« 「家楽」 @ 狭間 | トップページ | 再訪 >「都鳥」 »

「野むら」 @ 鳥越1CS

 

Nomura_outs

 鳥越1丁目交差点、任天堂東京支社のお隣のCSタワーに入っている立ち食いそば屋さん。
 個性的なまっ黒なつゆが、ガイドブックなどで取り沙汰されて、立ち食いそばフリーク界では有名なお店だ。

Menu00

 今までにいただいたお蕎麦をずらずらと。

■きつねそばKitune_00
 確かに、関西人が目を疑うであろう漆黒汁(つゆ)
 某ガイドブックには、朝仕込んだつゆが鍋で保温されていて、営業時間が過ぎるほどに濃厚になるとの指摘があった。
 このきつねそばをいただいたのが午後2時過ぎ。
 揚自体は少し甘めの味付けか? つゆとのバランス悪くないと思った。

Menu0c  夏の日。朝8:34。
■冷やしとろろ+イカ天Trr_ika_00
 冷やしとろろにイカ天だなんて、なんて悪食。と、自分でも思う。
 でも、両方食べたかったンだもン。
 イカ天のこのボリュームは魅力だし、黒いつゆにまぎれるとろろは最高だし。Trr_ika_02
 温そばにしていたら、まだ合ったかな?

 別の日。朝7:42。
■メンチそばMenchi_00
 黒いつゆとメンチとの相性は抜群。フライ衣に染みこんだつゆが美味いのか。
 メンチの断面もUpしておく。Menchi_01

 別の日。朝10:31。
■春菊天そばSyungikt_00
 やはり春菊天もこのつゆで美味さが倍増している気がする。
 某ガイドブックではこのつゆ、昆布やかつお節、宗田節を使用し、醤油の味に負けない旨味、などと評されている。ただ黒いだけじゃ、ないんだね。
 そんな風につゆがもてはやされる野むらだけれども、蕎麦自体もなかなかなのだよ。
Syungikt_01  挽きぐるみか香りもあって、つゆとのバランスが良い。

 時間経過で味がだんだんと濃くなるのは、自分の馬鹿舌と儚い記憶力の所為で確認できなかった。
 でも、なんだかんだ“やみつき”になるのは確かなよう。

Nomura_ins

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草橋駅新御徒町駅秋葉原駅

|

« 「家楽」 @ 狭間 | トップページ | 再訪 >「都鳥」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「野むら」 @ 鳥越1CS:

« 「家楽」 @ 狭間 | トップページ | 再訪 >「都鳥」 »