« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

「別邸 竹の庵」 @ 銀座

 

Hyosatu

 アサヒナフードイノベーションが運営するレストラン。
 ビルの3階にあって、しかも全席完全個室。隠れ家感MAXである。
 接待や商談、そしてデートなどにはうってつけ。

 こういう処でしっぽりと会食することも、たまにはある。
 オンラインで予約。コースは“極・参”と呼ばれる鍋会席。Menu_00

■落花生葛豆腐
Sakiduke00 Sakiduke01  ピーナッツ豆腐。香りとコクが独特だ。
 右後ろは“まずは”のビール。

■お造り(鰤・黒ソイ・牡丹海老)
Otukuri00  牡丹海老がやや小ぶりな感じもするが、二尾付いているから良し。

 と、早くも日本酒に。
 竹筒で供された。
◆田酒
Densyu00  こちら「竹の庵」グループ。日本酒の揃えがなかなか良い感じ。
 頑張って買い付けているようである。

■秋鮭と焼き林檎重ね焼き
Yakimono  クリームの右側にリンゴが覗いている。ミルフィーユ的に重なっているんだ。
 黄色いソースは酢味噌ではなくて、カスタードクリームのような塩梅。
 アップルパイもカスタード合わせることあるしね。
 でね、この器が面白い、って思うのは自分だけ?

■蟹真丈みの揚げ
Agemono  山椒塩で。
 蓑状の衣はジャガイモだったかな? メモし忘れ。

 刺し盛、焼き物、揚げ物ときて、次はコースのメインである鍋。
■十勝和牛すき焼き
Syabu00 Syabu_ys  すごいたっぷりの野菜たちでしょ。厚揚げは豆腐から自家製。(写真は2人前)

 “すき焼き”と言いつつ、たっぷりの出汁で煮るようにして頂いた。Syabu_nb Syabu01

 実はここまでで、お酒を何杯かお代わりしている。
 酒メニューの一部を乗せておく。Sake_m

 で、このメニューの中から、
◆ロ万
Roman  冷やおろしだとガラスの容器になるのかな?
 おちょこの造作がシンプルだけど美しい。

 で、〆にいく前に追加オーダーを2点。

■長芋の酒盗和え
Ngaimo_syt  日本酒に合うよね~。

■アボガドとクリームチーズの茶碗蒸し
Cyawanms  日本酒に合いそうな素材たちが茶碗蒸しでひとつに。
 しかし、この組み合わせは初体験。まったりしてたよ~。

 鍋に出汁を足して作った。
■桐生ひもかわうどんUdon
 すき焼きに使った十勝牛の風味を含んで素晴らしいコクと旨み。

 デザート。
■紫芋アイス
Mskim_icec たっぷり芋感。

 お店のホームページに記されているけれど、この“極・参”コースが¥8300。個室料・サービス料が取られないことを考えると、けっこうリーズナブルでは。
 アルコール類がこれに倣ってロープライスなら嬉しいのだけれど、レアな酒が多いから、難しいか。
 もっとも別邸 竹の庵の強みは料理や酒だけでなく、ひとときの親密な時間と空間を提供できるところにもあるのかと。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もりもと」 @ 五反野

 

Morimoto_outs

 足立区梅田「ゆめろーど千代田商店街」のお店。最寄り駅は東武スカイツリーライン五反野駅。
 昔から気になっていた、洋食も中華も、という一軒。初アプローチは2016年6月。以後半年間に3回もリピートした。地元生活圏のお店は別にして、自分としては最高のリピート率を記録したレストランである。

Window_02
Window_01

Morimoto_ins

 初回はウインドー内に案内があるこのメニュー。
■チキンカツレツ ミラノ風Chikin_mrn_00jpg Rice_and_misos
 寡黙になってしまう。文句なく美味し。Chikin_mrn_01jpg
 付け合わせのサラダもバランスが取れていて美しい。
 そして、味噌汁が付いてくるのが、またツボ。
 セット注文のサービスで、食後にアイスコーヒーをお願いしたのだが、画的に普通すぎて割愛する。

Menu01
Menu02
Menu03
Menu04

 振れ幅あるメニュー構成に笑ってしまう。
 ビーフ・シチューなどの本格的な洋食メニューもあれば、カツ丼やタンメンもある。
 ハンバーグ類は+¥320で250gサイズにヴォリュームUpできる。

 2nd。
■ポーク・ジンジャーPorkjj
 オーソドックスな洋食メニューを試してみたかった。
 お皿に千切りキャベツと出てきてもOKであったが、熱々の鉄板で供された。
 そこに店主のポリシーを感じる。素晴らしい。

 3rd。
■五目そば5eyessoba00
 中華メニューもいかないと。
 常づね、店の個性が現れやすい中華メニューのひとつが五目そば、と思っているのでこのチョイス。
 「もりもと」の五目そばは醤油味。5eyessoba_men

 何故かこの日はセットサービスにアイスクリームをお願いした。Icream
 甘いのに、熱い口中がスッキリするという、効果があったようだ。

 4th。
■海老ピラフEbipilaf00
 セットのサラダがフレームアウト。
 後ろは……
■カキフライ(単品オーダー)Kakify
 シーフードで攻めてみた。

 “単品オーダー+炭水化物系”でがっつり贅沢にいくのも良いね。
 考えてみれば“洋食×中華”のクロスオーバーでそれができる。もりもとの醍醐味だろう。

Tea00

 腹を空かせて「もりもと」へ行こう。
 次は、「ポークソテー・ハワイアン(単品)+ソース焼きそば」とか、「レバニラ炒め(単品)+カニグラタン」とか挑戦してみようかな。

Window_03

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ハンバーグ | 五反野駅梅島駅小菅駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大枡」 @ 雑色

 

Daimasu_outs

 雑色は水門通り商店街。Def Tech の Micro 御用達。
 ライブ告知用かな? Def Tech のポスターが貼ってあった。サイン付きだ。Deftech

 内装写真を撮るのが大変。人気店故、客足が途切れることがない。
Counter
Tables
 カウンターが空いたときにカウンターの、テーブルが空いたときにテーブル席の写真を撮った。テーブル席写真の鏡にカウンターの客人の後ろ姿が映り込んでいるのはそのせい。
 奥には座敷が在るのだが、客人が入っていたので撮影を控えた。

 では、Micro が“基本”というチャーハンから。
■チャーハンCyahan
 ¥480。ワンコインでおつりがくる。値段も素晴らしいが、評判通り美味。ふかふかのチャーハンだった。

■とりソバTorisoba00
 鶏肉がはいった餡かけをあとからかぶせるタイプ。軽いトロミがうまれる。
 野菜がたっぷり。健康志向でもある。
 肉が少ない? いやいや、肉もしっかりある。 Torisoba01
 大盛りは100円増し。小盛り注文も可能。チャーハン&麺類を行きたい場合はどちらかを小盛りにした方が無難かな。
 コスパが良いからね。そんな注文もしたくなる。

 別の日。
■五目そば5eyessoba00
 こちらは麺のUpを添えておく。Soba_up

■ギョウザGyoza00
 ¥380。やっぱりコスパ良し。
 こちらの餃子は野菜類を敢えて粗く刻み食感を残すタイプ。Gyoza_dm

 最後にメニュー写真を。
Menu01
Menu02
 肉野菜炒めとチャーハンを注文しても千円しない。
 タンタンメンは辛さ調整可能。
 そうそう、夏に撮ったメニューなので、冷やしラーメンなんかもクレジットされている。
 来年の夏には是非。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 雑色駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しょうが」 @ 新百合ヶ丘

 

 ネットをふらついていたら、生姜専門店が目に止まった。その名もしょうが
 気になって行った。初めて新百合ヶ丘に。

 綺麗な街だった。
 新百合ヶ丘のポータルサイトにも、こちら「しょうが」が紹介されている。話がずれるが、こちらのサイトの「しんゆりの歴史」がとても興味深いので、リンクを付けておく。

Mapre

 「しょうが」は駅南口から少し歩いたところにある複合型商業施設『マプレ』2階にある。
 実はこの『マプレ』には、「しょうが」の姉妹店「がらがら」と「祝茶房 紅拍手」も入っている。プロデュースの森島土紀子氏、やるなぁ~、って感じである。

Kanban

 11:42に着いた。11:50には満席に。人気店である。辛うじて滑り込めた。

Menu_l01
Menu_ura

Menu_brd

Menu_d01 Menu_d02

 日替わりランチからBを注文。
 日替わりランチにはサラダバーの他に、お総菜が二品付く。その二品は15種もの中から好みのものをチョイス。面白い趣向である。
 メインも惣菜もすべて生姜を活かした料理になっているのもさすが。

 サラダバーには粗塩ベースと黒酢ベース、二種の味わいのドレッシングが用意されていた。Salada

 サラダを摘まむうちに登場。
 メインはホームページなどからイチ押し感伝わるとんきこで、“煮たてのとんきこ ジンジャー塩&わさび”。Tonkiko
 選らんだ惣菜は、“青のりしらすの生姜冷奴”と“レンコンごぼう人参の生姜キンピラ”。

Kinpira Yakko

Kobachi_and  一緒にサーブされたお味噌汁も具だくさんでよろしい。

Ontherice

 生姜は様々な効能が知られていて、健康指向の者にとってはありがたいメニュー構成かと思う。
 例えば、身体を温める効能とか、冬にはもってこいだよね。
 それにしてもこれだけ生姜メニューが並ぶと圧巻。
 自分も生姜好きだし、自宅近所にあれば重宝したに違いない。……良いなぁ、新百合ヶ丘住人は。

Syoga_outs

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:薬膳 | 新百合ケ丘駅百合ケ丘駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CHANA」 @ 若林

 

Chana_outs

 “三軒茶屋”のお店と紹介されることの多い「CHANA」だけれども、最寄り駅としては東急世田谷線の“若林”になる。

Counter00
Menu00
Menu01

 メニューに“手作りカレー”とある……。勘違いしないように、小麦粉でとろみを出す“家庭料理”とは異なる。野菜とスパイスからじっくり煮出す好ましい重みのカレーだった。

■チャナ(ポーク・カレー 辛口)Chanac_00
 後ろにあるのはミニサラダとして提供のキャベツのピクルス。これ、カレーのあてに美味し。口中がスッキリ、リセットされる感じだ。
Chanac_01 厚切りポークがゴロっと入っているのも魅力的。これがまた柔らかくて、口福。

 別の日。
■キーマ&プラスベジタブルKheemc_and
 キーマにはデフォルトでゆで玉子が付いてくる。
Plus_bg それにプラスベジタブルを追加。揚げ茄子が欲しかったのだ。
 茄子とカレーって合うよね。Nasu_kheem

 “キーマ”と云えば挽肉を使ったカレーだけれど、CHANAは5mm角の超あら挽き。
 やばい、このキーマにはまりそうだ。Egge_kheem

Chana_ins

 カウンターメインの設え、テーブル席もあるけれど4人がけの席は少ない。団体での利用には向かないかも。
 地元のファンと、カレー通が足を運ぶお店と見た。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:カレーライス | 若林駅西太子堂駅松陰神社前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »