« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

「悠」 @ 神田

 

Haruka_outs

 純然たるラーメン屋さん。
 最近の自分は中華屋さんを訪ねるケースが増えて、その分いわゆる「ラーメン屋」さんに入ることが少なくなってきている。
 『食べログ』集計機能で確認すると、現在(このレビューUp前で)1位が112件で“中華料理”。続いて111件で“ラーメン”。たぶん、このレビューで同数の112件になる。
 ちなみに3位は97件で“そば・うどん・麺類”。
 『食べログ』の分類集計機能は便利だ。地域ごとの分類もしてくれるし。

Menu00

 まぁ、それは置いておいてである。
 はじめは散歩の途中の飛び込み、事前情報なし。
 その後、平打ちちぢれ麺が気に入って、何度か訪ねた。

Haruka_ins

 後から調べて判ったことだが、店主さんは新宿西口の「ほりうち」出身だそうで、なるほど言われてみれば、麺にスープに、メニュー構成にその面影がある。

Kenbaiki

 ではでは、いただいた品々を――。
■特選 悠 らぁめんTokusen00
 さすが「ほりうち」DNA、チャーシューが立派。味付け玉子も良い感じだ。Tokusen02_2
 一番気に入ったのは、この平打ちちぢれ。Tokusen01

 お店のホームページに記されているが、「悠」には4つのこだわりがあるそうだ。
 “麺”,“スープ”,“チャーシュー”、そして使用している“水”。
 ミシュラン一つ星、大塚「鳴龍」でも使用している“エレン水”という水である。
 自分、不勉強で知らなかった。
 エレン水は70数種もの宝石・鉱石を超高温で熔解して造ったセラミックをフィルターにし、あらゆるスケール(炭酸カルシウム,炭酸マグネシウム,ケイ酸カルシウム,ケイ酸マグネシウム,酸化鉄,etc)を取り除くのだそうで、料理に適した超軟水と言えるかも。

■月見らぁめんTukimi00
 ナルトがかまぼこになる。
Tukimi01  平打ちがほどけた黄身を絡めとる。美味。

■納豆らぁめんNatto00
 ビジュアル、この泡立ちはインパクト大。
 生卵が一個分が入っているそうで、それでこのミルキーなムース状に。
 ほらほら、平打ちちぢれが泡あわだ。Natto02
 納豆も撮っておく。Natto01

 意表を突かれたのがこちらサイドメニュー。
■欧風カレーOuhucurry
 本格的。香りが良い。ラーメン屋さんで!?って感じ。

 季節で変わる限定メニューがあるし(この1月は「旨辛らぁめん坦々風」!)、ゆで餃子も未食だし。
 また行かないと。

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ラーメン | 新日本橋駅神田駅三越前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひまわり」 @ 西早稲田

 

Himawari_outs

 散歩スタートに合わせたモーニング-シリーズ。
 モーニングというか、もはやがっつり朝飯だが。

 ――明治通り沿い。前から気になっていたお店である。

Himawari_ins01  カウンターもあってお一人様でも利用しやすい。
 日曜日も開いているし、とても助かる。

Menu01  メニューが豊富。単品メニューとの組み合わせを考えると何通りの定食セットができあがるのか?Menu02
Menu03

■肉じゃが&メンチカツ定食Nikuj_mc_00
 左上の千枚漬けはサービス品だったかと記憶している。
 お茶と一緒に出てきたから。Service00

 肉じゃが美味し。しっかりと煮込まれて、メイクイーンに豚の甘味がしっかりのっている。Nikujg_up
 メンチも強力。Menchi_dm
 すばらしいコンビネーション。

 別の日。
■自家製餃子定食+冷や奴Gyozat_yk_00
 餃子定食にはデフォルトで納豆が付いていて、どんだけ大豆が好きなんだ的な取り合わせになってしまった。Nato_negi

 餃子は中華レストランで出されるものと比べても遜色ない出来映え。納豆が落ちて餃子がダブル(10ヶ)になり、値段+¥100というセットメニューがあるのだが、うむ、その手もある。Gyoza_up
Gyoza_dm

 前の定食セットにももやしナムルが付いていたけれど、このもやしがけっこう良い仕事してる。箸休めと云うか、口中をリセットしての勢いづけ的な。

 そして実こちらひまわり、ご飯が美味し。信州南アルプスのお米で、一週間分ごとに精米して送ってもらっているらしい。
 朝から美味しい白飯(しろめし)が食せる幸せ。……乗せられた納豆も喜んでいるに違いない!Nato_gohan

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:定食・食堂 | 西早稲田駅東新宿駅新大久保駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀彗富運」 @ 新宿三丁目

 

Ssp_outs1

 有名店に足を運んだ。
 『近代食堂』などの雑誌をはじめ、『Food-Stadium』などのWebでもフィーチャーされている銀彗富運。言わずと知れた「彗富運」の2号店である。Ssp_outs2
 これは想像だけれども、ちょうど良いタイミングで「PLAZA EST 新宿3丁目」の建設、テナント募集の話があって、増床を模索していたオーナーシェフ大八木氏の指向とマッチしたのではなかろうか? あるいは「PLAZA EST」の方から誘いがあったのかも。

 いずれにしろ、飲み食いを愉しみたい自分にしたら予約困難な「彗富運」がもう一店舗を増えて、食べやすくなったようなもので、ありがい話である。

Menu01 Menu02

 カウンターに着席。Counter
 乾杯はフランスのビール。
◆クローネンブルグ・ブランBeer00
 オレンジピールやコリアンダーが使用されていて、酒税法的には発泡酒に分類される。
 アルコール度数5%。
 飲みやすいのだけれども、しっかりとしたコクとパンチ力もあって気に入った。

■前菜4種盛り合わせZensaimori00
 メニュー写真、ご参照のこと、☆印の付いている4点である。
 この前菜でもうリピートしたくなる。
 看板メニューと言っても良いのではなかろうか。

 カウンターに座ると誘惑が多い。
 目の前にりっぱなマッシュルームがあった。Mushroom00
■ジャンボマッシュルームと車エビのアヒージョ 釜揚げシラスのせMushroom01
 マシュルームに海老の風味がのったオイルが染みこんで……!
 添えられたパンにこのオイルをふくませるのも良い!Mushroom02

 とうにビールはなくなって、ワインになっている。
◆ポール・ジャングランジェ アルザス リースリング 2016Wine_pg00
 インポータはMottox。
 それにしてもこちらが¥4800って、さすがのコストパフォーマンスだ。

■北海道昆布森の生カキOysters00
 こちらも大振りで立派。味わい濃厚。
 先のリースリングが軽めで、柑橘系のアロマがあったので、とても合っていた。

■青森産黒毛和牛(A5)の炙りカルパッチョ~生うにのせ~Uni_beef00
 こんなの食べたことない。
 旨味のかけ算とはこのことか。

 メニューを眺めてもらえれば伝わるかと思うが、一品一品がどれも魅力的なんだよね。
 広がる食指、いっぱいなるお腹、この背反する二つをどう治めるか?
 ――また来よう。リピートすることになるに違いない。
 しかし、これらメニューは一期一会。季節ごとに変わって行くから、いっそう悩ましい。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ビストロ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「でみぐら亭」 @ 中野新橋

 

Demigurat_outs_2

 焼き魚などの和食メニューもあるけれど、こちらで注文するのは、やはり洋食系になってしまう。店名に“でみぐら”って入ってるから、そちら系がウリなのだろうと。
Demigurat_ins  実際、いただいた料理はどれもがまっすぐな、律儀で真摯な洋食だった。

Menu01
Menu02
Menu03

 ファースト・コンタクトはオムライス。
 看板メニューのひとつで、7つのバリエーションが用意されている。そのなかから店名を冠したこちら、
■フワフワでみぐら亭オムライスDmom00
 香ばしさ、ふくよかな甘さ。王道を行くようなデミグラスソース。
 内はしっとりと仕上げられ、タマネギの食感がアクセントに。Dmom01

 再訪。
 サラダとお味噌汁が先にサーブされた。Salada_and
 ちょっと遅れてご本尊登場。
■ポークカツカレーKatsucarry00
 どこかのブロガーさんが言っていたな、“男はだまってカツカレー”って。
 こいつはまさに質実剛健、男のカツカレー。Katsucarry01
 いやいや、女性にも食していただきたい。ロースカツと欧風カレーの最強タッグ。その包容力に溺れるのも一興かと。

 再訪。今度は店内にある短冊メニューから、Menu04
■鉄板ハンバーグステーキ(デミグラスソース)+ミニコールスロー+エビフライHamb_ebf00
 ハンバーグとエビフライをセットにするのは洋食屋さんでよく見かけるメニューだ。
 でみぐら亭ならば、新香と味噌汁が付いてくる。味噌汁は豆腐とワカメ。
 言い忘れていたけれど、自分、洋食に味噌汁、Welcome! 味噌汁があるとほっとする。

Hamb_ebf01  鉄板の上にはフライドポテトとコーン。まっすぐだ。直球ストレートのハンバーグ。
 皿に盛りつけられたスマートなハンバーグではなく、こう云うハンバーグが食べたかったのだ。満足。Hamb_ebf02
 (栄養バランス的に、ミニコールスローを頼んで正解だった)

 いつの日だったか、出来上がったメニューをもらいに来たお客さんがいた。
 電話で注文して、店先でTake-Outと云うかたちだろうか? 優しいね。そんなサービスも行っているのか。
 地域に愛される洋食屋さんでもあるようだ。

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:オムライス | 中野新橋駅中野富士見町駅新中野駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »