« 「千葉家」 @ 向原 | トップページ | 「稲廼家」 @ 梅島 »

「AU GAMIN DE TOKIO」 @ 恵比寿

 

Gt_outs

 白金、五之橋商店街に在ったころ、訪問したことがあった。
 恵比寿に移ってからは初めて。

Bborad00

 「AU GAMIN DE TOKIO」と言えば、鉄板の見えるカウンター席が絶対人気、それは今も変わらないよう。しかし、今回は中二階的なテーブル席で。
 これはこれで、けっこう良い。カウンター席のにぎわいから距離をおき、プライベートな空間を確保できる。

 乾杯は泡。相方はキールだったかな?Awa_pans

 メニューはころころ変わるので、Upするのにどれだけ意味があるか……?であるが、この日のメニューの一部を載せておく。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu05 Menu06

 まずは、ブラックボードに“Specialite”と記されたこちら、
■とうもろこしのムースと生うにMorokoshiuni00
 このコンビネーション、鉄壁。Morokoshiuni01

■白タンポポとポルチーニ茸のサラダ、焦がしパンチェッタソースWtanpp00
 ほのかな苦みとポルチーニの独特な香り。そこに焦がしパンチェッタ。Wtanpp01
 “Specialite”もそうだが、どうやってこの組み合わせを思いつくのか。

◆NUITS-SAINT-GEORGES vieille vignes BLANC/ROBERT CHEVILLONWine0_0
 ピノ・ノアールの突然変異種ピノ・グージュ、100%。
 突然変異、新しいアロマだよね。
 インポーターは株式会社「ラフィネ」

■ホタテとタラの芽のソテー、肝バターソースHotate00Hotate01
 貝ヒモがフリッターに。

■仏産ホワイトアスパラと生ハムエッグフリット、スカモルツァチーズ添えAspara00Aspara01
 うわー、ぅわー。どうしようこの黄身。
 それにしても、加熱温度と時間、完璧なコントロールがないとこうはいかないだろう。

■乳飲み仔羊 鞍下肉のグリルKurasita00
 付け合わせは“ほうれん草のソテー”。
 って、付け合わせが選べるのも素敵な趣向だよね。
 脂がスムースで素晴らしい。そして“乳飲み”。草を食んでいない所為か全然匂わない。Kurasita01

 炭水化物系で〆といきたいところであったが、残念、お腹がいっぱいだ。パスタ、リゾットは諦めた。が、ワインが少し残っていたので……、
■チーズChees
 こちらも色いろ選べるのがいいね。

 最後はコーヒーで。Coffee

 意外性と完成度が高い次元で融和するメニューの数かず。
 ホールスタッフのきめ細やかな対応。またカウンターを陣取れば、調理の所作は最高のエンターテインメントに違いなく、凄いねAU GAMIN DE TOKIO

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ビストロ | 恵比寿駅

|

« 「千葉家」 @ 向原 | トップページ | 「稲廼家」 @ 梅島 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/70843791

この記事へのトラックバック一覧です: 「AU GAMIN DE TOKIO」 @ 恵比寿:

« 「千葉家」 @ 向原 | トップページ | 「稲廼家」 @ 梅島 »