« 「幸楽」 @ 新御徒町 | トップページ | 「かどや食堂」 @ お花茶屋 »

「天寿々」 @ 上野広小路

 

Tensuzu_outs01

 昭和3年創業だから、かれこれ90年になる。もうちょっとで一世紀。
 拙ブログでは2010年9月27日、ランチでいただいた天丼をUpしているが、今回は夜のおまかせコースを。Kanban_00

Table
Counter

 カウンターに座った。
 やっぱりカウンターは雰囲気があって良いね。

Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
Menu05

 最初の一杯は
◆KAGUA ROUGEBeer_00
Menu06  高知県産の柚子と和歌山県産の山椒を使ってベルギーで醸造。北半球を横断して出来上がったビール。

■前菜Zensai_01
 メモし忘れ、記憶によると胡麻豆腐なのだが、コンニャクのようにも見える??

■鱧の冷やし茶碗蒸し(別注文)Tywnms_00
 これもメモなし。間違っていたらごめんなさい。
 下はタラコを紛らした茶碗蒸し生地、そこに鱧。
 (ちなみに訪問は2018年9月)

■お刺身Sashimi_01
 左は炙りカマス。

 お刺身に合わせてこちらに、
◆FORTANT CHARDONNATWine_00

Tentuyu_set  天つゆと大根下ろしが準備され、いよいよ天ぷらに――
■国産車海老 二本Tenpr_01

 つづいて
■キスTenpr_02

Tentuyu_on

 つづいて
■京都甘長唐辛子,ハモ,茗荷Tenpr_03

 この後、メモなし。
■えのき茸?Tenpr_04

■穴子,さやいんげん?Tenpr_06

■舞茸?Tenpr_05

 この頃はとうに日本酒に代わっていた。
◆賀茂鶴 吟醸Sake_00

 〆である。
■小天丼Kakiaged_00
 海老と青柳貝柱のかき揚げ丼。Kakiaged_01
 (もしくは、ご飯ナシかき揚げのみとか、天茶が選べる)
 お味噌汁はなめこ汁。

 お新香も美味しかったのでUpで。Oshinko_00

 お寿司とか天ぷらとか、日本の文化をカウンターでいただく歓び。
 大将から甘長唐辛子と万願寺唐辛子の関係を教えてもらったりして、おもてなしの気持ちがダイレクトに伝わってくる。
 たまにはね。こういうのも味わっておきたい。

Kifuda00
Kifuda01

Hashibukuro

 

関連ランキング:天ぷら | 上野御徒町駅上野広小路駅御徒町駅

|

« 「幸楽」 @ 新御徒町 | トップページ | 「かどや食堂」 @ お花茶屋 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天寿々」 @ 上野広小路:

« 「幸楽」 @ 新御徒町 | トップページ | 「かどや食堂」 @ お花茶屋 »