« 「かどや」 @ 立石 | トップページ | 「生ハム」 @ 新宿三丁目 »

「50BAN」 @ 八広

 

50ban_outs

 野球界の重鎮、王貞治さんの生家はここにあった。当時は中華「五十番」。
 「五十番」は昭和46年に押上(現・業平二丁目)に店を移し、王さんの母方の叔父さんが、この八広店を暖簾分けして継いだ。
 八広「五十番」はその後いったん店を閉じたが、昭和69年、叔父さんの息子、王さんの従兄弟さんが洋食店「50BAN」として復活させた、という経緯がある。
 その従兄弟、店主兼シェフにとって王さんは、幼い頃の遊び相手であるばかりでなく、早稲田実業野球部の先輩にもあたるとのこと。
 と、以上は店内に掲示されていた『スポーツ報知』からの受け売り。

50ban_table

 では早速。
■セットA ミックスフライMixflyt
 あれ、ピンが奥だな。別アングルも載せておく。Mixflyt_aa
 ヒレカツ、エビフライ、チキンフライ、タルタルの下が白身魚のフライ。
 目を瞠るヴォリュームだ。
Mixfly_dm  エビフライの断面写真がないが、海老もプリプリ。タルタルでいただいた。

■オムハヤシOmhayashi
 中はケチャップライス。Omhysh_dm
 ハヤシソースとのコンビネーションは悪くない。いや、むしろ好ましい。

 次は王さんイチ押しの、
■カツサンドKatsusand
 奥は、カツサンドにサービスで付いてくるレモネード。
 先の『スポーツ報知』によると、ヒレ肉をオランダのカメリアラードで揚げ、ソースは自家製。
Katsusd_up  よほど自信があるのだろう。キャベツなしの仕様となっている。
 確かに美味し。

 サンド物は好物で……、もうひとつ紹介。
■海老サンドEbisand
 パンの切り方がカツサンドと異なる。
 そしてこちらには千切りキャベツが。
Ebisd_up  タルタルソースがベストマッチの一品。

 飲み物もひとつ。
◆チョコハーシー(ICE)Cyocosh
 要はアイスココアだが、カクテルでよく使われるシェイカーでしっかり振られて出てくる。故に泡立ち、軽やかな味わいになっている。

 最後に、メニューを。
 いろいろあって、迷うこと必至。
 店先に掲示のランチメニューがお得だ。

Lunchmenu Menu02

Menu01

Menud1 Menud2

 

食べログ グルメブログランキング

 

ゴジュウバン
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:洋食 | 八広駅東向島駅四ツ木駅

|

« 「かどや」 @ 立石 | トップページ | 「生ハム」 @ 新宿三丁目 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/61158794

この記事へのトラックバック一覧です: 「50BAN」 @ 八広:

« 「かどや」 @ 立石 | トップページ | 「生ハム」 @ 新宿三丁目 »