« 「蕎麦政」 @ 六町 | トップページ | 「たなか」 @ 西小山 »

「ボタン」 @ 東武練馬

 

Botan_outs

 散歩スタートに合わせたモーニング-シリーズ。
 前回レビューの「蕎麦政」@六町もそうだったのだけど、アピールしていなかった。

Menu01 Menu00

 こちら「ボタン」は朝8時から深夜0時まで通し営業。ウリはモーニングだけではないが、自分は朝利用。
 そして、昭和の雰囲気を今に伝える老舗。行ってみたかった“喫茶店”であった。

Botan_ins
Dolls

 メニューはホットケーキから、うどん、ビビンバまであって、何でもあり状態。

Menu_m

Menu_s Menu_a

 では、モーニングメニューから。
■ハムエッグ とろ~りチーズのオープンサンドHamegge00
 「ボタン」版クロックムッシュ、といったところか。
 玉子がゆで玉子スライス。“茹で”でしか出せない玉子の風合いがミソ。
Hamegge_up ハムは下敷きになってチラとしか見えないけれど、ガブリといけばその存在感は盤石。
 トーストの厚さも良い感じだ。

 画的に普通だけれど、アイスコーヒー写真もUpしておく。Icecoffee

 別の日。
 ゲーム卓でいただいてみた。Game

 こちらもモーニングセット。これで¥750。
■ロースハムカツのセットHamkatsu_00
 右のガラス容器に入っているのはフライ用のソース。
 付け合わせにナポリタン。小ライスにはお新香までついて、この値段は安い。
 ボリュームたっぷり。朝食がこれならば、ちゃんと働かなければなるまい。Hamkatsu_up

 でもやっぱり……、ゲーム卓は食べづらいね。
 しかししかし、この雰囲気も味のうち。

 「ボタン」、立地は旧川越街道から赤塚村に向かう道の分岐点、追分にある。
 時代をさかのぼれば、「ボタン」はそのまま街道沿いの茶屋である。旅人が串団子を頬ばって、いっぷくしていそうだ。  外観写真、左に見切れているのは「北町観音堂」。江戸東京歴史研究におけるひとつのポイントに、こうした骨董品的喫茶店が残っていて、現役をはっている。―― 何か暗示的。不思議なパワーを感じる。この追分は時間の流れが遅いのか? そんな訳ないよね。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:喫茶店 | 東武練馬駅

|

« 「蕎麦政」 @ 六町 | トップページ | 「たなか」 @ 西小山 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/67609741

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボタン」 @ 東武練馬:

« 「蕎麦政」 @ 六町 | トップページ | 「たなか」 @ 西小山 »