« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

クレソンが咲いていた @ 「料理の育元」

 

Ryri_ikugen_outs
D_menu00

 東松山で友人と会食。
 友人が予約を入れてくれていた。

 森林公園に近い熊本ラーメンの「育元」が別ブランドを立ち上げたと聞き、これは行かなければ、と思っていた。
 その名も料理の育元。――まんまじゃないか。

 靴を脱いで中へ。
 席に着くなり、酒を選びに保冷庫前に。Cooler

 “鍋島”の左にあった酒をチョイス。こちらだ。
◆十四代 本丸 秘伝玉返し14dai00
 酒器は錫。酒を美味くする魔法の金属である。
 で、一合の値が裏ラベルの横にさりげなく表示されている。
14dai_600  なんと、¥600!

 あり得ないような良心価格に驚きつつ、会食スタート。
Table00  テーブルの上には品のある調味料入れ、中央の四角い容器には藻塩が。Moshio00

 飲み物メニューなども載せておく。
D_menu01
Menu_00
 料理はコースのみ。今回の予約は¥5000コース。

 お通しがきた。Hashi00
■トコブシTokobushi00
 日本酒に合わせたような、ナイスなお通しである。

 さてさて、これから凄かった。
 呑みのペースに合わせて、こぎみ良くサーブされる料理の数々をどうぞ。

■牡蠣(兵庫県産)Kaki00
 すでに味が付いている。そのままいただく。

■鯖刺しSaba_goma0
 胡麻だれでいただく。これ、初体験。
 それにしても素晴らしい鮮度。脂も旨し。

■刺し盛Sasimori00
 ホタテの貝柱の下にはホタテの白子が隠れていた。
 濃厚な味わいに酒がすすむ。

 後で調べて判ったのだが、ホタテの生殖巣は雄は白色、雌は赤色なんだそうだ。
 いやぁ、ホタテ白子、初体験だったかも。

 刺し盛、先の藻塩で行っても良いかと。

 と云うことで、十四代は蒸発するようになくなり、次の酒。
◆栗林Riturin00
 音読み、“リツリン”と読む。
 秋田県は栗林酒造店の逸品。裏ラベルも載せておく(ちょっとピンが合っていないけれど)。Riturin_ks
 酒米“美郷錦”??
 これも後で調べたのだけれど、秋田県農業試験場で“山田錦”と“美山錦”を人工交配し出来た酒米だそうで、比較的新しい品種のよう。
 しっかりした風味で穏やかな甘み。良い感じである。

 さて料理は……
■鯨の尾の身Kujira_o_00
 濃厚な脂。ニンニクスライスでピリッとしまって、口中はお祭り状態。
 びっくりした舌を栗林でなだめる。
 このサイクルはやばい。

 次は焼き魚。
■カマスKamasu00
 うーん。別アングルも載せておく。Kamasu01
 カマスのボリューム感が伝わるか?

 次は煮物。
■若竹煮Wakatakeni00
 上は山椒の葉。
 旨口の酒を行っているからね、こういう辛味が料理と酒の相性を増して、双方を引き上げてくれるようだ。

 と、栗林がなくなって……。
 次ぎに出る料理に合う日本酒を、とスタッフさん(優華さん?)にチョイスをお願いした。
◆福田Fukuda00
 長崎県、福田酒造の逸品。Fukuda_ks1

 で、料理が。
■パクチーとクレソンのサラダ & 2週間エージングのヒレステーキFilet_00
 ヘビー級のパンチがきた。
 大丈夫か“福田”?

 これが大丈夫。しっかりと受けて、対等にやり合っていた。
 福田、独特の香りがあって美味かった。

 ヒレの断面を載せておく。Filet_up
 ミデアムレア。肉汁にこちらがとろけそう。エージングでアミノ酸が増しているのだろう。

 サラダも美味。クレソンが咲いていた。Cresson

■筍姫皮とアサリの炊き込みご飯Himekawaghn00
 香りが素敵。上の山椒に負けない風味である。

 下に影になっているのは、
■ジャコ山椒 Jyako_ss
 こういう箸休めが嬉しい。
 福田が少し残っていたし。

 あとから登場の、
■三ツ葉のスープ3l_soupe
 これも香りが良い。そして、胃の腑に沁みこむような優しい味わい。

 以上。
 料理と日本酒のマリアージュを堪能した一夜であった。

 それにしても、このコースが¥5000とは信じられない。酒代は別だけれども、酒たちも破格だし。すばらしいコストパフォーマンスだ。
 味・クオリティも凄い。

 見ると熊本ラーメン「育元」の店主が厨房に立っているんだよね。当たり前か(汗ゞ
 あちらの「育元」は若手に任せて、新たな地平に踏み出したか。
 爽やかな驚きを感じる。
 エールを送りたい。
 新たな地平でクレソンのごとく花開いた「育元」に。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 東松山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「難地」 @ 大山

 

Nanchi_outs1

 難地って、凄い店名だ。
 Webで調べたら、“東京都中華料理生活衛生同業組合”のページ『中華萬菜』が引っかかった。ひょっとしたら、結構な老舗なのかも。

Counter
Table

 店内はカウンタとテーブル3卓の小体なお店。
 出前もこなし、見ているこちらが目が回りそうなほど忙しい時がある。

Menu01
Menu02

 ファースト・コンタクトでいただいたもの。
■五目ワンタン麺5eyewantan00
 五目麺はやっぱり塩ベースだった。自分の好みだ。
 玉子のカットが芸術的。具材にはヤングコーンまで入って、ありがたいことである。
 麺とワンタンのUpも載せておく。

Menup
Wantanup

■半チャーハンHancyahan
 フワフワの炒飯である。ラードの香りも良し。

 再訪。
■納豆炒飯Nattocyahan00
 自分、納豆、大好きなのだ。
 ご飯に納豆が合うのだから、炒飯にだって合うに決まっている。
Nattocyahanup  納豆の食感と香りがプラスされて、独特の味わい。自分のツボである。

■半ラーメンHanraumen
 “半”のラーメンがあるのは嬉しい。素敵なサービスだ。
 醤油系、懐かしい支邦そばのごとき佇まい。

■餃子Gyoza00
 野菜多めの餡だけれど、しっかりジューシー。美味し。

 再再訪。
 おすすめメニューから注文するお客さんも結構いらして、それをまねた。
Menu03  この日のおすすめから……、
■麻婆もやし丼・半ラーメンMabomoyashid
 後ろが半ラーメン。寄っての写真は先とかぶるので割愛。
 “麻婆もやし”とは、なかなかのアイディアである。
 麻婆豆腐では食感が飽きてくる向きがあるけれど、もやしだからね。シャキシャキ感が良い。

 あぁ、他にも色いろ食べてみたいメニューがある……。
 “油淋鶏”などもレギュラーメニューに入っていて、人気のよう。
 そうそう、メニュー表の最後に <その他ご注文に応じます> とあって、メニューリストにない、“エビチリ”を頼んでいる客人がいらした。それに応えていたからね。その言葉に偽りなし。
 正直、「スゲーッ!」って、思った。

 街の中華屋さん的装いであるが、本格的な中国料理までこなしてしまう隠れた名店と言えそうだ。

Nanchi_outs2

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 大山駅要町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「吟庵」 @ 京成高砂

 

Ginan_outs

 散歩中に見つけた。
 場所は葛飾区新宿ポンプ所の近く。外観写真、遠目の緑は中川の土手である。
 “会津山都蕎麦 そば粉100% 本格手打”の言葉が気になって、帰宅してから調べた。すると、2007年6月放送とちょっと古いがTV『アド街ック天国』で紹介されたことのあるお店。Web版に記された紹介記事では“プロも一目おく名店”とある。

Table00
Table01

 入って右手側にガラス張りの蕎麦打ち場がある。
 写真、卓上のリモコンはTVのもの。TVは確か反対の左後ろ側。

■鴨つけそばKamotuke00
 100%なのに、綺麗な蕎麦だ。熱いつけ汁にくぐらせてもしっかりしている。
 これは会津山都産故か? いやいや、店主の腕なのだろう。

 つけ汁、春菊の下には炙った長葱と鴨肉がある。Kamotuke01
 鴨・葱は定番の組み合わせだが、鴨の脂に春菊の香りと苦みがまた合う。

 そこに100%生粉打ちの蕎麦である。――至福。

 再訪。
■天つけそばTentuke00
 これは初体験の仕様。
 温かい天ぷら蕎麦、あるいは冷たいつゆに天ぷら別盛りの天せいろは普段よく見かけるスタイルだが、温かい天ぷら蕎麦の蕎麦別盛りパターン。

 先の鴨つけも同様だが、自分は温つゆには蕎麦のほうに七味を振っていただく。Soba00
 この方が七味の香りが立つ。

 大振りの海老天が素晴らしい風味とプリプリ感で良かった。Tentuke01
 つゆが沁みたころもも好き。

 これまた至福の時だったが、蕎麦湯はちょっと飲みづらかった。Sobayu00
 そこはご愛敬。

Menu00
Menu01

 メニュー、“鴨そばがき 中”は朱で消し込まれていて、今はやっていないそう。
 次回は“鴨そばがき 大”をいこう。すいとん状のそばがきだそうだ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 京成高砂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「GORI」 @ 西麻布

 

Gori_outs00

 散歩の途中で。事前調べ無し。
 青山霊園から麻布十番方向に抜けようとして発見したお店GORI
G_kanban
 ワイルドだけれどどこか可愛らしい店名と、看板にあったメニューに惹かれた。
 “漢方豚”って?

Counter
Table
 店内はどーんとした白木のカウンター。テーブル席の方は採光たっぷり。

L_menu00
 メニューには「漢方牛のキーマカレー」なるものもある。気になる。
 が、ここは最初にビビッときた豚のほうで。

 この日は暑かった。まずは冷たい物。
◆ル・タン・ド・フリュイ ロゼ パンプルムースRose
 サングリアを所望したところ、(サングリアが切れていたのか)こちらのワインリキュールを勧められた。
 柑橘の酸味と苦みがシャッキと美味。

 帰宅後調べたら、フランスはラングドッグのワイナリー「マス・ド・ジャニーニ」作。ロゼワインにオーガニックグレープフルーツをブレンド。度数8%と低アルコール。
 暑い時分の食前酒としてナイスなチョイスだった。
 ちなみに、現在、通販サイトでは品切れ状態だ。

■川田農園の無農薬サラダSalada
 野菜が美味し。
 この豆状のものは何だろう? とんぶりが大きく成長した物のように見える。

■伊達の漢方豚ランチButa00
 迫力の肉厚が4キレ。火入れもJust。Buta01
 お店のホームページに漢方牛に関しての詳しい説明がある。おそらく、豚のほうも同等であろう。
 香りが良くて、脂も旨い。
 牛でのデータだが通常のものと比較すると、アミノ酸が1.5倍、グルタミン酸が2倍とのこと。

 奥の小皿は野菜用の特製マヨネーズ。
 別アングルで後ろの野菜たちを。Buta02
 野菜たちも美味い。グリル(?ロースト)され甘みが前面に出ている感じ。

 こうなれば、牛も試してみたくなるでしょ。
 再訪で。
■漢方牛のキーマカレーCurry00
 こちらにも火入れされた野菜たちがふんだんに盛られていて、栄養バランスが良さそう。Curry01

 辛いのがお好きなら、と自家製唐辛子スパイスが登場。Karami
 これを混ぜると、優しかったキーマがキリッとしまって、またまた美味し。
 もちろん、中心には漢方牛の旨味がしっかりとあって、スプーンが止まらない状態に。

 漢方牛/豚や、野菜だけではなく、魚にもこだわりがあって、九州から仕入れているらしい。
 ちなみにこの日の地魚ソテーは鰆だった。
 ランチパスタも、“ミートソース”なぞと聞くと、気になってしょうが無い。

 本領発揮はディナータイムなのであろうが、ランチのメニュー構成とコスパは魅力的。
 散歩の途中で、またふらっと寄ってしまいそうだ。

Plate

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ステーキ | 乃木坂駅六本木駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やぶき」 @ 瑞江

 

Yabuki_outs01

 瑞江で見つけた。こう云う街蕎麦が気になる。
 まず、住宅地にとつぜん現れる感じがそそられる。

Yabuki_ins01
Yabuki_ins02  店内、上隅にTVがあるのも良いかな。

Menu01
Menu02
 メニューにカレーライスがあるのも、ね。

 最初に頂いたのはこちら、
■鳥南ばんTorinan01
 鶏はみずみずしさとプリプリ感があって、マッチ棒サイズの葱がシャキシャキで。
 蕎麦は香りのあとに甘みがきて。
 真っ当。
 リフトアップした写真のピンがいまいちだけれど、outしておく。Torinan02

 こうなれば、蕎麦屋で中華、いってみる?
■五目そばCyk5eye01
 女将さんは“中華五目”とオーダーを伝えていた。
 ナルトが2キレ、かまぼこが3キレ。キャベツ、長葱。椎茸、ゆで玉子は1/2。肉は鶏肉。(鶏肉の五目そば、て初体験だ!)Cyk5eye02
 で、このスープ、胡椒、辣油が散らしてあって中華の塩そばとしてバランスがとれている。だけれどやはり、中華屋さんとはひと味ちがう。
 麺は玉子麺かな。Cyk5eye03
 初めての味わい。自分が既成概念として持ってしまっている中華の枠は何だったのだろう。見当外れのマウンドから投げられ、大きく曲がってその中華のストライクゾーンにバッシと決まった感じだ。

 どんぶり物もいってみた。
■開花丼Kaikadon01
 どんぶりではなく、円形のお重仕様。
 豚肉の開花丼だ。牛肉が開花丼、豚肉は他人丼とする説があるけれど。

■小きつねそばSyo_ktns01
 揚げの染み具合がLovely。
 写真、今度は良い感じにピンがあった。

 小かけ、小たぬき、小きつね、とかが嬉しい。

 バックにぼかした開花丼前の小きつね蕎麦リフト、ってどう?Syo_ktns02

Muracyoko

 

食べログ グルメブログランキング

 

やぶき
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:そば(蕎麦) | 瑞江駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「King George」 @ 代官山

 

Kg_outs

 王冠猫の看板が目印、King George
 もう何度か訪問してからUpしようと思っていたのだけれど、先日の『アド街ック天国』で紹介されちゃったから……。人気=ハードル、上がるほどに入りづらくなるのはしょうがない。

 この日も11時45分頃の入店だったが、すでに満席で「テラスなら空いているのですが」とのこと。
 えっ? テラス?
 と、上階に案内されて、そちらでいただくことに。これはこれで素敵だ。Terrace
 「ブランケットお持ちしましょうか?」との気遣いも嬉しい。

 たわむれに写真を撮りまくる。
Terrace_view これは猿楽橋方向の風景。

 やがて登場――
■Daikanyama Clubhouse Sandwich ¥1800Dkymchs_01
 メニューにあった具材案内は“ターキー・パストラミターキー/マーブルチーズ/キャベツ・ピクルスオニオン/エッグ”。

 ご開帳!Dkymchs_02
 噂に違わぬFull-Volume。

 一辺にかぶりついた時にコーヒーが届いたので、別アングルで。Dkymchs_03

 事前調べでは、紙のカバーが邪魔なんじゃ? と思っていたけれど、逆に紙のカバーが付いていないと、ソースだらだら必至だし、食べられないかもと納得。

 もう腹いっぱいだ。
 階段の横にゴミ箱があった。木のプレートだけテーブルに残し、紙カバー、お手ふき、カップなどはそのゴミ箱に。Gomibako

 ひとつ再認識したことがあった。
 外の光、空気、風景の中で頬ばるサンドイッチは格別だ。
 これから温かくなってくるしね。みんなもテラスに上がりなよ!

 

食べログ グルメブログランキング

 

キングジョージ  
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 代官山駅恵比寿駅渋谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花さんしょう」 @ 若葉

 

Hnsnsy_outs1

 東武東上線の若葉駅を東口(ワカバウォーク側)に出て徒歩で5分ほど。
 ワカバウォークは仮面ライダーのロケで何度か使われている。いやいやそのロケ地を見に行った訳ではなくて、若葉には仕事で足を運んでいる。

 そこで担々麺専門店花さんしょうを見つけて気になっていた。
 Webで調べたら、若葉以外にも、狭山、日高にも店舗を展開している。担々麺にこだわりつつも、アレンジを加えてメニューが豊富で、麺を改良したりと堅実な仕事ぶり。

 のれんをくぐったら、右手に券売機。不慣れなタッチパネル式にちょっと緊張する。Kenbaiki
 券売機は最新式だけれども、内装はレトロチックでほっとする感じ。天井からぶら下がるランプが素敵だ。Hnsnsy_ins1

Counter_set

 お店ホームページに詳しく紹介されているが、こちらでもメニュー写真の一部を載せておく。
 ベースの担々麺からの変化に加え、‘香辣/酸辣/麻辣’ב基本/+野菜/+牛スジ’で9種のバリエーションがある。辛さも‘甘口/一般向き/辛口’と三段階選べる。

Menu1_l Menu1_r

 さてさて、ではこれまでいただいたメニューを。

■特製W角煮担担麺(辛口)Tkwkakuni_00
 玉子麺が複雑刺激的なスープを湛えて見事なバランス。Tkwk_men_up
 角煮は箸で持ち上げようとすると、ホロホロと崩れていくほど柔らかい。

■香辣牛スジ担担麺(辛口)Syanrags_00
 ‘香辣’は‘シャンラー’と読む。
 自家製花椒油が効いている。
 牛スジの味付けに鋭い辛味はない。牛の甘みが辣油・花椒油の辛味と合わさってなかなか良い感じである。
 キャベツのシャキシャキ感と甘みも全体のバランスに一役かっている。

■温玉ご飯Ontamagh_00
 これに牛スジと香辣スープを加えてと……Ontamagh_01
 うむ。美味。

 次は若葉店だけの特別メニュー。
■チーズ担担麺(辛口)Chezz_00
 ベーコンが炙ってある。
 なんか、イタリアンな雰囲気がある。

■餃子Gyoza00
 餃子にもこだわりがあるようで――、メニューにあった解説を載せておく。Menu_gyoza
 その解説にあるように、お酢だけでいってみる。
 薄皮でぷっくりと餡を包んでいる。結構食べ応えがある。Gyoza01

 先の写真、餃子の後ろに写っていたのはライス。
 そのライスにチーズ担担を合わせると……Chezz_gh
 うむ。美味。これはもうイタリアンのリゾットに近い。

 見回すと、アレルギー対応の案内が貼られていた。Annai
 色いろちゃんとしているなぁ。
 まだ‘酸辣’‘麻辣’を食していなし、機会があったらまた寄ろう。

Hnsnsy_outs2

 

食べログ グルメブログランキング

 

花さんしょう 若葉店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 若葉駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »