« 「与作」 @ 京成立石 | トップページ | 「<S>」 @ 大田市場 »

「MAY」 @ 五反田

 

May_outs

 夏にいただいたディナー・コース。
 ずいぶん遅れてのUpにて、失礼。

 木々に隠れるようなお店ファサード、ちょっと珍しい設え。
May_ins  内装は天井が高く、シャンデリアもボリュームがあって、適度な緊張感を抱かせる。外観の自然に満ちた様相とはギャップがある。面白い。

Menu00
Menu01

 コースリストを見ながら、ワインは何をいこうか迷う。
 大トリは黒毛和牛、もしくは紀州鴨。赤で行く?

 ――と、一番下に小さく“ワインペアリング 5杯 7,000yen”の文字が。
 Webで予習してきたのに、ワインペアリングがあるとは知らなかった。
 予約していなくとも注文可とのことで、最初の一杯はシャンパンで行って、あとは5杯のペアリングをお願いした。

Table_set  ではでは……。いただいた品々を。

◆Dosnon & Lepage Recolte NoireSparkling00
 メニュー写真のトップにあるシャンパーニュ。
 その解説にあるが、「エレガント」という表現がぴったりはまる逸品。
 最近はピノ・ノワールであっても、白であったり、泡であったりと。――技術の進歩か?
 インポータはテラヴェール㈱

■アミューズ その1Amuse01
 イベリコ豚の生ハムとジャガイモのシュークリーム。

■アミューズ その2Amuse02
 左のフランはパプリカだったかな?
 右は水ダコとセロリのマリネ。胡麻油少々、ガーリックも効いている。

 ワイン1杯目。
◆Franz Keller Oberbergener Bassgeige GrauburgunderWine01
 ドイツのピノグリ。メニュー写真、白ワインのトップ。
 果実味豊か、酸味まろやか、ボディもしっかりあって美味し。
 インポータは㈱フィラディス

■アミューズ その3Amuse03
 ガスパッチョのようなスープ。
 スプーンに気を取られて、メモし忘れ。
_supoon  見てみて、先がヘラのようになっていてスープが掬い易い感じ!

Butter
Bread

■枝豆・ムール貝・雲丹・牡丹海老Cocktail00
 海鮮のカクテルのよう。
 枝豆ムースの下は甲殻類ソース、アメリケーヌのジュレ。
 隠れてしまっているけれど、けっこうゴロゴロと具だくさん。
Cocktail01  上に散っている“しその実”がアクセント。

 ワイン2杯目。
◆Marcel Servin Ratafia de ChablisWine02
 次のフォアグラに合わせて、甘めのシャブリをチョイスしてくれた。
 生産者のセルヴァン氏はこちらのお店を来訪したことがあって、オーナー・シェフ岩田氏とコラボしたそうだ。
 お店ホームページを見れば分かるけれど、MAYではワイン生産者さんを招いてのワイン会とか、ちょくちょく催されるようだ。

 インポータは三幸蓮見商店
 法人向けの英会話スクールも経営している。
 この後、登場するワインは全てこちら蓮見ワインさんのもの。
 シェフ、「モナリザ」時代からのお付き合いかな?

■フォアグラ・イチジクFoiegras00
 手前は蜂蜜のビネガー。奥に胡椒と塩。
 一番下にパイ生地的なものがあって、その上にタマネギのコンフィ、フォアグラ、イチジクのジャム、フレッシュ・イチジクと積み重なっている。Foiegras01
 なるほど、ワインが凄く合っていた。

■鮎・辛味大根Ayu00
 鮎が見えない!Ayu01
 鮎の下には麺状のキュウリ。鮎の上にはパリッとしたジャガイモ。その上に辛味大根。 いろいろな食感が層を成すようだ。
 右は“うるか”。鮎の塩辛だ。
Ayu02  そして、下に広がっているソースが驚くほどタイプ、美味い。

 これに合わせるワインが、また素晴らしかった。
 ワイン、3本目・左と4本目・右。Wine0304

 左から。
◆Vignobles Nathalie Theulot Cote Chalonnaise
 Webで調べたら、『シャルドネ100%。年産4000本』。

 右。
◆Ch. Vignol Entre Deux Mers
 同、『ソーヴィニヨン・ブラン75%、セミヨン17%、ミュスカデル8%』

 左のシャルドネの方はバランスが良くて、鮎に合わせやすい。
 右のソーヴィニヨン・ブランは“うるか”用とのこと。
 ワインペアリングで、ひと皿に二種のワインが出てくるなんて、初体験だ。

 メイン。先に切り分ける前の紀州鴨ブロックのお披露目。Kamo00
 メニューに書き添えられた“エトフェ”とは“窒息死”の意味。
 血が躰から流れ出ることがなく、血液の旨味がしっかり残るのだそうだ。
 しかも、こちらの鴨肉、お店で1週間熟成させているそうな。

 これに合わせるのは――。
 ラスト、5杯目。
◆Ch. de la Liquiere Faugeres Vieilles VignesWine05
 メニュー写真、一番下のワイン。
 Webで調べたら『フォジェール・ワインの最高峰』的な評があった。
 確かに、スムースな飲み口なのに複雑なアロマと力強さが圧倒的。

■紀州鴨エトフェ<クラシック>Kamocc01
 エトフェ鴨を堪能できる逸品。
 実山椒がカウンターで効いている。Kamocc02
 鴨と野菜たちを交互に……。やばい、ワインが無くなりそう。<モダン>が来るのに。

■紀州鴨エトフェ<モダン>Kamomd01
 ビジュアルが美しい。
 中はハツ・レバー・砂肝。下にジャガイモのピューレ。Kamomd02
 美味い。血が美味いのか。

 鴨に合わせて、自家製ミルクパンがサーブされたのだけれど、写真撮り忘れ。

 さあ、デザート。
■とうもろこしIcec00Icec01
 甘い。品種は何だろう。

■ルバーブ・桃・クリームチーズPeach00Peach01
 口中がスッキリする。

■珈琲と小菓子CoffeeOkashi
 コースの余韻にひたる……。

 以上。
 それぞれの料理のクオリティも凄かったけれど、ひとつの食材を<クラシック/モダン>二つのスタイルで提供する演出には感動した。
 ペアリングの妙も存分に愉しんだ。

 ――ふと思った。
 ペアリングが愉しかったには違いないけれど、そうすると1本のワインが時間を経て変わっていく様は愉しめないのね。
 いただいたワインがどれも魅力的だったから、そんなことを思っちゃたのかな。

 

関連ランキング:フレンチ | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

|

« 「与作」 @ 京成立石 | トップページ | 「<S>」 @ 大田市場 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「MAY」 @ 五反田:

« 「与作」 @ 京成立石 | トップページ | 「<S>」 @ 大田市場 »