« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

「SENSE」 @ MANDARIN ORIENTAL TOKYO

 

Hs_ins00

 背伸びしてホテル中華である。
 ミシュラン連続星獲得、広東料理のSENSE

Table00

Menu00

 乾杯の泡。Awa000
 後ろの容器が変わっている。Pod00
 開けてみたら、2種の薬味が入っていた。Pod01

■アミューズAmus01
 こちらはお品書きにない先付け的一品。

■ロブスターサラダ。Salada00
 前菜盛り合わせではない。こちらはあくまでもサラダ。全部を混ぜていただく。
 写真どちらかか忘れたが、南方クラゲの傘の内側が添えられている。
 後ろがドレッシング。Salada01

■ホタテと東星ハタの炒めHotate_hata_00
 北海道の帆立貝と沖縄直送のハタがここでひとつに。Hotate_hata_01
 ハタはSENSE定番の食材のよう。

Menu01  乾杯のあとはワインペアリングをお願いした。

■燕の巣を詰めた絹傘茸 たらば蟹爪添え 上湯スープTaraba00Taraba01

■アワビ、二種食べ比べAwabi00
 吉浜干しアワビの煮込みとフレッシュアワビと黄ニラの炒め。Awabi01
 自分としては、干しアワビがストライク。

■サーロインステーキ ブラックビーンソースBeef00
 こちらもSENSE定番。間違いない。Beef01

■海老とホタテのあんかけ炒飯Ankakec00
 豚叉焼も入っていて重層的な味わい。インディカ米の炒飯が合っている。Ankakec01

 ここまで見ると、NARUMI製の食器が統一感を演出。徹底している。

■焼パパイアとハムタン入りカスタードプリンPudding00 Pudding01
 血燕の巣トッピングが冴える。

Okashi

 最後、お茶の選択肢もいっぱいあって迷う。Menu02 Tea

 意識して、バックに夜景を置いての料理写真を撮ったのだけれど、今ひとつ雰囲気が伝わらないか。
 景色も味のうち。

 それにしても、この洗練され具合に驚く、これも広東料理なの?

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花園」 @ 荏原中延

 

Hanazono_outs00

 荏原中延、ゆるキャラ“しょうちゃん”がキモカワの昭和通り商店街。
 この渋い外観と、「花園」と云う暖簾分け/系列店ではないと思われる店名に惹かれ、ふらりと入ってしまった。

 内装も渋くて、良い感じだ。Hanazono_ins00
 これはもう、典型的な“町蕎麦”系。自分の好み。

 ちょうど腹が減っていたので、セットメニューで。
■かつ丼セット(半冷だぬき)Kathudonset00
Kathu_dm
 よもやするとこう云うセットメニューの場合、味噌汁が付いてこない場合もあるが、ちゃんと付いてきた。

 再訪。
■おろしなめこそばOroshinmc_00
Oroshinmc_up
 つゆは江戸前、ちょい濃い目。

■すき焼き丼Sukiyakidon_00
Sukiyakidon_up
 甘辛いツユに牛肉のコク。そして玉子の優しさ。
 美味し。

Menu01
Menu02
 メニュー構成が面白い。
 「うな丼」もあれば、「カレーライス」と「カレー丼」、両方がある。
 定食もあって、揃え・値段設定、良い感じ。

Sobayu
Hanazono_outs01

 やっぱり“町蕎麦”は興味深い。
 創業何年だろう? 今度寄ったら、尋ねてよう。
 「花園」と云う屋号も気になる……。

 

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 荏原中延駅中延駅荏原町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“良い事があれば飲む 無くても呑む” @ 「ミートステーション」

 

Ms_outs

 狛江で呑んだ。
 有名店ミートステーションで。 店名からは某TV番組のものをリンクしておく。Takeout

 オープンの16時を狙って訪問。それなのに先客がけっこういた。Counter

 メニュー写真、一部ブレたけれど、載せておく。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu05

 ホッピーで乾杯。Hoppy00

 メモにオーダー書いて注文。

 まずはこれから……
■モロキューMoroq

■下足わさGesowasa

 と、焼き物が来た。
■牛スジと網レバーKushi_01
 リンク貼ったページに解説がある。
 柔らかな牛すじ串と、レバーに豚の網脂を巻いた網レバー。確かに他店ではお目にかかれない逸品。

Kushi_02 Kushi_03  こちらは“タン”に“カシラ”だったかな?
 卓上には七味の他に味噌だれも用意されている。ぬかりがない。

■蒸鶏サラダMushids
 ドレッシングを4種から選ぶ。チョイスは“和風”。

■白菜漬じゃこ炒Hakusai_jyako
 じゃこ・魚粉・柚子皮、これらが白菜の歯応え、漬け物の酸味とマッチ。

■しそ入りたくあんShisotakuwan
 こういう細工が良いよね。

Potatopizza  こちらは確か“じゃがチョリマヨネーズ”だったかと。

 串焼きに戻って……
Kushi_04  右の“うずら”が凄い。殻ごといけるうずら玉子。
 食べて見ると、殻の食感と香ばしさが驚きの美味さ。

■ハンバーグ チーズ 目玉焼きHamburg00
 ここ最近食したハンバーグのなかで1,2位を争う美味さ。
 タン元からさらに下の部位まで使用しているそうで、のど軟骨っぽい歯応えも感じられる。Hamburg01

 ここまで来て、実はホッピーから焼酎お湯割りに変わっている。Mu1butu_00
 壱岐の蔵酒造は“無一物 五年熟成”のお湯割り。Mu1butu_lb
 壱岐は麦焼酎発祥の地と言われているそうな。こちらも麦。
 裏ラベルも載せておく。Mu1butu_ks
 “W・T・Oのトリプス協定”……世界貿易機構(WTO)のAgreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights=知的所有権の貿易関連の側面に関する協定。
 居酒屋のカウンターでこんな難しい話にぶち当たるとは思ってもいなかった。油断した。

 〆に、
■うどんカレーチーズUcc_00
 カレーうどんのチーズ焼き。画的に先の“じゃがチョリマヨネーズ”とかぶってしまったな。Ucc_01

 今回はあまり紹介できていないが、アルコール類も自家製のサングリアがあったりして、ぶ厚いラインナップとなっている。
 肴類は言うに及ばず。
 値段も安いから、“良い事があれば飲む 無くても呑む”ってことになるのだな。Menu06

 狛江の人が羨ましい。素敵な居酒屋だ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:居酒屋 | 狛江駅和泉多摩川駅喜多見駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「冨岳」 @ 瑞江

 

Fugaku_outs

 ここのフライは美味い。Annai

 カウンター、テーブル、小上がりとそろっていて、使い勝手が良い。Counter
Table
Koagari
 コスパも良いので、お一人様から家族連れまで、入れかわり立ちかわりで内装写真を撮るのが難しかった。

 ドレッシングは3種。壺の中にゴマ、塩、七味が用意されている。Tubo

Menu01 Menu02

■エビ・ヒレ定食Ebi_filet_t00
 お新香、冷奴も付いてくる。
 冷奴はしっかり水切りされていた。細部まで手を抜かない、丁寧な仕事ぶり。

Ebi_filet_up Filet_dm  メインのエビ、ヒレカツはむっちりと美味し。
 ライス、お代わり可。

 再訪。
■カツカレー
 お新香、冷奴は先出同様。サラダが別添え。 Katsuc_00
Katsuc_01  カツはロース肉。叩いてる? 大判で柔らかい。Katsuc_dm
 カレーはメニューに注意書きがあるとおり、辛めの大人仕様。いいね!
 これで¥870は破格。

 味噌汁まで美味いしね。
 文句のつけようがない。
 地元で愛され30周年。人気に納得。

 実は、アルコールの揃えも魅力的。Menu03
 夜はどうなるのだろう?Counter_2

 帰り際、ふと見ると、柚子かな、柑橘系の皮を天日干ししていた。Tenpibs
 何度も言うけれど、仕事が丁寧。

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:とんかつ | 瑞江駅篠崎駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ