« 「Schwarze Katze」 @ 東高円寺 | トップページ | 「手打古式蕎麦」 @ 湯島 »

「ケンちゃんラーメン」 @ 六町

 

Ken_outs00

 散歩の途中で、事前情報なし。

 外観写真、上の切れた箇所に別名居酒屋の看板がある。
 夜は居酒屋としても機能するようだが、店名を替えての二毛作と云う事ではなく、居抜き物件の以前の看板を残してあるだけのようだ(未確認)。

 カウンター数席と、あとはテーブルと小上がり。
 綺麗な店内である。子供連れでも大丈夫そう。

Ken_ins01
Tanzaku
Board

 女将さんの接客が柔和でとろけそうだ。
 カウンターに座ったたら、「お水にする? お茶にする?」なんて、さりげない質問。けれど、それはツボを得たサービスだ。
 寒い時期なので本来は“お茶”であろうが、自分は長距離歩いて少し汗ばんでいる。
 お客が望んでいるものを提供しようと云うサービス精神が、その何気ない質問の背景にある。

Water

■メンマラーメンMenma_r
 琥珀に澄んだスープ。(奥でぼけているけれど)チャーシューとナルトが入り、懐かしい支那そばのフォルムである。
 すっきりと美味い。Menma_r_up

■特製ギョーザGyoza
 女将さんからお酢とか胡椒で、と勧められた。
 こんな風にしていただくのは「珉珉」@赤坂以来である。
 餃子にしっかり味が付いているので醤油・ラー油などを合わせると、少しくどくなってしまうかも。優しく甘い風味があって、何も付けなくても美味いが、確かにお酢が合う。

 女将さんと少し話ができた。それを手がかりにちょっと調べた。

 「江戸っ子 ケンちゃんラーメン」は2006年7月8日放送の『出没! アド街ック天国』竹ノ塚の回で、第7位にランキング、“個性派ラーメン”のひとつとしてフィーチャーされている。
 番組ホームページに、『激安好みなら「ケンちゃんラーメン」へ。どこか懐かしいシンプルな美味しさ。ワンコインで満腹になれます』との紹介文が残されている
 当時は、ここより日光街道よりの渕江中学校そばに店を構えていて、事情を聞かなかったけれど、いったん閉店となり、2014年11月にこの地に復活。
 看板にある“帰って来たよ!”は、そういった意味を含んでいるに違いない。
 1.4Kmほど移動して、最寄り駅が東武伊勢崎線・竹ノ塚駅から、(あぁ、今は東武スカイツリーラインと呼ぶのだった)つくばEX・六町駅に変わったが、この復活を心待ちにしていたなじみ客は多いのではなかろうか。

Ken_menu01
Ken_menu02
 醤油ラーメンが¥450。
 消費税も上がったし、値段の改定はあったようだが、今でも“ワンコイン”。素晴らしい。
 ランチ時はお得なセットメニューもある(外観写真参照)。

 気になって再訪。

■タンメン+味付けタマゴTanmen_at
 タンメンに味玉をトッピング、自分としては珍しい。ふと思いつきで。
Tanmen_up  塩ベースのスープも、すっきりと美味。

■半チャーハン ¥350Hancyahan
 “半”なのに、綺麗に成形されて出てきた。こだわりか、サービス精神の現れか。
 トップに青のり。あまり見ないスタイル。でも海苔の香りは悪くない。

 もちろん、ギョーザも行ったが、上とダブルので写真は割愛。

 ……あぁ、夜に行ってみたい。居酒屋モードが気になるよ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

江戸っ子 ケンちゃん ラーメン
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 六町駅

|

« 「Schwarze Katze」 @ 東高円寺 | トップページ | 「手打古式蕎麦」 @ 湯島 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/58805757

この記事へのトラックバック一覧です: 「ケンちゃんラーメン」 @ 六町:

« 「Schwarze Katze」 @ 東高円寺 | トップページ | 「手打古式蕎麦」 @ 湯島 »