« 千代幻豚 @ 「太志」 | トップページ | あとから緊張 @「志美津や」 »

「まりも」 @ 池上

Marimo_outs1


 第二京浜・国道1号線は池上三丁目交差点。中華「まりも」。
 バリエーション豊かな日替わり定食も魅力だが、¥680でいただける油淋鶏定食の注文が一番多いようだ。


Marimo_table Marimo_counter Menu_set0 Menu_01 Menu_02 Menu_03 Menu_04 Menu_05 Menu_hgwr01 Menu_hgwr02 Menu_hgwr03


 この日は日替わり定食を行ってみた。
■牛肉のあんかけご飯 ¥780Gyuakkg_00
 レギュラーメニューの「豚肉のあんかけご飯」が¥980。牛なのに¥200も安くなっている。
 しっかりとした味付けで、細切りタケノコやシイタケの歯ごたえもバランス良い。文句なく美味。
 反して上湯スープが柔和でね。


 それにしても、この日替わり定食の数々。メニューを考えて、食材を仕入れて……、素晴らしいサービスだ。コスパも高い。


 別の日。
 呑みに入った。
■半餃子Hangyoza_00
 3ヶで¥250。ちょっと肴としてつまむのにちょうど良い。お値段も優しいし。
 ニラやニンニクが適度に効いた「これだよ、これ」的旨さ。
 後ろはレモンハイ。これが餃子に合う。Hangyoza_01


■ねぎメンマNegimmm_00
 辛味が付いていて、あとをひく。これと白飯でも行けてしまうような……。


 〆に。
■五目そば(細麺で)5eyess_00_2
 塩系なので細麺でお願いしてみた。
 エビやイカがひと作業されて投入されている。
 澄み切ったスープも丁寧な仕事ぶりをうかがわせるもの。
 ――ボディはあるけれど、すっきりしたスープ。美味。5eyess_01_2


 気まぐれに温存していた「ねぎメンマ」をトッピング。5eyess_plus
 スープがしっかりしているから、辛味を受け止めて、また旨くなった。大正解。


 また別の日。
■キムチKimuchi_00
 まぁ、これは普通かな。ほど良い酸味だ。
 うしろはウーロンハイ。


■油淋鶏(単品)Yurinchii_00
 皮目はバリッと、内はジューシー。甘酢がベストマッチの王道。
 人気メニューであることを、一切れごとに納得する。確かに美味。
Yurinchii_01  計算外であったが、先のキムチが意外と合っていたぞ。


 〆。今度は醤油系ラーメンを行ってみた。
■ワンタンメンWantanm_00
 麺はデフォルト、中太麺。
Wantanm_01  醤油系も美味し。卓上の卸しニンニクを少量いれても良い。


 ワンタンもセクシーだ。Wantanm_02


 別の日。Menu_kst00
 夏のメニューが出ていた。
■冷しタンタンメンColdttm_00
 麺、縮れが強いかな? 温麺と変えているのかは未確認。Coldttm_01
 肉味噌やザーサイなど、混ぜるほどに美味し。


■半チャーハンHancyahan_00
 セットで頼んだ。
 レギュラーでも「半チャーハン」はあって、¥350だ。
 セットで¥100お得になっている。
 ――でも、何でも「半チャーハンセット」にできるメニュー構成はありがたいこと。


 以上。
 「まりも」などという可愛らしい店名からは想像だにしない、骨太な中華料理。大好きだ。


Marimo_outs2


 

関連ランキング:中華料理 | 池上駅千鳥町駅

|

« 千代幻豚 @ 「太志」 | トップページ | あとから緊張 @「志美津や」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千代幻豚 @ 「太志」 | トップページ | あとから緊張 @「志美津や」 »