« 「ひぃふぅみぃ」 @ 千石 | トップページ | 「Furutoshi」 @ 銀座 »

「春華楼」 @ 下赤塚

 

Syunkaro_outs

 カフェとも見紛う綺麗な店構えの春華楼。設定した散歩コース上にあった。下調べの上、訪問。
 “@ 下赤塚”としたけれども、都道446号・松月院通り沿いにあって、成増駅からもほぼ同距離。

Tables
Ostehuki

 内装も木目と白を基調にした精練された設え。
 お手ふきもちょっと高級だ。

 メニューはお店ホームページ詳しい。ここではランチメニューとこの日の季節メニューを。

Menu_lunch Menu_season

 そのホームページを見ての事前のメニューチェックで気になった品があった。
 『名店の味を再現! 中華風のカレーです』と紹介されたこちら……。
■カレー丼Currydon00

 オーダーの際に訊いてみた。「名店とは、どちらのお店ですか?」
 「私の修行先なのですが、六本木の“コーヒエン”です」
 と、オーダーをとりに来たのがたまたま店主さんだったのね。

 この時点で“コーヒエン”の認識がなく、自分、??状態であった。
 具は薄衣をまとったたっぷりの豚肉とシャキッと感が残った玉ねぎ。とろみは水溶き片栗粉のよう。ベースのスープが美味いのか、スパイスの配合が絶妙なのか、レンゲが止まらなくなる。

 帰宅して調べたら修行先の名店は、六本木「香妃園」と判明。
 『食べログ』の口コミ件数は400を越え、ポイントは3.59。
 雑誌『東京カレンダー』が“本当に旨いカレーは中華にあり!”と紹介した3店舗に選ばれるほどであった。

 麺類が試したくなって後日再訪。

■鶏ネギ塩ラーメンTorinegisr00
 丁寧に、時間をかけて煮炊き出したのだろう。
 見事な清湯スープ。コクもあって飲み干せる美味さである。
 自分、塩ラーメン好きで、色々なお店の塩ラーメンを食しているが、こんな堂々とした清湯スープは久しぶりだ。

Sr_up

 ちなみに先の「香妃園」では“特製とり煮込そば”なる人気メニューがあって、そちらはコラーゲンたっぷりの白湯スープである。

 サイドメニュー、点心もいったので紹介しておく。

 初回は……
■餃子Gyouza
 もっちりとした自家製皮で、食べ応えあり。

 再訪時、
■海老春巻Ebiharumaki0
 パセリの後ろは山椒塩。
 海老とシイタケのコントラストが最高。
 プリッとした食感とシイタケのムニュッと感。香りは互いの相乗効果。

Kanban_luc

 週替わりのランチセットが人気のよう。(看板の写真は売り切れたらしく、消されちゃっている)
 一品料理にスープ、サラダ、ライスにお新香で¥800というコスパ。
 +¥100でデザートまで付けられる。

 板橋区赤塚に中華料理のダークホースを見つけたよ!

Plate

 

 

食べログ グルメブログランキング

 

春華楼
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:中華料理 | 下赤塚駅地下鉄赤塚駅成増駅

|

« 「ひぃふぅみぃ」 @ 千石 | トップページ | 「Furutoshi」 @ 銀座 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/61901252

この記事へのトラックバック一覧です: 「春華楼」 @ 下赤塚:

« 「ひぃふぅみぃ」 @ 千石 | トップページ | 「Furutoshi」 @ 銀座 »