« 「成喜」 @ 三鷹台 | トップページ | 「きこ打ち也」 @ 草加 »

「いまここ」 @ 神泉

Noren_00

 2019年2月の話。
 連れから紹介されて訪問。
 神泉・円山町のいまここ

Tables  混んでいた。テーブルが空いた隙にテーブルの写真を撮った。
 写真左手、窓の対面はカウンターになっている。

Dmenu_00 Skmenu_00 Cmenu_00 Hashioki_00

 ¥12000のコースを頼んであった。
 季節によってメニュー構成が変わるので、お店ホームページで確認してみてほしい。

 乾杯は――
◆アウグスビールAugustb_00
 株式会社アウグスインターナショナルの本社事務所って湯島天神のそばなんだね。
 散歩でたまによぎる。

■先付Sakiduke_00
 胡麻豆腐にトリュフだなんて、切れの良いジャブをもらちゃた。

■吸物Suiumono_00
 うすい豆真丈は下に隠れている。Suiumono_01
 滋味深い味わいが躰に沁みる。

■造里Otukuri_00
 三点盛りである。
 イカにウニを合わせるのは定番。Otukuri_01 Otukuri_02
 白身はカワハギで、内に肝が巻かれている。

 このタイミングで日本酒に、
◆いずみ橋 恵Izumibashi_00
 錫チロリでの提供。素晴らしい。

■煮物Nimono_00
 これ、凄く美味かった。
 干し子も自家製って言っていなかったかな?
Nimono_01  のどぐろはもちろんだが、「のとてまり」の存在感が凄い。
Nimono_02  分厚い椎茸だよ。写真を載せておく。

■揚物Agemono_00  
 左は車海老の頭だったかと(メモなし)。
 さらさらのお塩でいただいた。塩も由緒正しい物であったかと思うがこちらもメモなしで、ご容赦。

■合肴Aizakana_00
 濃厚な茶碗蒸し。容器が面白い。

Aizakana_01 Aizakana_02  「合肴」、「あいざかな」と読む。
 焼き物と煮物の間に出される蒸し物や揚げ物を言うのが一般的らしい。
 ここではその古式に則ってはいないけれど、気にしない。習わしは、変容していくものだ。
 作り手の表現としてここで蒸し物を出そうと思って、それを「合肴」と表したのかな。

■口直Kutinaoshi_00
 見目麗しい一品。土佐酢がまさに「口直」効果を発揮。

 言い忘れていたが、うしろのチロリは「裏死神」。
 先の「いずみ橋 恵」が辛口でキレキレだったのに対して、こちらはまろやかで旨味が乗ったタイプ。

■鍋Nabe_00 Nabe01 Nabe02 Nabe03
 独創的なしゃぶしゃぶ。
 雲太椎茸と天然海苔を勝部牛で巻いて食べる。
 これが、なんとも美味。

■御飯Gohan_00
 カニの身がこれでもかと入った炊き込み御飯。
Gohan_01  さらに、ここにイクラを乗せろと言うのだから、反則技だ。Gohan_02
 お代わりしたら、お焦げが出てきて昇天。Gohan_03  
 合掌。

■甘味Kanmi_00
 確か、干し柿をアレンジした物だったかと。
 干し柿と云うさりげない和の装いが、コースを静かに閉じるようで、良さげな空気感だ。

 帰りぎわ、ちょっと引いたお店の外観写真を撮ろうと思っていたのだけれど、店主さんがお見送りに出て来られて、そこを撮るのは「いかがなものか」と遠慮した。
 ……良いお店紹介してもらったなぁ。
 神泉・円山町は独特な雰囲気があって、自分なぞはなかなか慣れないけれど、良店は確かに存在する。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

 

|

« 「成喜」 @ 三鷹台 | トップページ | 「きこ打ち也」 @ 草加 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「成喜」 @ 三鷹台 | トップページ | 「きこ打ち也」 @ 草加 »