« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

「来集軒」 @ 八広

 

Raisyuken_outs

 「来集軒」の屋号は都内に散見できる。一番有名なのは東京ラーメン発祥の店とも言われる浅草「来集軒」。他、西から、下井草新馬場御徒町(閉店)台東区清川〔南千住〕墨田区京島〔小村井〕、八広、堀切菖蒲園東大島。埼玉にも在って、浦和加須元町加須久下
 知っているだけでも両手の指が折れる。
 来集軒の歴史はこちら「喜劇 らーめん食べ歩き」に詳しい。リンクを貼っておく。

 すべての来集軒を廻って見た訳ではないが、今回紹介の八広「来集軒は下町特有の活気と醸し出されるディープさにおいては、突き抜けたレベルであろう。

 行くといつもほぼ満席状態。相席必至。Raisyuken_ins
 壁のメニュー短冊が撮れなかった。ご容赦。

 みんな呑んでいるから、自分も呑む。昼間だけど。
■ハイボールHigutball
 ここでハイボールと言えば焼酎ハイボールだ。
 かっぱえびせんがお通し。

■餃子とヤサイイタメGyoza_and
 餃子と焼酎ハイボールは最高にイケテル組み合わせと思う。Gyoza_dm
 ヤサイイタメは、しっかりお肉も入っている。そのコクが野菜を旨くする。Yasaiitame_up

■半チャーハンHancyahan_00
 ふかふか。塩梅がよろしい。

■五目ソバ5eyessoba
 ナルト2枚の他、紅白かまぼこも。
 玉子も3種。うずら玉子と向こうに厚焼き玉子、下に具材らを閉じた玉子。
 肉もチャーシュー ――このチャーシューが旨い―― だけでなく、たっぷりの豚こまが玉子に閉じられていた。5eyessoba_niku
 一段と豪勢な五目ソバだ。これで¥650は安い。5eyessoba_up

 変わったところで、こんなメニューもある。
■カツソバKatusoba
 かつ丼の頭が乗ったスタイル。Katusoba_kdm
 こちらも¥650。Katusoba_up

 ここは危険だ。ついつい“呑み”に走ってしまう。
 ハイボール¥300。餃子¥300。安いのだよね。
 ヤサイイタメ¥400。ピーマン抜きも対応。
 ラーメン、ソースヤキソバはジャスト1コイン¥500。
 半チャーハンは値段忘れたけれど、おそらく¥300程度。
 そうそう半カレー、半ラーメンもオーダー可。
 サービス精神旺盛なんだな、きっと。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 八広駅鐘ケ淵駅東向島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「舞い鶴」 @ 湯島

 

Maituru_outs

 以前から気になっていた有名店、舞い鶴
 ようやく行けた。

Window
Tana01

 TVの露出も多いから、その概要は知っていたのだけれど、今回改めて調べたら、「白梅商店会」のページがひっかかった。
 こちらのページによると、“昭和55年創業の喫茶店を天神下に移転してから奥さんが経営。干しぶどうがたっぷり入ったぶどうパンが自慢。400gのパン生地に200gの干しぶどうが入っています。”……と、この辺は承知していた。
 これに続いて、“お店で売られているパンは毎朝宮内庁へも届けられています。”――!
 これは知らなかった。宮内庁御用達ってこと?
 いやいやいや、驚いた。

 オーダーは野菜コロッケバーガーとぶどうパンセット
 野菜コロッケバーガーは棚から選んだもの。後ろはぶどうパンセットのコーヒー(アイスで)。Croquetteb
 ぶどうパンはトーストされてから登場。Budoupan_00
Budoupan_01

 野菜コロッケにはトウモロコシなども入っていて美味。
 ぶどうパンばかりでない。サンドイッチや惣菜パンも魅力的な品が揃っている。

Tana02

Budoupan_02 ぶどうパントースト、裏から見たらさらにぶどう多し。これは偶然か?

Kanban00

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:喫茶店 | 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Pas A Pas」 @ 高の原

 

Pasapas_outs

 奈良、第二弾。
 「高の原」、“新興住宅地”と言って良いのかな? 綺麗に整備された街並みである。チェーン店とか大手資本が入った外食屋さんしかないのでは、なんて思っていたら、こんなお店があった。

 Pas A Pas。ホームページの流れる文字を追いかけると――
“料理に合う美味しいワインも日本ソムリエ協会認定ソムリエのシェフとマダムが厳選し、取り揃えております。”
“フレンチレストラン パザパ がご提供するフランス料理には、季節の新鮮な食材とオーガニック有機野菜を使用しております。”
 ――とある。うわぁ。なんか本格的!!

 京都から乗る新幹線の時刻が迫りつつあったけれど、ランチでお邪魔した。

Pasapas_ins
 お洒落な外観からの期待通り、内装もシック。テーブルには小さな花。

Flowers

 まずは、飲み物。
■梅香泡 ¥800 (250ml)Awa00
 能勢酒造株式会社の逸品。
 不思議な酒造メーカーだ。創業300年と老舗なのだが、ホームページを見ると水と炭酸飲料とお茶の商品しか現れない。
 こちらの梅香泡は、紀州産完熟梅とブランデー、そして能勢の天然水から造る“NOSE MINERAL SODA”を使用したスパークリング。アルコール度数は4%。

 ではでは、¥4800のコースランチ。
■オードブルHorsdoeuvre00
 この日は、きのこのテリーヌ、サンマの軽い燻製、サーモンのタルタル。
Horsdoeuvre01 仕事が丁寧。ソースのあしらいも美しく、つかみはOKといったところ。

■ゴボウのポタージュGobosup
 泡はエスプーマか??
 お皿右のパウダーはシナモンだった。案外ゴボウの香りと合うのね。

 パンも自家製か?
Bread 写真を載せておく。

■タチウオのソテー ブルーブランソースTachiuo00
Tachiuo01
 この料理に限らず、ソースは変更/アレンジ可能で、客人の好みに対応していた。

 メインの肉は数種から選ぶスタイル。
 この日は、豚、鴨、牛とあって、選んだのは――
■牛ランプ肉のマデラソースRamp00
Ramp01  肉の下にはインディカ米のような穀物が敷かれていた。お米も野菜にひとつ、を付け合わせとして使用したわけだ。

 ラスト。デザート。
■紅茶のパンナコッタとブルーベリータルトDesert00
 パンナコッタの上には紅茶のグラニテが乗せられている。
 ブルーベリータルト、Up写真もどうぞ。Bby_taluto

 肉も魚もばっちり。
 そして付け合わせの野菜も美味い。
 やはり、仕入れからこだわりをもって臨んでいるようである。

 普段、東京かその近郊でしか食べ歩いていないのだけれど、地方の閑静な住宅地の中にも目を瞠る本格レストランがあるんだね。
 驚いた。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:フレンチ | 高の原駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もく」 @ 大和西大寺

 

Moku_outs

 叔母の見舞いに奈良に行った。
 奈良に入った夜、従兄弟に案内してもらったお店。こちらが基幹店で、市内に姉妹店があるとのこと。

Sumibi00  炭火、火の上には排気ダクトが構えている。

Menu01
Menu02

 生ビールから始まり、色いろ焼いて食った。
 久しぶりに会う従兄弟との会話に夢中で、どの部位をどういった順番で食したか、まったく覚えていない。けど、まぁ、写った色味・形から何となく判るか。
 ずらずらと並べてみる。

Kimuchi
Tan00
Tan01
Tare00
Karashi00
Karubi_and_00
Karubi_and_01
Sake00
Wagyu_yubiki00
Niku_000
Niku_001
Niku_002

 大葉が添えられたメニューは、和牛すじ湯引き。
 見たことない品なので注文してみた。
 かき混ぜて、皿底に落ちたポン酢のようなタレと葱をからめると美味。

 〆は、もく自家製クッパ。Koppa00
 様々な部位の端切れが使われているようだ。スープの旨味に一役かっているにちがいない。Koppa01_2
 “大人気”のマークに納得。

 お店は満席だった。家族連れも。
 コスパも良いし、味も良いし。
 満席にも納得。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:焼肉 | 大和西大寺駅平城駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「角」 @ 方南町

 

Kado_outs

 ご覧のように角地に建つ食事処

 昼のサービスランチ、「焼魚」は大概あるが魚品種が変わるよう。肉料理と和定食は自分が見る度に違うことが多い。

Kanban
Menu_ossm

 店内に入ると、他のメニュー案内もあった。
Menu_bord
Menu_tnpn
 席構成は、テーブル席が主だが、写真右手側にはカウンターもある。
Ocya_

■和定食+単品Wateishok_and
 この日の和定食、「まぐろさしみ、焼なす、焼やさい」に単品「ごま和え」をプラス。
 焼なすは綺麗に皮がむかれ、丁寧な仕事ぶり。焼やさいのオレンジ色のものはパプリカ、甘みがあった。ごま和えは、まぁ普通だったけれど、ごまの風味が定食全体に対してのカウンターになったようで、頼んで良かった。お味噌汁はあさり。
Sashimi00 メインのマグロはいい感じで脂がのった中トロ的な部位。美味し。
 お新香まで、一工夫あるようで、美味かった。

 別の日。
■カツレツKaturetu_all
 お肉のサービスランチが、カツレツだった。
 叩いて柔らかく広げた豚カツに玉葱をあしらった特製のソースがかけられて出てきた。Katuretu_up
Katuretu_dm
 お店の看板に“とんかつ”の文字あるし、揚げ物系は間違いない美味さ。

 そうそう、カツカレーを頼んだ客人がいたんだよ。
 うまそーに食べていた。
 今度来たら、サービスランチじゃなくて、レギュラーメニューから頼もうか。
 でも、和定食も魅力的だし……。

Menu_sl_ad

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:とんかつ | 方南町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美可和家」 @ 西麻布

 

Mikawaya_outs

 もう何年前だろう、西麻布の坂巡りをしているときに見つけたお店。当時は堀田坂から工事中の六本木ヒルズが抜けて見えて、そこから鉄砲坂、北条坂をめざし、外苑西通りへカットしようと路地を回り込もうとしたとき、その角に美可和家を見つけた。
 西麻布の瀟洒な一画である。そこに昭和の趣たち昇る渋い蕎麦屋があった。
 逆にそこだけ、輝いてみえるような錯覚を覚えた。

Mikawaya_ins

 で、今は二代目さんが店を継ぎ、創業50年を迎えたのだそうだ。Annai01
 素晴らしい!

Menu02
Menu01
Menu03


Kokuban

 これは二代目になってからか。創作系メニューが結構多い。
 そしてさらに、トッピングシステムを取り入れてるなんて! そんな蕎麦屋あるか。

 いろいろ迷うこと必至。初回訪問時は迷って結局シンプルに。
■冷やし肉南ばん そばHynikunan00
Hynikunan01
 蕎麦はクロレラで緑がかっている。風味は蕎麦のママ。
 神田藪がこの手法を使っていたかと。え、藪系?
 まぁ、それは推測の域を出ない。ここはひとつ、肉南が生姜風味で、ワサビと違ってこちらもいけていたことを添えておく。

 実は、写真右上に移っている「味付けもやし」がまたクセ者で(ランチサービスなのかな? 付いてきた)。これをトッピングしたら、またまた美味。
 ナムル的にそのまま食べても良いし、様々なメニューにあう引き立て役になっているようだ。

 再訪。
 昼から呑みに入った。
 まずはボードにあったこちら、
■レモンサワーLemons_and
 柿ピーはお通し。

■板わさItawasa
 中央、鰹節を和えたワカメが一仕事。

 日本酒ありますか?
 と尋ねたところ、アルコール系のメニューが出てきた。Menu_dr

■刈穂吟醸Karihoginj

 注ぎ方見事。

 先ほどのアルコールメニュー、裏を返すと「夜のお品がき」。Menu_tm
 お昼なので準備されておらず、提供できないものが多いが、こちらは注文可能であった。
■ポテトサラダPotesara
 黒胡椒が大人の装いを演出、乙な一品になっている。

 さて、〆。
■冷しきつねトッピングとろろ そばHysktn_trr_00
 うわぁ、盛りつけが格好よく決まっている。
 トッピングの度に盛りつけをアレンジし、Fixするのだろうか。
 例の「味付けもやし」も付いて、歯応えのアクセントに。
Hysktn_trr_01

 いやいやいや、あなどれない。
 50年の歴史を大切にした上での、新たな一歩。
 ふるく懐かしい反面、斬新。

 夜かなぁ? この美味さを満喫するには夜なのか……?

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 広尾駅六本木駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »