« 「宝来」 @ 四谷三丁目 | トップページ | 「BORDER」 @ 上町 »

「桔梗家」 @ 両国

 

Kikyoya_outs

 ランチで訪問、両国橋東詰にある老舗桔梗家。昭和8年創業だ。
 ちなみに、昭和8年以前は餅菓子屋であったそうだ。この辺の歴史は桔梗家ホームページの“見習い日誌”から知ることができる。

 玄関、下駄箱の向かい側に井戸水をくみ上げている生け簀(と云うか桶)がある。この井戸水、涸れた事がないそうだ。
 “井戸”つながりでは、近所の吉良邸跡に(縁起でもないが)“首洗い井戸”がある。両国のこの辺りには地下水脈があるのかも知れない。

Kikyoya_ins

 靴を脱いで上がる。
 奥に長い畳の間である。2階はもう少し広い。2階の様子はお店ホームページに写真があるのでご参考に。

Menu01
Menu02
Menu00

 注文すると、まず小鉢とお新香がサーブされる。Kobachi
 うなぎだとどうしても時間がかかるから、おしのぎ的に供される一面もあるようだ。

 ドジョウならば、比較的早く仕上がって出てくる。
■柳川丼(丸)Set_zenkei
 玉子の白身と見間違いそうだが、ドジョウに薄い膜がはっている。これが良い。
 つるりとした食感の正体である。
 テーブルには、山椒、七味があるので、お好みで。

 ぼうずコンニャクさんの「市場魚貝類図鑑」によると、東京は比較的ドジョウをふるまう居酒屋さんが多いそうで、古くは水路が張りめぐらされていた水郷としての江戸東京の名残ではないかとのこと。
 鋭い考察であろう。
 そうした文化があって、東京市民にドジョウが好まれているのだ。
 そう言えば自分、地元春日の居酒屋でドジョウの柳川鍋をいただいたことがある。

 最後に、これは「市場魚貝類図鑑」「桔梗家」さんホームページ、共に記されていることだが、ドジョウの旬は春から夏とされ、特に卵をたたえたドジョウは美味とのこと。
 自分、不覚にも知らなかった。
 ドジョウは夏だ! また行かないと。

 

食べログ グルメブログランキング

 

桔梗家
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:どじょう | 両国駅浅草橋駅東日本橋駅

|

« 「宝来」 @ 四谷三丁目 | トップページ | 「BORDER」 @ 上町 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/59073752

この記事へのトラックバック一覧です: 「桔梗家」 @ 両国:

« 「宝来」 @ 四谷三丁目 | トップページ | 「BORDER」 @ 上町 »