« 「Zaika」 @ 糀谷 | トップページ | 「うさぎや」 @ 浜町 »

「台湾」 @ 巣鴨

 

Taiwan_outs

 巣鴨、とげぬき地蔵の裏手、白山通りと地蔵通り商店街をつなぐ路地に台湾はある。
 何度か足を運んでいるけれど、興味が尽きない。もちろん未食のメニューもあるけれど、写真が溜まってきちゃったのでUpする。

 ちゃんとしたメニュー表も撮ったけれど、字体が面白いの店外にあるメニュー表を載せておく。Menu00

 さぁ、いくぞ。

■牛肉そばGyunikusb00
 八角だろうか、漢方ぽい香りが舞うたおやかなスープだ。

 冬場になれば、
■牛筋大根そばGyudaikon00
 麺は普通の中華麺ではない。稲庭うどんくらいの太さで柔らかめ(前出、牛肉そばも同様)。
Men_up  かん水不使用と見た。

 牛筋大根そばの右でぼけて写っているのが、特製唐辛子。Karashi
 ちょっと入れるだけで、たおやかスープがおてんばスープに変身する。
 それもまた魅惑的。
 この特製唐辛子、以下のご飯物にも合わせられる。

■魯肉飯(ルーローハン)Rulohan00
 裏側にたくあんふたきれ。
 高菜漬けを添える魯肉飯も見かけるが、こちらはシンプルに青菜。
 その分、肉味噌が濃厚な味付けになっている。八角がふわっと鼻にぬけ美味。

 手前は鉄玉子、角煮(後述)のタレで複数日煮しめることを繰り返し完成する逸品。
 単品だと¥150。

 後ろでぼけているのがセットのスープ。
 上湯の優しいスープだ。

■角煮定食Kakunitsyk00
 写真、角煮の左裏に刻み高菜漬け。
 魯肉飯と同様のスープがフレームアウト。
 スプーンではらはらと崩れるくらいに柔らかく仕上がっている。
 黒胡椒がアクセント。最後まで飽きずにいただける。

 むむぅ。角煮の厚さが伝わらないか……?
 別アングルで。Kakuni_up
 後ろのご飯が見えない。まるでオーストラリアのエアーズロックだ。

 デーザートもある。
 杏仁豆腐をいただいたが、ほのかな薬膳の香りで、ゼラチンを不使用の柔和な舌ざわり。
 写真は(ヨーグルトにも見えてしまうほど)普通なので割愛。

 愛玉(オーギョーチー?)は未食。

 そうだ、家呑みの〆用にこれを買って帰ったこともあった。
 冷蔵庫に入れておけば、2~3日日持ちするそうで。
■ちまきChimaki_cv Chimaki_off
 米間に覗く黒色はプルーンだったような……。

 以上。ほぼほぼ写真を出し切った。
 異なるものを食したら、またUpする。

Taiwan_ins

 この地に店を開いて34年になるそうだ。最初はカウンターだけの構えだったそう。
 二代目さんがいらっしゃらない様子。無理をなさらず養生しつつ、末永く続けてもらい。

 

食べログ グルメブログランキング

 

台湾料理 台湾  
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:台湾料理 | 巣鴨駅庚申塚駅巣鴨新田駅

|

« 「Zaika」 @ 糀谷 | トップページ | 「うさぎや」 @ 浜町 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/65082691

この記事へのトラックバック一覧です: 「台湾」 @ 巣鴨:

« 「Zaika」 @ 糀谷 | トップページ | 「うさぎや」 @ 浜町 »