« 「Genteel」 @ 荏原中延 | トップページ | 「K.」 @ 東大前 »

「さくら」 @ 東府中

 

Sakura_outs

 散歩の途中で。
 @ 東府中、としたけれども、府中駅や国分寺駅、武蔵小金井駅などからもほぼ同距離。
 駅に近いお店ではないけれど凄い人気店で、11:50分頃の到着で既に自分の前に待ち人4名(2名×2組)。

 玄関スペースに本日使用の原材料が表示されていた。Kokuthi
 せいろ用は茨城県常陸産、田舎は北海道弟子屈町産の蕎麦を店内の石臼で挽いて、うどん用には愛知県蒲郡市産小麦粉を使用しているとのこと。

 数分待って、お店中央付近のテーブル席に案内された。Table
 写真、壁の向こう側は小上がりスペース。家族連れの団体客で埋まっているよう。

 メニューの一部を紹介しておく。

M_menu02
M_menu03
M_menu05
M_menu06

 この他に、炊き込みご飯、天丼、ミニ天丼、と云ったご飯物があり、またこの日は祝日だったので、土日祝日限定の「田舎そば」と田舎とせいろの合い盛り「二色せいろ」があった。

 さらに店内には短冊による掲示があって、肴系が紹介されている。M_menu07
 ボードには日本酒が記されている。この日は、岡山県「多賀治」、三重県「而今」、福島県「飛露喜」の品揃え。“入手困難の為おひとり様一杯のみのご提供となります”との断り書きが添えてある。
 ちなみに写真の向こう側は蕎麦打ちスペース。

 むむ、蕎麦を頼んでしまった後だったのだが、一杯いきたくなってしまった。

■子持ちイイダゴと大根の桜煮Iidakodakon
 彩りに山菜が添えられていた。
 蛸も大根もトロトロに煮込まれ、卵の食感が立っていた
 カラシを合わせていただくと、甘味のなかにすっとした辛味がたって美味。

 合わせたのは、
■而今Jikon00
 ボードにあった解説をそのまま引用しておく ――“甘酸っぱい爽やかな香りジューシーな旨味が広がり後味スッキリとしたお酒”。

 そばは10食限定のこちら、
■二色せいろ ¥8802syokus
 田舎、せいろ、どちらも真っ当な蕎麦。
 のど越しと優しい甘味はせいろが勝るような気もするが、田舎の風味も捨てがたい。
 二色にして良かった。

Sobayu  蕎麦湯は後から蕎麦粉を追加投入するタイプのよう。濃厚で香りも良く、飲み応えがある。

 で、ここで終わらない。1万歩を越えて歩いてきているからね(ちなみにこの日は、多摩市永山から歩いてきている)。
 もう一品。
■冷やしナスのそぼろあんかけHynssak00
 「そぼろに味が付いていますので、お出汁は加減して入れて下さい」とのこと。
 よく混ぜて、とも言われた。
 言われたことを素直にきき、ほんの少量の出汁を加えて混ぜる。

Hynssak_up

 やや、これは蕎麦版の“ジャージャー麺”はたまた“まぜそば”か!
 そぼろの油分が蕎麦に回り、のど越し、香り、旨味が激変。これはこれで文句の付けようがない美味さ。
 やられた。またしても創作蕎麦、ニューウエーブ系。

 人気店なわけがわかった。
 丁寧な仕事ぶりと間違いない蕎麦。蕎麦前も一仕事されているし。

 甘味の「わらびもち」も人気のよう。
 来店するなり“「わらびもち」ありますか?”って尋ねている客人がいた。
 自分としては、佐賀県の地サイダー「スワンサイダー」が気になる。
 自宅からちょっと遠いけれど、是非ともまた訪ねたいお店である。

 

食べログ グルメブログランキング

 

心蕎人さくら
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 東府中駅府中駅府中競馬正門前駅

|

« 「Genteel」 @ 荏原中延 | トップページ | 「K.」 @ 東大前 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/60362332

この記事へのトラックバック一覧です: 「さくら」 @ 東府中:

« 「Genteel」 @ 荏原中延 | トップページ | 「K.」 @ 東大前 »