« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

冷やしトマトメン @ 「白龍トマト館」

 

 新江古田の白龍トマト館、再訪ネタ。
 前回Upは昨年2014年12月のこと。この時から夏の“冷やしトマトメン”を狙っていた。
 いわゆる“冷やし中華”は通年のレギュラーメニューなのだが、季節メニューで夏の定番がこの“冷やしトマトメン”である。

Cold_tm00

 シャンサイ、パクチーがたっぷり。
 パクチー無しも出来るそうだが、この冷やし麺はこの香りで食すものかと思う。
 パクチーを抜くのならば、卓上に用意されている‘にんにく醤油’を加えないともの足りないかと。

 写真、レンゲの右上にかん水非使用の白龍オリジナル麺が覗いている。
 冷やしにすると、元来のなめらかさはそのままに、コシが増す。
 “冷やし中華”が通年メニューである理由は、ここにあるのかと納得する。

Sumer_m

 季節メニューの冷麺は、メニュー写真にあるように、この日は他に“清龍麺”があったが、こちらは基本3週間で変わっていく。
 今は、何になっているのか……。
 白龍BlogにUpしてくれないかなぁ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

白龍トマト館 江原町店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華麺(その他) | 新江古田駅江古田駅東長崎駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「北出食堂」 @ 馬喰町

 

 NY・ブルックリンにあるフュージョンレストラン「bozu」で6年の修行期間を経て帰国し、馬喰町にエッジの立ったダイニングを構えたと云うことで、オープン当初、様々な情報誌にフィーチャーされ、話題になっていたあの北出食堂である。

Kitade_outs

 自分の使い方としては、例により散歩の途中で寄るパターンだが、土日祝日が通し営業、15時をすぎても開いているのだ。
 明るいうちから一杯引っかけることも少なくない。

Kitade_ins

 メニューはお店ホームページに詳しくあるので省略。

 とある日、のどが乾いて到着。
 刺激のあるソフトドリンクが欲しくて。
◆ジンジャエールGga
 自由通り沿い、駒沢公園近くにショップがある「Brooklyn Ribbon Fries」の ジンジャーシロップと葛飾区上平井橋東詰から近い「野中食品工業」のニッポンタンサンを使用。
 ニッポンタンサンはハイボールやサワーなどに使用される業務用炭酸。TVタモリ倶楽部で“希代の暴れん坊”と評されたもの。
 スパイシーで奥行きのあるジンジャーシロップと“希代の暴れん坊”。このコラボレーションが味わえるお店はそうそうない。

■ランチにセットのサラダLuc_salada
 ジンジャエールを早々に飲み干したこともあるが、サラダを摘まむうちにアルコールをいきたくなってしまって……。

◆SOLとランチにセットのスープSol_soupe
 SOL ―― メキシカン・プレミアムビール なんだけど、オランダ産。
 インポータは「アイコン・ユーロパブ」。
 スープは辛口。

 ランチ本体、本日のパスタ。
■鶏とトマトの冷製ジェノベーゼTodayspst
 濃厚でしっかりとコクのあるジェノベーゼ。クリアで爽やかなSOLがばっちり合った。

 別のある日。
◆Mojito(Reguler)Mojito
 モヒートはレギュラーの他に、紫蘇バージョンとフローズンタイプがスタンバイ。

■そばサラダ [温玉のせ]Soba_salada
 名古屋の名店「沙羅餐」の蕎麦! 東京で食べられるお店を他に知らない。
 蕎麦喰いはシンプルに蕎麦つゆでいきたいところであろうが、ここは「北出」スタイルで。
 大丈夫だよ。粗挽きの十割。トルティーヤにも温玉にも負けないインパクト。素晴らしい香り、歯応えだ。

Soba_up

 何やら小耳にはさんだところ、店主、北出氏の奥様が沙羅餐の関係の方だとか??

 この日は暑かったので、この後コーラでさらに水分補給。
GALVANINA Bio ColaBio_cola
 これ、ラベルが無いように見えるでしょ。
 ラベルは瓶底にあるんだよ。
Bio_cola_lb
 ついでにインポータの「バーチ」のリンクも付けておく。

 「北出食堂」では、GALVANINA のオーガニックシリーズからブラッドオレンジソーダとザクロソーダも用意されている。

 また別のある日。
 ありがちなのは、このパターンかな。
■タコス(3種チョイス)Tacos00
 奥がチキンのハーブ煮、手前左が白金豚のチョリソー、手前右がラム・クミン。
 ちなみにラム・クミンはメニューない具材。日によって変わり種が登場するようだ。
 そして何より、トウモロコシ粉100%、このトルティーヤが抜群に美味い。
 ‘HAND ROLL TACOS’もお奨めだ。追加トルティーヤは3枚で¥250。

 あぁ、右奥はマイヤーズ野中ソーダ割り。

 SOLでも良いんだけどね。タコスにラムソーダ、間違いないんだ、これが。

Tacos01 Tacos02

 

食べログ グルメブログランキング

 

北出食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:バル・バール | 小伝馬町駅馬喰町駅馬喰横山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「尾張屋」 @ 墨田区石原

 

Owariya_outs

 “墨田区”“尾張屋”で検索すると、本所は春日通りにある和菓子屋さんか、東向島の蕎麦屋さんが先に引っかかる。
 なので“@ 墨田区石原”とした。
 こちらの尾張屋は‘ぴあMOOK’『東京 手みやげ本』で知った。
 昭和8年創業の老舗にして、おにぎり、赤飯、和菓子のお店である。
 お店ホームページを見れば判るが、ドラマのロケ弁なども請け負っている。

Owariya_ins
Menu_km
Menu_kn

 隣には甘味処的イートインスペースがある。
 もちろん、お店で注文したおにぎりや和菓子もいただけるが、ランチ時にはお好み焼きや焼きそばをメインに据えたセットメニューがあり、お得だ。

Menu_luch

■五目焼きそば,シャケおにぎり&手揚げいなり寿司Yakisoba_and

 豚肉、エビ、イカ、野菜たちが香り高いソースでまとめられている。中華屋さんの焼きそばと比べると、甘味処の焼きそばはどこか軽やかだ。
Yakisoba

Syake_inari

 シャケおにぎりには、フレークの身ではなく、その日の朝焼いた鮭を使用。ご飯は茨城のコシヒカリ。塩は伯方。
 美味くないわけがない。

 いなり寿司は‘手揚げ’を謳い、朝揚げた自家製をあげを秘伝のタレで煮込み、使用してる。創業当初から三代受け継がれてきた味である。
 しかと味わった。

 散歩の途中、暑くて一休みしたいときは、シンプルなかき氷がなによりだ。
■氷レモンLemon_ice
 説明不要であろう。

 で、『東京 手みやげ本』で紹介されていたのが、こちら。
■ヒレカツむすびKatumsb
 お持ち帰りした。
 国産もち豚を粗めのパン粉で揚げ、特製ソースをからめ握ってから薄焼き玉子で包んだ創作系。三代目が開発したそうだ。
 ご飯に染みこんだソースが、また美味し。

 三代目は店を継ぐ前に洋菓子店で修行した経験があり、生クリームと苺を桜餅風の生地で巻いた“イチゴ桜”なるお菓子もある。
 こちらは冬限定の商品で、残念ながら拝めなかった。

 ヒレカツむすびは午前中には売り切れてしまう。
 電話でキープが可能とのこと。

 

食べログ グルメブログランキング

 

尾張屋
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:弁当 | 本所吾妻橋駅両国駅錦糸町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「林や」 @ 八潮

 

Hayashiya_outs

 葛飾区水元公園に行ったときに寄った。
 いやぁ、ここのエビフライととんかつ、食べてみたかったんだ。

Water00

 入店したら、お水が良いか、お茶が良いか尋ねられた。
 自分、例によって散歩がてら。つくばEX・八潮駅からのアクセスである。
 水を所望した。

Menu01_2

Menu02_2 Menu03_2

Menu04

 メニューを見ると迷う。
 でもここは初志貫徹。

 注文すると、まず胡麻が入った擂り鉢が。
 空はご飯茶碗。

Suribachi

 胡麻を擂るうちに登場。
■エビフライ&とんかつセット+タルタルソースEbi_ton_all

 タルタルは別料金+¥140。
 とんかつは標準仕様、ロース120g。+¥108で180g、もしくはヒレ120gに変更可だ。Katsu_dm

 もちろん、タルタルはエビフライに。
 (エビは胴部の殻を外して、味噌までしゃぶりつくした。画は美しくないので割愛)
 とんかつは、ソースとカラシと擂り胡麻のコンビネーションで。Goma_and

 有無を言わさぬヴォリューム感と美味さ。
 噂たがわず。文句なし。

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

林や
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 八潮駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新記」 @ 四谷三丁目

 

 2010年8月に三宿の本店にはお邪魔していて、ブログにもUpしているが、「食べログ」にトラックバックを付け始めるまえのこと。
 こちら四谷三丁目店のオープンが2011年12月。その存在はその頃から知っていて、土日祝日も営業しているから、四谷三丁目界隈でランチ難民になったとき、まっ先に思いうかべるお店である。

43shinki_kaidan

 場所は、四谷三丁目交差点、南東の角。ビルの二階。
 三宿本店より席間ゆったりしているかな。
 カウンターは窓際だ。

43shinki_ins
Counter

 メニューはお店ホームページに詳しいので、ここではその一部だけを紹介しておく。

Menu01_u Menu01_d

 Aセットを注文。
■雲呑魚蛋麺(ワンタンつみれ麺) 香港麺
Wntntsmr00 Wntntsmr_men Wantan Tsumire Satumaage
 最後のは、さつま揚げ的なやつね。

 &セットの
■排骨飯・小Paikoh_s

 実は、「新記」四谷三丁目店特有の愉しみ方を見つけたんだ。
 それはカウンターから、四谷三丁目交差点を見下ろせること(三宿本店はカウンターから外の景色が見られない)。
 そしてこのメニュー。

Menu02_u Menu02_d

■青島ビールTsingtao

■叉焼Cyashu

■皮蛋豆腐とゆで雲呑3dishes

 青島ビールと小皿料理を3品頼んで、まったりと過ごしつつ、交差点をせわしく行き交う人々を見下ろす……。
 自分はあの忙しい空間から逃れて、ほっと寛いでいることを実感する瞬間。
 まぁ、言ってみれば現実逃避かも知れないけれど。

Window

 この日の〆は、
■冷やし中華(ゴマタレ)Hiyasshityk
 先出の香港麺も好きだが、平打ち麺は自分のタイプ。
 鶏、豚、海老、クラゲ、豪華な具材。チューブの練りからしが付いてくるのはご愛敬だ。

 冷やし中華は小チャーハンと杏仁豆腐が付いたお得なセットもある。

Menu03

 小皿料理3品で¥1050は、凄いお得感がある。
 それに青島ビールをあてて、〆に単品。
 この技は繰り返し使うことになりそうだ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

香港麺 新記 四谷三丁目店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「on the Corner」 @ 江戸川橋

 

Onthec_outs

 江戸川橋、地蔵通り。アリー・アメリカンな外観。
 もう、随分前に“ロック喫茶”というふれ込みに憧れて訪問したことがあった。けれど、都内に引っ越して来てから、自宅から割と近いのに安心してか、足を運んでいなかった。

 Webで調査したところ、オープンは1973年。創業40年超! 立派な老舗である。
 マスターは改代町のバンド「BACCHUS」の現役ギターリストだし、すげー、頭が下がる。

Menu00

 久々の訪問である。
 モーニングセットを頼んで、ぼぅっと眺めると目の前にディスプレイ。昔はこんなものはなかったはず。
 BGMはDVDからだろう。もちろん画像とシンクロしている。

Guitar

 でで、なんと流れているのは、ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』!
 写真に収めたのは、有名なエリク・クラプトンとのセッションシーン。
 この直後、ストラトのストラップが外れて、ギターが弾けなくなったクラプトンがロビー・ロバートソンにソロを渡す……。(それにしても、クラプトン、若!)
 やばい! 脳裏に青春時代がフラッシュバックする!

Morning_set

 トーストとゆで玉子という、このモーニングもどことなく青春時代のフォルムだ。
 不思議な感慨にひたるはめになった。

 別の日。
 こちらはブラック・カルピス。Blackclp
 カルピスとブラックコーヒーで、見事なグラディエーションを形成。
 「よく掻きまぜてお飲み下さい」とのこと。掻きまぜるとブラック感は薄れてしまうのだけれどね。

 on the Corner、自分にとっては特別な喫茶店。評価は控える。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:喫茶店 | 江戸川橋駅神楽坂駅牛込神楽坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生ハム」 @ 新宿三丁目

 

Namahamu_outs

 株式会社subLimeが運営するイタリアンバル。
 急成長のsubLime、いろいろと話題になっている。“新たなカリスマ”と表した『FOODS CHANNEL』のページを付けておく。

Namahamu_ins
Nmhm_counter

 「生ハム」ブランドは渋谷などでも見かける。こちら新宿「生ハムは渋谷と比べると小体な構えだが、テラスもあれば小上がりもあって、庶民的な感じ。カウンターもあるので、一人での利用も抵抗がない。
 自分は、ランチタイムしか知らないが、夜は相当にぎわっていそうだ。

Menu01
Menu02
Menu_d

■フリットナスとベーコンのとまとソースNasupasta
 生パスタ。もっちりとした食感が良い。
 ランチでのウリは、この生パスタかと。
 サラダとドリンクがセットだが、下で紹介。

 カウンターの隣では、パスタとご飯ものがハーフ&ハーフで愉しめ、デザートまで付いた「満腹セット」を頬ばる御仁が。
 そうね。それもアリだね。

 外観写真を撮った、暑いある日。
◆自家製サングリアSalada_and
 昼から呑み。
 横がランチにセットの生ハムを使用したサラダ。こいつを肴にちびりといった。

■合鴨スモークとオリーブの冷製パスタAigamos_00
 グラスワインを追加オーダーしたくなる困った一品であった。

Aigamos_up  こちらは乾麺を使用。冷水で締められたのであろう、プッツとした歯応え。

◆ウコン茶(ICE)Ukon
 ランチセットにチョイスのドリンクである。
 サングリアいって、ウコン茶いって……。自分ながら、あきれる。何やってんだろ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

新宿 生ハム
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:イタリアン | 新宿三丁目駅東新宿駅新宿御苑前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「50BAN」 @ 八広

 

50ban_outs

 野球界の重鎮、王貞治さんの生家はここにあった。当時は中華「五十番」。
 「五十番」は昭和46年に押上(現・業平二丁目)に店を移し、王さんの母方の叔父さんが、この八広店を暖簾分けして継いだ。
 八広「五十番」はその後いったん店を閉じたが、昭和69年、叔父さんの息子、王さんの従兄弟さんが洋食店「50BAN」として復活させた、という経緯がある。
 その従兄弟、店主兼シェフにとって王さんは、幼い頃の遊び相手であるばかりでなく、早稲田実業野球部の先輩にもあたるとのこと。
 と、以上は店内に掲示されていた『スポーツ報知』からの受け売り。

50ban_table

 では早速。
■セットA ミックスフライMixflyt
 あれ、ピンが奥だな。別アングルも載せておく。Mixflyt_aa
 ヒレカツ、エビフライ、チキンフライ、タルタルの下が白身魚のフライ。
 目を瞠るヴォリュームだ。
Mixfly_dm  エビフライの断面写真がないが、海老もプリプリ。タルタルでいただいた。

■オムハヤシOmhayashi
 中はケチャップライス。Omhysh_dm
 ハヤシソースとのコンビネーションは悪くない。いや、むしろ好ましい。

 次は王さんイチ押しの、
■カツサンドKatsusand
 奥は、カツサンドにサービスで付いてくるレモネード。
 先の『スポーツ報知』によると、ヒレ肉をオランダのカメリアラードで揚げ、ソースは自家製。
Katsusd_up  よほど自信があるのだろう。キャベツなしの仕様となっている。
 確かに美味し。

 サンド物は好物で……、もうひとつ紹介。
■海老サンドEbisand
 パンの切り方がカツサンドと異なる。
 そしてこちらには千切りキャベツが。
Ebisd_up  タルタルソースがベストマッチの一品。

 飲み物もひとつ。
◆チョコハーシー(ICE)Cyocosh
 要はアイスココアだが、カクテルでよく使われるシェイカーでしっかり振られて出てくる。故に泡立ち、軽やかな味わいになっている。

 最後に、メニューを。
 いろいろあって、迷うこと必至。
 店先に掲示のランチメニューがお得だ。

Lunchmenu Menu02

Menu01

Menud1 Menud2

 

食べログ グルメブログランキング

 

ゴジュウバン
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:洋食 | 八広駅東向島駅四ツ木駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かどや」 @ 立石

 

Kadoya_outs

 散歩の途中で、事前情報無し。
 ちょうど昼どきでもあったが、外観に惹かれて、ふらふらと近づくと「当店の麺は店主自慢の自家製麺です」とのキャッチが。
Kanban
 ほ~ぅ、という感じで暖簾をくぐった。

Kadoya_ins

 店内、テーブル席のみの構成。
 昔ながらの“食堂”っぽい雰囲気。

Menu00

 メニューが豊富。
 中華屋さんで、ドライカレーは珍しい。あれ、“ドライカーレー”?

 気になるメニューが色いろあるが、お得なセットメニューから、
■塩ラーメンとミニチャーハンのセットSio_hancyah
 おぉ、チャーハンがミニサイズではない。見るからに中華おたまで成形された1杯分。
Hancyah_up
 自家製麺は細麺やや縮れ、のど越し軽やか。
Men_up
 これで¥850とは健闘している。

 あぁ、しまった! ミニドライカレーとのセットもあったか!
 次回は是非。

 

食べログ グルメブログランキング

 

かどや
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:中華料理 | 京成立石駅四ツ木駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メラミ」 @ 三越前

 

Merami_outs

 日本橋は安針通りにある喫茶店。

 安針とはイギリス人航海士ウイリアム・アダムスの日本名。一緒に漂着したヤン・ヨーステンの方が有名か。
 ここには三浦安針の名をもらったウイリアム・アダムスの屋敷があった通りなのである。

 以前から気になっていた「メラミ」。『Cafe』と言うよりは『喫茶店』と呼んだ方が絶対しっくりくるお店だ。

Counter

 カウンター越しに古風なコーヒーミルが写っている。

Table

 カウンターの対面にテーブル席もある。

Menu01
Menu02

 昭和49年創業当初の人気メニューを復刻した“アカスパ”のセットをいただいた。

Salada
Yakiomusubi

 先にサラダと焼きおにぎりが出てきた。
 焼きおにぎりは冷凍物のようだが、要は気持ちである。サービス精神が素敵ではないか。

Akasupa

 そして“アカスパ”ことスパゲティナポリタン登場。
 画は粉チーズをかけたあと。むぅ、ベーコンとエノキ茸も入っていたが、見えていない。
 正統派、喫茶店のナポリタンである。

 内装写真を撮ったときは客人がいなかったが、正午に近づくにつれ、ご近所の会社員が集結し始め、ほぼ満席状態に。
 こちらはタバコがOKなので、愛煙家には寛ぎの場所であろう。

Coffee

 自分、この日の一番客だったので、コーヒーで寛ぎはしたけれど、働くお父さんに席を空けるために早めに撤退。

Merami_outs2

 

食べログ グルメブログランキング

 

メラミ
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:喫茶店 | 三越前駅日本橋駅新日本橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「BUTCHER'S TABLE」 @ 大泉学園

 

 大泉学園駅にアニメゲートが出来たというニュースは聞こえていて、ぶら~と見に行った。
 あれ、そうだ。大泉学園にはうわさのハンバーガーショップがあったではないか、と寄った次第。

Bst_outs

 外観写真、道の先に「T・ジョイ大泉」=「東映東京撮影所」が見えている。

 昼間からワイン。
 あては……
■生ハム モッツァレラチーズ ~ジェノバ風~Hammc
 中央のジェノバソースをかけていただく。
 生ハムadd-on、BUTCHER'S TABLE版カプレーゼといったところか。美味。

Hammc_up

 ワインはグラスの赤。
 オーストラリア産、ハーディーズ VR シラーズ。

 ワイングラスの裏に写っている赤いポッドも注目を。
 お店自家製のケチャップ。トマトの果肉感を少し残こした仕様だ。

 メインのハンバーガーは、人気No.1という……
■ベーコン チーズ バーガーBcb
 ま横からの画をどうぞ。Bcb_up
 パテの上に分厚いベーコン。その肉たちを溶けてつつみこむチーズ。
 Wow...! なんとも悩ましい。

 付け合わせのポテトには先出の自家製ケチャップで。Ketchup
 こちらのオリジナルケチャップ。一瓶¥500で販売しているそうだ。
 買って帰れば良かった。

Menu_h
Menu_s
Menu_a
Menu_p

Best5

 

食べログ グルメブログランキング

 

ブッチャーズテーブル
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ハンバーガー | 大泉学園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »