« 宿題>「大升」 @ 雑色 | トップページ | 「マツモト」 @ 高円寺 »

「流石 Le蔵」 @ 銀座

 

Plate

 銀座。有名店「煙事」と同ビル、6F、流石 Le蔵
 蕎麦の名店「流石」の姉妹店で、蕎麦+炭火焼きが愉しめるお店だ。

 カウンターを通りすぎ、奥のテーブル席へ。Counter
Table
 某Webサイトから、おまかせコースを予約してあった。

 飲み物メニューの一部をUpしておく。D_menu0
 この後ろに、泡系含めたワインリストが6ページある。素晴らしい品揃え。

 乾杯は――
■そばビール Telenn DuSobab_00
 インポータはあの「ル・ブルターニュ」。
 蕎麦30%使用の黒ビール。アルコール、4.5%。
 トラビストビール製法。ノンフィルター、ノンパストリーゼで瓶内二次発酵。
 蕎麦の香ばしさと深いコク。面白い。

■付き出しTukidashi00
 子持ち昆布と豆。
 薄味だが、しっかりと出汁がのっている。

■前菜盛り合わせZensai00
 玉子焼きがあったり、板わさがあったり。蕎麦屋を思わせる並び。
 蕎麦味噌、蕎麦の実がからっと揚がっていて良いアクセントになっていた。
 海老の下は山葵の葉。

 酒は日本酒に替わっている。
◆三千盛(みちさかり) 純米大吟しぼりたてMichisakari00
 言わずとも知れた安永年間(江戸後期)創業の三千盛
 裏ラベルに表記されていた日本酒度は何と“+12”だが、生酒のせいか、旨味もあってそんなに辛く感じなかった。
Syuki00  とっくりは益子焼。

■焼き物1Hotate00
 ホタテとタケノコ。
 この時は筍が出始めの時期だった。ちなみに鹿児島産。
 黄色いソースはホタテの肝を使用していて、独特の風味がある。

 ここで温かい蕎麦。
■花巻蕎麦Hanamaki_00
 蕎麦ののど越し、香りはもちろんなのだが、この温かいおつゆの味、お出汁が最高。
Hanamaki_01  脱帽。

■焼き物2Nodoguro00
 のどぐろ。
 別皿で頭/アラ部分も供された(写真右奥で見切れている)。
 身はほろほろと柔らかく、そしてとってもJuicy。

 次はお肉。
■焼き物3Niku_all_00
 馬ハラミ、サーロイン、地鶏。
 写真は二人前。わさび、粒マスタード、京都の黒七味が添えられている。
 お肉たちをUpにしておこう。

■馬ハラミ(熊本産)Umaharami
 右はニンジン。
 馬ハラミ、初体験。

■サーロインSirloin
 若いキャベツと蕪。

■薩摩地鶏Hakatajt

 さて、〆。
 “ざる”も選べたけれど、こちらにした。
■冷やかけShimesoba_00
 十割り。十割りなのにこのスムースさは何だ?
 途中から写真右にある梅下ろしを投入。――梅の酸味が一層蕎麦を締めるようだ。
 また、黒七味も不思議と合った。

 最後の最後に蕎麦茶が出てきたかと思うが、写真はなし。

 ハンバーグの用意があるときは、ハンバーグサンドが“おみや”になることもあるとか。

 いやぁ、さすがに「流石」の蕎麦は美味い。
 洒落でも冗談でもなく本当に。
 蕎麦と炭焼き、コース構成が変わっていて、面白かった。
 「Le蔵」みたいなレストラン、他に無いんじゃないかな。

 

関連ランキング:炭火焼き | 新橋駅銀座駅内幸町駅

|

« 宿題>「大升」 @ 雑色 | トップページ | 「マツモト」 @ 高円寺 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「流石 Le蔵」 @ 銀座:

« 宿題>「大升」 @ 雑色 | トップページ | 「マツモト」 @ 高円寺 »