできる。

 最後に11月の特別メニュー、
■お酉様そば ¥1030
Otorisamas_00
 鷲神社が近い。11月酉の市にあやかってのメニューであろう。

 海苔をどけると、その下はこう、
Otorisamas_01
 おかめ(伊達巻、かまぼこ、椎茸、なると、お麩など)を玉子でとじて、さらに海老天とお餅が入る豪華にぎやか仕様だ。
Otorisamas_up

 「十一屋」とは、変わっていてどこか格好良い店名である。
 その謂われは、創業を始めた年にありそうだ。
 お店ファサードの石に、『創業大正拾壱年』と彫られている。
 老舗でありながら、地域密着・町蕎麦のおもむき。出前もやっているし、天かすのお持ち帰りもあり。
 こういうスタイルは自分のツボだ。
 また寄らせてもらおう。

11ya_outs2

 

食べログ グルメブログランキング

 

十一屋
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 三ノ輪駅南千住駅三ノ輪橋駅

|

« 「自然坊」 @ 久が原 | トップページ | 「鯱」 @ 百人町 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/58686242

この記事へのトラックバック一覧です: 「十一屋」 @ 三ノ輪:

« 「自然坊」 @ 久が原 | トップページ | 「鯱」 @ 百人町 »