« 「浜新」 @ 中村橋 | トップページ | 「デキムラ」 @ 京成高砂 »

「大木唐からし」 @ 両国橋西

 

Okitg_outs

 最寄り駅は浅草橋。“薬研堀”である。
 1625年(寛永2年)、この地で創業。自分の持っている江戸期古地図にも「大木唐からし」の名が確認できる。
 しかし、昭和18年に浅草新仲見世に移転。本店はそちらだ。
 かつての創業地にあるこちらのお店は支店と云うことになる。
 この辺の経緯はWeb『遊歩酔々』に詳しい。
 自分は人混み・喧噪から離れたこちらの店舗で買い物するほうが好みだ。

Window
Oshinagaki00
Ryoukinhyo

 薬研堀・大木唐からしの魅力は、七味の配合を自由にカスタマイズ出来るところ。七味を削って、六味、五味にすることも可能だ。
 自分、京都原了郭の黒七味が大好きだ。黒七味は山椒が前面に出た仕様で、バリっとした辛さが魅力だが、そちらとは差別化を図って、自分仕様の唐からしを設えたかった。

 初回、陳皮(みかんの皮)多めでオーダー。
 しかし、期待していたほどみかんの苦み・香りが迫ってこない。
 再訪し、調合加減を相談すると、“小辛”が良いのでは、とのアドバイス。初回は“中辛”であったのだ。

 現在、まだまだ改良の余地はあるのは確かだが、この「小辛・陳皮多め」でまぁまぁ満足。
 う~ん。次回は山椒か黒胡麻を落とそうか……!?
 ……ってな感じで、まだまだ試行錯誤が続いていることが、一番の魅力かな。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:その他 | 東日本橋駅浅草橋駅馬喰町駅

|

« 「浜新」 @ 中村橋 | トップページ | 「デキムラ」 @ 京成高砂 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/69937444

この記事へのトラックバック一覧です: 「大木唐からし」 @ 両国橋西:

« 「浜新」 @ 中村橋 | トップページ | 「デキムラ」 @ 京成高砂 »