« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

「小米花」 @ 白金高輪

 

Kogomebana_outs

 最近のMy-Boomは朝からの散歩で、何処ぞで朝食をいただきそこから歩き出す、と云うもの。
 なので、駅そばの立ち食い蕎麦の話などが出てくるのだが、今回ちょっとお洒落に白金高輪のカフェにて朝食である。

Kogomebana_ins

 小米花はグルテンフリー、小麦粉不使用を謳う洋菓子店でもあり、米粉を使用したシフォンケーキやシュークリーム、タルトを販売している。が、それら販売は11時からと云うことで、自分が訪問した時にはショーウィンドウにそれら菓子は並んでいなかった。
 しかし、奥の黒板に“本日の米粉ケーク・サレ”の案内が記されていた。
 11時まではモーニングでケーク・サレがいただけるのだ。

Menu01
Menu02

 本来「cake sale」は玉子や牛乳、チーズなどに好みの野菜やベーコンなどを合わせ、小麦粉・ベーキングパウダー(少量)でからめて型に入れて焼いた惣菜ケーキだが、そこは「小米花」、小麦粉を排し、米粉と大豆粉で作っている。

 黒板を見て迷う。Menu00
 どういった具材のケーク・サレが並ぶかは、その日その日で変わるそう。
 カレー味が気になったけれど、結局無難な感じのチョイスにしてしまった。

■大豆と生姜、バジルとかぼちゃのケーク・サレ Cakes_set00
 左のカップにはケチャップが入っている。お好みで、とのこと。
 ミニサラダまで付いて、モーニングっぽいワンプレートになった。
 右はオーガニックコーヒー。マグカップで嬉しいボリュームだ。

 米粉故か、ケーク・サレがしっとりもっちりした歯応えで面白い。
 腹持ちも良さそう。
 ¥750という価格設定も嬉しい。
 うむ、これで元気に歩き出せる。

Annai

 「小米花」は、シューウインドウに並んだ菓子名札のひとつ一つにアレルゲン表示がされていたり、お客さまへの配慮が徹底している様子。
 好感がもてるお店だった。

 

食べログ グルメブログランキング

 

小米花
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:カフェ | 白金高輪駅泉岳寺駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Il Soriano」 @ 王子神谷

 

Soriano_outs

 “@ 王子神谷”としたけれども、住所は荒川・隅田川の中州にあたる足立区新田。王子神谷駅から歩くと15分はかかる。
 設定した散歩コース上にあって、その存在を知っていたから立ち寄れたけれども……。大通りに面しているわけでもないし、いわゆる“知らないと行けないレストラン”の分類に入るかも。

 美しい外観。
Garden  入り口は左に回り込んで、お庭から。靴を脱いで上がる。
 内側も美麗。

Cutlrry
Table
Soriano_ins

 メニューを眺めていたら、自分と入れ替わるように猫ちゃんが庭に出て行った。猫まで美麗。アメリカンショートヘアーかな。
 残念。写真を撮るひまがなかった。

L_menu_2 D_menu_2

 いただいたのはセコンドランチ。

■前菜盛り合わせZensai00 Zensai01
 ローストビーフにはバルサミコ。
 滋味に見える左のカナッペもひと工夫あって美味かった。

 で、散歩の途中に、赤ワイン。

 三種から選べるパスタはこちらをチョイス。
■カルボナーラCarbonara
 テーブルにあった黒胡椒をたっぷり振っていただいた。

Bread

 メインは肉/魚を選ぶ。
■牛の赤ワイン煮Gyurw00
 ホロホロと柔らかく煮込まれている。
 付け合わせの野菜たちにこだわりが現れているような。

 デザートは――、
■バナナのプリンPudding
 甘さ控えめ。くち当たりなめらか。

 庭から部屋に入った瞬間は、余所のお宅にお邪魔したような雰囲気で、ちょっと緊張したけれども、最後はゆったり、ふんわり。素敵なランチになった。
 帰り際、あの美猫を探したけれど見つからず。写真、撮りたかったなぁ。
 それ以外は、完璧なランチだった。

Plate

 

食べログ グルメブログランキング

 

イル ソリアーノ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:イタリアン | 王子神谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「井乃上」 @ 立会川

 

Inoue_outs

 散歩の途中で。事前情報なし。
 旧東海道をぶらついていて見つけたお店。鮫洲の「ちどり」を見逃してた例があるので、この近辺が気になっていた。

Water

 品出しカウンターの上にずらっと短冊がずら~っと並ぶ。Menu01
 店先、入り口に“穴子天一本揚げ”の短冊があったことを見とがめていたので、こちらにしてみた。

■穴子天そば ¥900Anagot_s_00
 うわー。立派な一本だ!
 ナスとインゲン天まで付いている。
Anagot_s_up  蕎麦は褐色、挽きぐるみ的色合いだ。幅もバラツキがあって、手打ちか!?

■ミニカレーライス ¥200Minicurry
 辛口である。

 大晦日に再訪。
 飲んでしまえ。
■〆張鶴 ¥650Shimehari
 お通しが付いてきた。
 淡く優しい味わいの煮物。ぎんなんがいかしている。
 日本酒は他に、八海山、雪中梅などもある。

Menu02

 天ぷらの美味さを知っていたので、串天ぷらから肴をチョイス。
■海老天・イカゲソ天・キス天Tenpura
 あら、“串天”じゃない。豪華な天ぷらセットになってしまった。
 結構なヴォリューム。まさかキスが3尾来るとは思わなかった。
 抹茶塩でいただく。油も軽やかで、これがぺろりといけてしまった。

■鴨せいろ ¥850Kamoseiro00
Seiro_up  うむ。蕎麦旨し。
Kamo_up  鴨の脂がまわったつけ汁もいい。肉厚の鴨肉が3キレ入っていた。

 褐色の蕎麦は野趣が感ぜられて、個性的だ。
 鴨の他に、豚汁とかカレーなどと合わせても旨そう。
 カレー南そばに単品の鳥ささみ天とかを勝手にトッピングしたら怒られちゃうかな?
 いや~、そんな創造力をかきたてられる蕎麦と天ぷらたちだ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

井乃上
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:そば(蕎麦) | 立会川駅大井競馬場前駅鮫洲駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パルミエ」 @ 千駄木

 

Parumie_outs

 以前から気になっていたお店。
 不忍通りから谷中へび道に抜けようと思って歩いた路地に見つけた。

 ランチ時はA,B,C、三種のメニューが用意されている。Kanban_l
 ハンバーグは大概ある。レギュラーメニューのよう。メカジキと豚肉はその時々で味付け、調理の仕方が変わる。

 店内はL字カウンタがドーンとあって、厨房が丸見え。
 堂々としたオープンキッチンである。
 (ランチ時だけか?)店主さんが一人で切り盛りしているらしく、複数人の客をさばくときなど忙しそうである。Counter

■メカジキのソテーMekajiki_all
 ソテーはガーリックの香り付け。ナイフとフォークでいただくような立派なひと皿である。Mekajiki_up
 けれど、ライスはどんぶり。お新香も付いて、箸でいく。
 何かこのギャップが良い。
 スープは玉子のふんわりとした味わいだし、文句なし。

 別の日。
■豚ロースの味噌漬けButamiso_all
 ナイフとフォークがないからね。食べやすいサイズに切られて出てきた。Butamiso_up1
 付け合わせのナスがまたイイ感じだった。

Butamiso_upd

 根津と千駄木をつなぐ不忍通り沿いには美味しいお店が本当に沢山あって、目移りするくらいだけれど、ちょっと脇に入った路地にまでこんなお店があるとなると……。
 どこで食べようか、ますます悩むことになっちゃう。困ったね。
 夕食にも良さそうだ。

Denner_00

 

食べログ グルメブログランキング

 

味工房パルミエ
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:洋食 | 千駄木駅根津駅東大前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「開楽」 @ 池袋

 

Kairaku_outs

 池袋の有名店。『食べログ』の口コミ数が200超。
 並びの「バッカス」には足を運んでおきながら、こちら開楽への訪問が遅れた。

 お店ホームページによると、創業が1954年。
 「バッカス」の創業が1951年だから、池袋のこの界隈って戦後の東京を引っ張ってきたようなイメージか。

 オープンして数年で“なべ底景気”と呼ばれるデフレーションの渦に巻き込まれたハズで(1958年後半から好転、岩戸景気と呼ばれるそうだが)、よくも頑張って残ってくれたなぁ……、などとその当時生まれてもいない自分が言うのは不遜な話。

 メニューはお店ホームページに詳しいので省略。
 店内写真も混み合っているので、目の前のカウンターで勘弁して。Water00

■五目そば&餃子5eyes_gyoza
 餃子は3ヶで一人前(¥360)。ひとつ追加につき+\120。
 この“ジャンボ餃子”が開楽のウリ。

 五目そば(¥800)にはカニカマが入っている。5eyes_up

■明太子レタスチャーハン&餃子Rettucecy_gy
 明太子とレタス、善くぞ合わせてくれた。
 シャキシャキ感とプチプチ感、食感の妙である。
 お値段¥780。Rettucecy_up

■海老そば(¥980)Ebisoba00
 軽くトロミが付いている。
 冬はこのてのラーメンが温まる。Ebisoba_sup

 最後に餃子の断面を。Gyoza_dm
 お店ホームページにあるが『新鮮な野菜と特別に挽いた「上ひき肉」をたっぷりと使った具を、特製の皮で包み込んだジューシーな餃子』。
 確かに、皮が美味し。比較的厚めで弾力のある歯応え、焦げ目は香ばしい。
 Take-Outも凄い売れている。

 

食べログ グルメブログランキング

 

開楽 本店
夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:中華料理 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あげもんや」 @ 高円寺

 

Agemonya_outs

 築地「豊ちゃん」で腕を振るっていた方が開いたお店。揚げ物専門店である。

Counter
Table00

 入り口はカウンターがあって少し狭いが、奥にはテーブルスペースがあってゆったりしている。

 カウンターの横にはご飯とお味噌汁のバーがあり、お代わりし放題のシステムを取っている。
 メニューは“からあげ食べ放題定食”(¥850)なんて云うのもあって、気っ風の良さに驚く、いや正直ちょっとあきれるくらいだ。

Menu01
Menu02
Menu_kabe

 卓上の調味料類の写真を撮ってみた。Table_set
 左から、ゴマドレッシング、醤油、青じそドレッシング、箸立て、ソース、ウスターソース、食卓塩、七味とうがらし、楊枝立て。
 お好みのソース、ドレッシングでどうぞ、と云うことだね。
 この他に、カキフライ、ホタテフライにはタルタルソースが付く。

 初回。
■カツ煮定食Kathunit_all
 言ってみれば、カツ丼の別盛り。
 蕎麦屋の肴メニューでたまに見かけるカツ煮の定食版、まぁ、いろいろな言い方が出来るけど、皿に一杯のカツは普通の丼には乗せきれない量だ。
 この量を白飯どんぶりの上にかぶせたならば、過積載で警察官に捕まりかねない。
 あぶない、あぶない。

Kathuni_dm  三つ葉の香りも効いてぺろりといただいた。

 撮ったメニュー写真を眺め、作戦をたて(オーダーを決めて)再訪。
■角煮カツとなっとうフライの定食、ポテトサラダ付き ¥920Knk_ntk
 どうだ! あげもんやでしか成し得ないスペシャルな組み合わせだろう。

 なっとうフライは既に味が付いている。上に乗っているのは刻みネギ。
 箸でわったら、とろっと納豆がこぼれ出てきた。Ntk_dm
 ご飯に乗っけて食べたくなるのは関東人の性(サガ)か。
 カツ用に皿に乗せられたカラシを使ってもいい。

 角煮カツの断面も。Knk_dm
 煮豚を揚げる手法は宮ノ前の「どん平」で経験していたが、それとはまた異なる食感だった。
 もう溶ける。口中に含んだとたんに、もう溶ける。
 脂身は唾液とまじり、赤身肉の旨味がふわっと残る。
 やられたよ。

 「豊ちゃん」は築地場内なので移転エリアに入っている。
 でも、フライものについては、高円寺「あげもんや」にその遺伝子が残ったようだ。ホットしているファンも少なくないのでは?
 今はカキフライもあって、そう云うメニューを見ると「豊ちゃん」を連想してしまう。
 カキフライの卵とじも出来るって。これは正しく「豊ちゃん」DNA。

Kanban_kf

 

食べログ グルメブログランキング

 

あげもんや
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おふくろ」 @ 椎名町

 

Ofukuro_outs

 椎名町と云えば帝銀事件であるが、Web『東京Deep案内』でも帝銀事件よりサンロードにシフトした椎名町案内になっているのが面白い。
 ランチ時、そのサンロードを北上したところにおふくろという定食屋さんをみつけた。

Menu00

 「おふくろ」は二階。階段を上がると猫ちゃんに迎えられた。 Kanbancat

Ofukuro_ins

 明るい店内である。
 窓際のテーブル席からはサンロードのゲートが見える。

Menu01
Menu02

 初回。“お昼のサービス”から
■やきにくセットYakinikus_all
 小鉢がふたつも付いている。左の小鉢はナスの煮物。Kobathi00

 セットの内容はその日の仕入れで変わるらしい。
 ちなみにこの日のおふくろセットはあげ出汁豆腐。
 やきにくセットは生姜焼きだった。

Yakiniku_up  玉ネギの甘みが良い感じ。
 入り口の看板に“健康はバランスの良い食事から”とあった。
 そうだ、その通り。
 それを実践するこのお盆が¥700。感激である。

 再訪。
 ¥500台の単品メニューは+¥250で定食セットにできるということで、
■和風ハンバーグ定食 ¥810Wahuhamb_all
 うわぁ。かぼちゃと冷や奴が付いているぞ。

 ご本尊、和風ハンバーグは大根卸しに刻みネギ。Wahuhamb_up
 ハンバーグの焦げ具合もナイス。内は肉汁満載だし。Wahuhamb_dm

 さらに小鉢を一品追加する常連さんがいらしたりして、「おふくろ」の愉しみ方はちょっと深い感じ。
 次回は魚を行こうか、ひとり鍋にしようか。納豆の味噌汁も良いな、なんて悩む。

Gate_sunroad

 

食べログ グルメブログランキング

 

おふくろ
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:居酒屋 | 椎名町駅要町駅東長崎駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「晴弘」 @ 門前仲町

 毎年、年明けにお邪魔している。
 去年は、いつも通りの“海老わんたんそば(塩)”だったので、特に報告を上げなかったが、今年2016年は他のメニューを食したのでUpしておく。

■焼豚そば(塩)Tyasyus_sio00
 塩だとパクチーが入るらしい。
 チャーシューは普通のものが4枚、左にタンチャーシューが1枚。
 あと、左下にメンマが隠れてていた。

Tyasyus_up

 他に“中華ちまき”もいったのだが、それは先回にUpしているので写真は割愛する。

 この日、2日、開店前の11:25に到着したのだが、家族連れ2組が先行しており、その後に並んだ。
 11:30にオープンして店内に案内されたが、あっという間に満席になった。
 さすが「晴弘」。

Menu160102

 メニューに“鰹風味支邦そば”が追加されていた。
 研鑽を怠らないところも、さすが「晴弘」。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ラーメン | 門前仲町駅木場駅越中島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「そばっ子」 @ 金町

 

Sobakko_outs

 Gakken Mook『立ち食いそば手帳 名店120』で知ったお店。
 金町から散歩を始めるとき、早朝6時からオープンしているので使い易い。無休、通し営業だし。

 こちらは生蕎麦を使用し、鰹の枯節、宗田節、さば節から出汁をとるというこだわりのお店。それでいて安い。

Kenbaiki

Counter

■山菜そば+えび天(¥600)Sansai_ebit
 おお、えび天が立派だ。

 そうだ、写真はカウンターにあった七味とゴマを振ったあと。あしからず。
 ゴマ擂り器があるのが気に入った。

 客が引けた合間でカウンターから店内写真を撮った。Kitchen00
 あら、厨房が綺麗。仕事が出来ると、こうなるんだろう。

 別の日。
■わかめそば+いんげん天(¥420)Wakame_ingen
 いんげん天は券売機で“野菜天ぷら”を購入し、カウンターで発注。他にゴボウ天などがある。

 寒い季節だったので、いずれも温麺だったけれど、コシも香りもある真っ当な蕎麦だった。
 出汁つゆも飲み干してしまった。(おかげで、ホッと身体が温まった)

Wakame_soba_up

 “立ち食い蕎麦”のレベルってあがっている。これ、実感。
 これでは、町蕎麦系、本格手打ち系の蕎麦屋さんの立つ瀬がない。
 『“立ち”でも良いよ、美味い蕎麦が食えれば』という者はこちらに流れてしまうだろう。

 最後にWeb「かつしか商店街」にあった「そばっ子」のページをリンクしておく。
 「そばっ子」と「金町餃子」の代表者が同一。

 

食べログ グルメブログランキング

 

そばっ子
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:そば(蕎麦) | 京成金町駅金町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラッキー飯店」の想い出

 

 『食べログ』にも情報が寄せられているが、春日(住所的には小石川)の「ラッキー飯店」が閉店した。

 小石川に転居してきてから、何度お世話になったことか……。

Luckyhant_outs

 お気に入りの中華屋さんが閉店してしまうこともそうだが、この春日・後楽園駅前再開発は自分にとって人ごとでない。お隣の一区画がまるまるなくなって、長期にわたり取り壊しだと建築だのと工事がつづくことになる。
 変わり続けるのが魔都東京の魅力だけれど、正直ちょっと複雑な気持ち。

 閉店の噂を聞きつけて訪問した12月21日。空調機にでかでかと告知の貼り紙が。
Kokuthi01  そうか、30日まで営業するんだ。

Menu01
Menu02

Hapveg_00 Hapveg_01

 メニューを眺めると少し迷ったけれど、決めていたメニューにした。
■五目炒飯と餃子5eyescyah_andg
 エビ、カニ好きの自分の大好物である。 5eyescyah_up
Gyouza0  餃子の具は敢えて粗く切られていて、ざくっとした歯応えが愉しい。 Gyouza_dm

 隣に座った常連さんが、親子丼を注文した。
 「今まで食べていなかったものを食べようと思って……」だって。
 その気持ち分かる。

 TV『モヤモヤさまーず2』でフィーチャーされたときに、カツ丼が絶賛されて、それ以降丼もののオーダーが増えたらしい。
 店主さん曰く、「うちのはラーメンの出汁で作るから、蕎麦屋の丼ものとはひと味ちがうんだよ」。
 なるほど。

 『モヤモヤさまーず2』のバックナンバーを探していたら、サッポロのウエッブマガジンが「ラッキー飯店」をフォローしていたので、リンクをつけておく。

 帰り際、聞きつけていた移転先のことを尋ねると、「まだはっきり言えないんです」とのこと。何かとっても大変そうだ。

 12月29日、夜6時頃行ったら店外に待ち人が並んでいた。
 さすが「ラッキー飯店」!
 寒い夜に並ぶ根性がなく、翌12月30日、夜営業始まりの5時に駆けつけた。

 空調機に貼られた告知が変わっていた。
Kokuthi02  むむ、うわさで聞いた移転先は間違っていなかったようだ。
 柳町はじぶんの住処。「ラッキー(幸運)」がじぶんに近づいて来てくれるようで、ちょっと嬉しい。

 移転前のラストオーダーはこれ。
■五目そば 5eyessoba00
 醤油系より塩系が好きで。
 チャーシュー、しっかりと味が染みていて美味かった。
 ほうれん草もいっぱい入れてくれて、あざーすっ!

5eyessobaup  合掌。ご馳走様でした……!

 今日1月1日、初詣に向かう途中で「ラッキー」さんの前を通ったら「お客様各位……」との告知があった。
Aisathu
 ……あぁ、やっぱり切ないよ!!!!!

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 春日駅後楽園駅本郷三丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »