« 「銀龍」 @ 聖蹟桜ヶ丘 | トップページ | 『あなたと私は餃子の中よ うまく焼れてあつい仲』 @ 「大精軒」 »

「椿」 @ 十条

 

Door_00

 完全紹介制。ジャパンテイスト株式会社が運営する隠れ家的日本酒割烹。
 住所、電話番号は非公開。
 店先に看板もなく、案内は表札代わりの椿の花。

Counter_00  店内はカウンター11席のみ。

 料理は日本酒ペアリングのおまかせコースのみ。

Obon_00  器は佐賀の有田焼「カマチ陶舗」。
http://www.kamachi.co.jp/

 何か堅苦しいイメージ?
 いやいや、カウンターでは店主さんから料理とお酒の説明を聞くばかりでなく、たわいもないよもやま話を交わしたりして、和やかな雰囲気である。
 ちなみにB.G.M.は店主さんのチョイスで「EGO-WRAPPIN'」などのクール&シックな趣(おもむき)だった。

 ではでは、この日のコースを。

 まずは――、これで乾杯。
◆鳳凰美田 Black PhoenixGlasses_01
Houob_00  小林酒造
 (栃木県酒造組合のページから)
http://sasara.pto.co.jp/kuramoto_list/kobayashi.htmlHouob_01

■先付Sakiduke_00
 イワシの南蛮漬け。
 イワシが底にあって見えないけれど。

■八寸Moriawase_00
 後ろの三品は、右から、鯛の酒盗、岩石玉子、クリームチーズの西京漬け。
 これら、盛り合わせの一品ごとに推薦の日本酒が変わって次の3種の日本酒がサーブされた。Akisika_and_00

◆秋鹿 純米吟醸 倉垣村 ひやおろし
 秋鹿酒造
http://www.eonet.ne.jp/~jizake/akisika.html
http://www.asahi-net.or.jp/~wu5y-nkns/sake/akishika/akishika.html
https://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=1056

◆伯楽星 純米吟醸
 新澤醸造店
 (宮城県酒造組合のページから)
https://miyagisake.jp/kuramoto/niisawa/

 新澤醸造さんは明治6年創業の老舗。
 それが2011年の震災で蔵が全壊し、そこからの復活を遂げた日本の誇りとも言える酒蔵さん。ご参考↓
https://www.nomooo.jp/column/82735/

◆結(ゆい) 特別純米 赤磐産雄町 亀口直汲み 無濾過生原酒
 結城酒造株式会社 創業:江戸初期(一説によると1594年・文禄とも)
http://www.yuki-sake.com/

 こんなに繊細なペアリングは初めての体験。
 ワイングラスで少量ずつと云うのも面白い。Glasses_02

■お造りOtukuri_00Otukuri_01

◆雁木 ノ壱 純米 無濾過生原酒Gangi_00
 八百新酒造株式会社 創業:明治10年
http://www.yaoshin.co.jp/top/

◆小左衛門 純米吟醸 ひやおろしKozaemon_00
 中島醸造株式会社 創業:元禄15年(1702年)
http://www.kozaemon.jp/

■椀物Wanmono_00Wanmono_01
 里芋の寄せ豆腐。
 お出汁が良い。

 この辺になってくると、こちらの呑むペースが速いのか、料理一品に対して複数の日本酒がサーブされたりして……。
 もちろん、料理にマッチするお酒であるわけで、その引き出しの多さというか品揃えの豊富さに驚くばかり。

■焼き物Mushimono_00
 メダイときのこのホイル焼き。
 ホイル焼きなので、蒸し物とも言える??
 手前はすだち。
 メダイの下は先のお椀で使用した昆布。出がらしであるが、煮込まれてトロトロ状態で、意外と美味し。

◆醸し人九平次 火と月の間にKuheiji_00
 株式会社萬乗醸造 創業:正保(1646年)
http://kuheiji.co.jp/
 燗酒用にモデファイされた九平次。

Kuheiji_ura  裏ラベルをみると「チーフプリャアリスト」なる人がクレジットされている。昔は「杜氏」って呼ばれていたかと思うのだが。
 萬乗醸造さんはフランスへも進出し、目線がWorld-Wideだから。
 なんかなぁ、頼もしいような、寂しいような。

◆Bourricot ピノ・ノアールBourricot_00
 あれ? ワインもあるだ!
 可愛いロバのラベル。
Bourricot_ura  インポータは有限会社ヌーヴェル・セレクション
http://www.nouvellesselections.com/

■煮物Yakimono_00
 焼き茄子と車麩のオランダ煮。
 車麩がポイント。本来ならば鴨肉などを使うところかと思うが、変化技。

Akabu_and_00

◆夜明け前
 小野酒造店 創業:元治元年(1864年)
http://yoakemae-ono.com/

◆澤屋まつもとMatumoto_ura
 松本酒造 創業:寛政3年(1791年)
http://sawayamatsumoto.com/

◆播州一献 純米吟醸 無濾過原酒 ひやおろしIkkon_ura
 山陽盃酒造株式会社 創業:天保8年(1838年)
http://www.sanyouhai.com/
 珍しい、鉱山貯蔵庫を有する酒蔵さん。

◆赤武 純米ひやおろしAkabu_ura
 赤武酒造 創業:明治29年
http://sawayamatsumoto.com/

■〆ご飯Simeghn_00
Simeghn_01  山かけご飯。

 ここにも日本酒を。
◆手取川 秋 純米・辛口Tedorigawa_00
Tedorigawa_ura  吉田酒造店 創業:明治3年
http://tedorigawa.com/

■デザートDezert_00
 栗きんとん、サツマイモと柿が蕎麦粉クレープで巻かれている。
 甘さのバランスが絶妙。

 ここはお茶で。

 以上。
 この日の日本酒、雄町が多かった印象。なかでも「結」は気に入った。

 で、なんとこのコースが、酒もこみ込みで¥8000。

 ジャパンテイスト系列の「Sake Labo TOKYO」プロデュースと聞くが、酒の仕入れには、強力なパイプをもっているよう。
 だからこの金額でできるのかな。

 今回、リンクを折り込むのが面倒で、直接アドレス書いちゃった。
 興味があったら、覗いて見て下さい。

Otukuri_futa

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 王子

|

« 「銀龍」 @ 聖蹟桜ヶ丘 | トップページ | 『あなたと私は餃子の中よ うまく焼れてあつい仲』 @ 「大精軒」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「椿」 @ 十条:

« 「銀龍」 @ 聖蹟桜ヶ丘 | トップページ | 『あなたと私は餃子の中よ うまく焼れてあつい仲』 @ 「大精軒」 »