« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

「くじら軒」 @ 八重洲地下街

 

 「くじら軒」、五本木、新宿のお店はとうに無く、東京で食せるのはこちら八重洲地下街のみ。
 あれはラーメンブームのはしり、横浜本店まで友人に連れていてもらったことがあったけ。
 その当時の言葉で『神奈川淡麗系』などという括りでとらえられていたかと。
 ……懐かしいなぁ。

Kjrk_plate

 外観写真撮り忘れ。
 八重洲地下道は最南端の一角にある。

■塩らーめんShioraumen00

 微妙な味の変化はあるのだろうけれど、やっぱり、バランスが良いやね。
 ラーメンの食べ歩きに精を出していた昔に、すっとタイムスリップしたような気分になった。

Menu_knbn

 メニュー構成は ――
 薄口醤油を使用した“らーめん系”、濃口醤油を使用した“支邦そば”系、塩タレの“塩らーめん”系と分かれ、それぞれに特製スタミナらーめん、バラそば、チャーシュー麺、パーコー麺とアレンジがある。麺の茹で加減も調整してくれる。
 この他に、ざるらーめん、つけ麺、冷やしらーめんという揃え。今の流行か、つけ麺が人気のようだ。

■バラそば(塩)Barashio00

 通常のチャーシューに使用しているのは肩ロースか?
 こちらはバラ肉チャーシューなので、“バラそば”と差別化して言っているのかな。
Barashiomup  甘みを湛えた脂が、旨い。

■支邦竹飯Sinatikhan
 こちらにも脂身が乗っていた。
 ラーメンスープをかけると、この脂身が半分溶けてとろとろになる。それがまた旨し。

 八重洲地下と云うと《ラーメンストリート》が有名で、確かにそちらにまわれば、実力のあるラーメン店が集結し、味も間違いが無かろう。しかし、自分は昔から好きなんで、地下街の外れにあるくじら軒へ。

Water

 

食べログ グルメブログランキング

 

くじら軒 八重洲店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 東京駅京橋駅銀座一丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「萬盛」 @ 後楽園

 

Mansei_outs

 前回レポートは2010年12月のこと
 『江戸名所図絵』にもある澤蔵司稲荷神社への奉納蕎麦が開創以来380有余年続いている蕎麦屋であると、畏怖を持って記した。
 その「萬盛」が、2013年にリニューアルオープンしていた。

Mansei_ins

 メニューが一新されている。
 奉納蕎麦のスタイルで供される“はこそば”は残されているが、イチ押しは土曜日限定の“土曜御膳”のようだ。

Menu00
Menu01

Menu02 Menu_k

 “土曜御前”は、稲荷ずしから始まり天ぷらせいろをメインに甘味とそば茶でしめるランチコースである。

Dg_inari Dg_tensoba Dg_kanmi

 さくっと揚がった薄衣の天ぷらは、添えられた塩でいくのも良いだろう。Dg_tenpr_up

 他にちょっと珍しいこんな蕎麦もある。
■生ゆば天ぷらそばNmybtens00
Nmybtens_up
 生ゆば天の断面も撮ったが、歯形が恥ずかしいので自粛する。
 この天ぷらを揚げるのは難しくないか? 生ゆばが何層にも折りたたまれた形で揚げられており、独特の食感が愉しめる。

Nmybt_sba_up

 折角なので夏にいただいた蕎麦もUpしておく。
■冷やしきつねそばHiyashiktn_00
Hiyashiktn_up
Hysktn_soba_up

 この日はサイダーもいった。
Cider  懐かしい瓶だ。

 蕎麦焼酎の蕎麦湯割りもあるそうだ。
 蕎麦前のメニューも用意され、気になるところである。Menu03

 澤蔵司稲荷神社へ行ったら入り口の提灯に「萬盛」の文字があった。Cyochin
 この日付はひょっとしてリニューアルオープンの日かな??

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 後楽園駅春日駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福昇亭」 @ 浅草

 

Fuksyot_outs

 “@ 浅草”としたけれども、言問通の北側、浅草寺からやや離れた位置。この辺を「裏浅草」って呼ぶのか?
 まぁ、この疑問は置いておこう。

Kanban

 散歩で見つけたお店。福昇亭という店名と店構えにギャップがある。気になってしまった。
 後でお店の人に尋ねて、謎が解けた。
 初代は中華屋さん。二代目で方向を変え、今は三代目が継ぎ正統派の洋食屋さんになっている。

Menu_pst Menu_men

Menu_tmm Menu_oss

 メニューに中華屋さん時代の名残があった。
■自家製シューマイSyumai
 肉汁を湛えた大振りが5ヶ。噛みしめるほどに旨し。

 中華点心と洋食を合わせてみるのも面白い。
■サーモンフライSalmon_00
 ライスとスープがフレームアウト。
 スープは単独で撮り直した。Soupe
 メインのサーモンは肉厚。だけれどホロホロと柔らかい。Salmon_dm
 タルタルソースが爽やかで、サーモンの香りと甘味をひき立てていた。

 付け合わせのパスタはフィットチーネのように幅広。手打ちかも。
 生パスタも「福昇亭」のウリのひとつだ。

 別の日。
 昼間っからワイン。Wine_00

 つまみは ――
■小皿前菜おまかせ3種盛り合わせZensai3_01
 右がラタトゥイユ、左がベビーホタテと長ねぎのアーリオオーリオ。
 後ろがよく見えてないので単独で撮り直し。
Zensai3_02  自家製スモークサーモンのポテトサラダ。
 このポテサラ、薫香とサーモンの甘味が利いて美味。
 ミニサラダも合わせると4種盛りになっている。得した気分だ。

 メインは ――
■特製ハヤシライス オムレツ添えHayaomu_00
 スープがフレームアウト。先出のスープと同様の滋味深いコンソメスープだ。
Hayaomu_up  牛肉のコクが染み出たハヤシルーは正統派洋食の象徴のように思える。
 とろけるオムレツと合わせると、至福。

Water
Windows

 店内、深緋のテーブルカバーが印象的。
 窓際の席が何とも言えない雰囲気があって好きだ。
 今度行ったら座ろう。

Sodek00

 

ビストロ福昇亭
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:洋食 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちどり」 @ 鮫洲

 

Chidori_outs

 Gakken Mook『立ち食いそば手帳 名店120』で気づかされた。たまに足を運ぶ旧東海道沿いにこんな蕎麦屋さんがあったのね。視界には入っていたはずなのに……、認知できなかった悔しさを覚えた。

Chidori_ins

 値段設定は立ち食いそば屋のそれだが、店内はテーブル席主体。
 注文カウンターで注文を告げ、前払い。好みの席で待っていると、店主が運んできてくれる。丼返却はセルフ。

Menu01
Menu02

■じゃこ天そば+納豆Jyaks_ntto_00
Soba_up  岩のりをよけて蕎麦を引き上げるのが大変なくらい。こちらの蕎麦/うどんは岩のりとからめて食すのが愉しみ方だ。
Jakot_up  メニュー表にあるが、じゃこ天は愛媛県宇和島産。岩のりは静岡県南伊豆産。

 邪道かもしれないが、ここに納豆をトッピング。
Natto_up  岩のりと納豆って相性悪くないよ。
 むむ、しかしカラシはイマイチだったか? カラシが負けちゃった、入れるならばもっと香りが立つほど入れないと意味ないかも。

 無休の上、朝7時から営業。
 ここで蕎麦をたぐってから散歩スタート、なんてことをしてみる。

■モーニングそばMornings_00
 うわ、岩のりどっさり。
 何が入っているか見えないので、岩のりをよけて撮り直し。
Mornings_01  ゆで玉子、ちくわ天、あげ(きつね)が見えた。これで¥350。

 通し営業で土・日・祝も15時まで開いている。
 散歩で小腹が減ったときに利用しやすい。お財布に優しい上、そこら辺の手打ち蕎麦屋に負けていない風味だ。
 今度はひもかわをいってみるか。
 そうだった、昼から(いや朝から)呑める。

Jyaks_up

 

食べログ グルメブログランキング

 

めん処ちどり
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:そば(蕎麦) | 鮫洲駅青物横丁駅品川シーサイド駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「江戸富士」 @ 御茶ノ水

 

Edfuji_outs

 “@御茶ノ水”としたけれども、サッカーミュージアムの方なので、最寄りはJRではなく丸ノ内線の御茶ノ水駅。

Menu_00

 散歩で見つけ、ランチのメニュー構成に惹かれた。

■すしやのスタミナ丼Stamina00
 手前にしらすをかぶった納豆。中央の白いものは半熟温泉玉子。
 えーっ!? 何種類乗っているんだ?
Stamina01  サーモンの中落ち? その裏はあん肝だよな。その奥は山芋千切り。イクラもまぶしい。
Stamina02  たたいたオクラにマグロの中落ちもある。
 ネバネバ系と中落ち2種。あん肝までついて¥1080は安すぎる!

■魚汁Sakanajiru
 常連さんらしき人は“あら汁”っと呼んでオーダーしていたが、“あら”ではない、しっかり身の付いた“魚汁”。
 胃の腑がふわっと温まる。美味。

 こちらはお盆の日のメニュー。Menu_sp
 普段にはないこちらを。

■(上)おまかせちらし 汁付Omakase00
 上からの画だとヴォリューム感が伝わらないか。
Omakase01  甘エビが山頂から転落しそうだ。
 落ちないまえに小皿に取り分ける。
Omakase_k  アボカドに鯨までいる。
Omakase_s  光り物、しめ鯖も入っている。
 こんなに外したのに、まだまだ丼の上にある。Omakase02
 やっぱりハモだよね?
 汁椀も美味し。これで¥1600は、どう見立てても安い。

 しっかり仕事が入って、ネタも新鮮。
 しかも良心的な価格設定。ランチとはいえ、サービスしすぎだよ。

 酒の揃えも面白い(獺祭の純米大吟醸スパークリングがあった)。夜がまた魅力的だ。

Edfuji_ins
Counter

 

食べログ グルメブログランキング

 

江戸富士
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:寿司 | 御茶ノ水駅湯島駅本郷三丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「和行」 @ 見沼代親水公園

 

Hako_outs

 散歩の途中で。
 見沼代親水公園を歩いて、埼玉県は川口元郷駅のほうに向かっているときに見つけた。
 ちょうど昼どき、“とんかつ”の言葉に惹かれた。

Counter
Zashiki

 入って左手にカウンター。右側が座敷。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu06

 メニュー写真の大きな有頭海老も気になったが、“とんかつ”の言葉で口から胃袋まで、すっかりその態勢だ。
 ならばと、すこし背伸びして、こちらを注文。

■ロースカツ(特上)Tj_roas
 店主さんに尋ねたら同じロースでも並と特上では切り出す部位が少々異なり、量も若干多くなるそう。
 豚の銘柄までは訊かなかったが、脂くどくなく(肉月が落ちて)旨味が際立つ、美味しいとんかつだった。揚げている油もきちんと管理されているのだろう。Tj_roas_dm

 女将さんが話し好き。
 散歩してたまたま訪問したことを話すと「駅近くにある氷川神社の彫刻が凄いよ!」との情報が。

 後日、その氷川神社を参拝がてら、再訪。
Zashiki_aa
■メンチカツMenchik
 挽肉系、こねた手間が入ったものが食べてみたくて。そういう意味ではハンバーグでも良かったのだが、揚げ物に食指が向いた。
 むむ、こちらも間違いないお味。Menchik_dm

 あと、お味噌汁が旨い。
 豚こまが入って、ある種豚汁であるが、キャベツがたっぷりで、優しい甘さを感じる。

 他にも気になるメニューがある(スタミナロースカツって凄そう!)。
 近くに行ったらまた寄ろう。

 日暮里・舎人ライナーができて、この辺もアクセスしやすくなった。
 女将さん情報によると、桜の季節がとても良いらしい。
 そうそう、氷川神社の彫り物は、本殿全周に龍が舞う神話世界が細密かつ迫力あるタッチで描かれていて圧巻だった。

Wako_knbn

 

食べログ グルメブログランキング

 

和行
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:とんかつ | 見沼代親水公園駅舎人駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「由松」 @ 葛西

 

Yoshimatsu_outs

 店名“よしまつ”と読む。

Counter
Tables

 自分、粉もの系の昼食は久しぶり。
 それ故か、メニューを見て凄く悩んだ。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Water

 結局、これ。
■オムソバ 3種ロールOmsoba3mix00
 豚肉・イカ・海老の3種mixの意。Omsoba3mix01
 焼きそばも3種mixなら豪勢だけれど、さらにオムソバ仕様だからね。ご満悦。
 そばのモチモチ感もあって、ぺろっと食べてしまった。
 卓上にあった青のりをかけそびれたくらい。

 粉もの久々の反動か。
 追加オーダーしてしまったよ。
■明石焼きAkashiyaki00
 ふわとろのたこ焼きを出汁にひたしつつ食べる。ご満悦。
Akashiyaki01  お腹の中では、豚肉・イカ・海老・タコの4種mixとなったぞ。

 家に帰って調べていたら「明石焼き応援サイト」を見つけた。
 こちらのホームページでも「由松」は紹介されていた。やるな~。

 昼間っから呑めるからね。今度はそんな感じで行こうかな。

 そうだ、入り口に子熊がいるけれど、驚かないように。
Koguma

 

食べログ グルメブログランキング

 

由松
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:お好み焼き | 葛西駅西葛西駅船堀駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「来来来(みらい)」 @ とうきょうスカイツリー

 

 来来来創業時(1970年)には“業平橋”駅だったのに。今は駅名が改称され“とうきょうスカイツリー”駅なんだよね。
 どうも“業平橋”って言いそうになる……。

3rai_outs

 清澄通りを歩くと、エンジ色のバックに黒で「昔ながらの太タンメン」の文字がいやが上にも目に止まり、前から気になっていたお店だ。

Menu00
Menu01
Menu02

 まずはオーソドックスに“タン・ギョー”で。
■タンメンTanmen00
Tanmen_m_up
 麺は確かに太い。うどん級。わっしと噛み切る感じ。
 スープが軽めの乳化なので、相性/バランスは良い感じだ。
 たっぷりの野菜と太麺で咬筋がへたる? 心配な人は細麺でのオーダーも受け付けてくれるので、どうぞ。

■餃子Gyoza
 あんたっぷり。こちらも美味し。

 単品だとタンメン¥650、餃子¥350だが、セット価格で合わせて¥850になる。
 絶対お得。

 再訪。
■味噌ミルクカレーラーメン(太麺)¥750Mmc_00
 実はそば類メニューは、焼きそばも含めて、すべて太麺/細麺のオーダーが可能。
 思いつきで太麺でいってみた。結果オーライ。Mmc_m_up

 ミルクにプラス挽肉。コクのあるスープである。
 けれど意外に野菜たっぷりで、その甘味だろうか、ミルクと相まって刺激は和らいでいる。カレーは香り立て的な感じ。

■半チャーハン¥350Hancyahan
 チャーシュー片が効いている。美味し。

 店内に浅草開化楼の麺箱があった。
 開化楼も古くて1950年の創業だから、オープン当初からのお付き合いなのだろうと想像する。
 極太麺、うどんではなくてしっかりラー麺になっているのが素敵だ。

Counter

 

食べログ グルメブログランキング

 

来来来
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:中華麺(その他) | とうきょうスカイツリー駅押上駅本所吾妻橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »