« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

「めんや」 @ 淡路町

 

Menya_outs01


 散歩スタートに合わせた朝食シリーズ。
 この朝食シリーズ、朝からOpenしていると云うところで、立ち食い蕎麦屋さん率が高いかと思う。
 こちらめんやは立ち食い蕎麦フリークにはよく知られている店。ムックなどで紹介されていて、生蕎麦使用で、茹で置きせず、天ぷらも揚げたて、“本格手打ち蕎麦屋に負けない……”などと紹介されること、しばしば。

Menya_mk01

Mny_kenbaiki

Mny_osusume

Menya_ins01

 立ち食い蕎麦屋さんらしくカレーもあるが、珍しいところでビビンバがある。
 なので、いってみた。
■ビビンバセット+かき揚げMny_bbbs_kkg_00
 ビビンバの甘辛すっぱい醤タレは品出しカウンターに用意されていて、自分で好きなだけ掛ける。
 写真、刻み海苔の下にはそぼろ肉が敷かれている。Mny_bbb_up
 野菜たっぷり、醤タレが爽やかで、二日酔いの朝に良さそうだ。

 蕎麦のほう。Mny_kkg_up
 かき揚げがぶ厚い。タマネギの甘みが深みのある蕎麦出汁とマッチしている。Mny_kkg_sb_up

 別の日。
 天ぷらの評価が高い「めんや」。なかでも明日葉天は人気があるようだ。
 券売機で『おすすめ単品各種』券を購入、注文時に「明日葉」を指定する。
■かけそば+明日葉天Ashitabat_soba00
 うす衣で青色鮮烈。蕎麦好きの自分などは十二分に“映える”画面である。
 春菊ほど苦みはなく、香りが独特。人気に納得。Ashitabat_sobaup

 また、別の日。
■かけそば+舞茸天Mny_mtkt_00
 カウンターにあった「ゆず一味」をちょっと多めに掛けてみた。Mny_yakumi
 この「ゆず一味」、ハチミツで知られる(株)加藤美蜂園本舗の逸品。Mny_yuzu1mi_ura
 “ハチミツ”と“一味”では、180度方向性の異なる食品だけれど??
 高知県・馬路村のゆず皮、100%使用。
 (株)加藤美蜂園本舗さんホームページでちょっと調べてみたら、この七味版もある。
 気になる~。

 そうそう、舞茸天。歯ごたえと香り。美味し。Mny_mtkt_sobaup
 蕎麦は、Web情報によるとむらめん(株)製のものだそうだが、本当、手打ち蕎麦に負けていないコシと香り。

 次回訪問時は温蕎麦でない品を!

Mny_oisoginokata

Menya_outs02

 

 

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 淡路町駅小川町駅神田駅

 

| | コメント (0)

「ゆき」 @ お台場海浜公園


 ゆきを知ったのは、2019年1月5日放送のTV番組『アド街ック天国』でのこと。
 この放送回のテーマは“平成に輝いた東京の街BEST20”。お台場が6位に選ばれ、その中でお台場最古参のお店としてに「ゆき」がフィーチャーされた。司会の井ノ原君が訪問、子供の頃、親に連れられ口にしたラーメンはこれだったかと、当時のお台場を回想するような一場面があったかと。

Yuki_outs01

 気になって、お台場に足を運んだ。
 いやぁ、探した。
 たどり着いたら凄い繁盛店。TV放送の影響とかではなく、近隣のビジネスマン・OLらに慕われており、定期的に通われている様子。
 ――流石。

Yuki_bb00

Yuki_menu01

 メニューを観るとラーメンだけではなく、定食Setや曜日限定メニューがあって、毎日来ても飽きないよう工夫されている。

 でもまぁ、最初はこちらにしよう。
■ラーメンセット(ミニ明太子としらす丼)Rset_mn_mentai00
 おぉ、見事な支那蕎麦。
 味もまごうことなし。ほっと和み、すぅっとおちつく味わいである。Rmen_up00

 ミニ明太子としらす丼も、期待通り。美味し。Mt_chirasu00

Yuki_counter01

 カウンターの横にアルバムがあった。
 拝見すると、TV放送で観た様な写真とメデイアで紹介されたときの記事が丁寧に収納されていた。
Yuki_album01

Yuki_album02  昭和52年5月、1トントラックを改造した屋台で開業したと記されている。
 ここお台場で生き残ってきた苦労・努力を想像する……。周りは資本力をもったチェーン店ばかりだ。

 ――再訪。Yuki_table01


■ハンバーグ定食Yuki_hambargt00
 あつあつの鉄板で供され、スパゲッティ、ポテト、目玉焼きが添えられている。Yuki_hambarg_up

 掛かっているソースが今まで食したことのない、変わったソースだった。
 ひき肉ベースのとろみのあるソース。
 “Meat on Meat”。
Yuki_hambarg_dm  しかし、旨い。

 目玉焼きは白飯に移動し、ごま塩で味を整えた。Yuki_hambargt01
 テーブルにはごま塩の他に、梅干しなども用意されていた。
 こういったところにもお店のサービス精神が見て取れる。

 味、接客、サービス、価格。
 生き残ってこれた訳は、そういった努力なのだろう。

Yuki_menu02

 夜は夜で楽しそう。けれどもお台場は、自宅からも勤務地からもちょっと遠い。残念。

 

関連ランキング:和食(その他) | お台場海浜公園駅東京テレポート駅青海駅

 

 

| | コメント (0)

『COOK JAPAN Project』 @ 日本橋

Cjp_logo


 株式会社グラナダが企画、世界各国のスターシェフを日本橋に招きローテーションでリミテッドレストランをオープンさせるこのミッション。
 ルールは、日本の最高の食材を使って、それぞれのオリジナルコースを提供すること。
 題してCOOK JAPAN Project

 高名シェフ、25名もの招致が予定されているこのプロジェクト。スペインはコルドバ「Noor」のシェフ、Paco Moralesの回にお邪魔してきた。

Cjp_outs00  場所はあのスペイン料理の名店「SANT PAU」があったコレド日本橋ANNEX。同じスペイン料理でイメージがダブルが、こちらはコルドバだから、文化圏としてはちょっと独特。
 コルドバはイスラムに近くスペインの中でもさらにエキゾチックなテイストになるらしい。
 それが、さらに和食材との融合を試みることになるのだから、想像がつかない。

 (「SANT PAU」は平河町“KITANO Hotel”へ移転している。そして「SANT PAU」シェフ、Carme Ruscalledaは2020年1月に『COOK JAPAN Project』の大トリを務める予定になっている。)

Pm_kokuchi00  入り口に、Paco Morales氏の腕組みした写真があった。
 写真下の案内から氏がミシュランひとつ星のコルドバ「Noor」のシェフであること、氏の回が6回設定されていることがわかる。

 これは全くの偶然だけれど、先に撮った外観写真にMr.Moralesが映り込んでいた。
 拡大写真を。自分の写真を見て、何か思うところがあるように見えなくもない。Pm_guuzen00

 また、外観写真を見て判るかもしれないけが、1Fガラス張りのフロアは厨房になっている。ある意味Open-Kitchenだ。広!。

 2Fの客間に通されて着席。
Cjp_tableset00  着席とほぼ同時にCAVAが注がれた。ピノ・ノアールのロゼ。
 正面には封筒が置かれている。

Pm_wpm00

Pm_plofile00

 Pm_menu01Pm_menu02

 封筒の下には「Wine Pairing Menu」。
 封筒の中にはPaco Morales氏のプロフィールとこの日のメニュー詳細。

 テーブル右側にはちょと変わった物が。
 堅い紙製の円盤が小皿の水を吸い上げて“おしぼり”に早変わり。Oshibori_bfrOshibori_aft 

 それでは、この日のメニューをたどっていこう。
 ワインの写真はひとつずつ撮っていないのでご容赦を。
 また、料理の詳細は先のメニュー写真をご参照のこと。

Fino_01

Fino_00  さらにシェリー(Dry Fino Sherry)が注がれ、スープなしのボールがサーブされた。

Pm_mintkyuri_01 ■ミントときゅうりのスープ
 ボールの底にはパセリマヨネーズ、揚げた白エビなどがスタンバイしている。
 追ってすぐにMr.Morales登場。
 氏みずからスープを注ぎ、オリーブオイルをかけ、刻み海苔を盛った。Pm_7mintkyuri_02
 おぉっ! “刻み海苔”! 『COOK JAPAN』!
 ひと皿目から、こうきたか。

 どうして刻み海苔がこのスープ(きゅうりとメロンとミント)に合うのだろう?
 この組み合わせ、良く見つけたね。

■アンダルシアのパンPm_andalucia_01
 アンダルシアはMr.Moralesの出身地であり、古代ローマ帝国、中世はイスラム王朝の中心都市として発展した都市だ。彼は自身のレストランで、その時代の、いまは観られなくなってしまった食文化を蘇らせ、提供しているという。

 ここでの『COOK JAPAN』はパンに挟まれた低温調理の牛肉。
 茨城県産黒毛和牛とのこと。

Pm_acqua00

Pm_acqua01
 この時点で水を追加注文。
 ガスなしを所望したら、アクアパンナが。

■ほうれん草 ヤギのチーズのクリーム ローズマリーオイルPm_spinach_01
 盛り付けがアート。
 チーズに囲まれた緑色の部分がほうれん草のゼリー、自分初体験。
 四角い緑色が姫ねぎ。
 いずれも厳選食材のよう。

 ワインが Puligny-Montrachet に変わっている。Puligny_01

Puligny_00

■鯖 トマト アーモンドのクリームPm_mackerel_01
 これは謂わば“〆サバ”。
 彼の腕にかかると〆サバもこう変わる。
 高知県産トマトの皮はハイビスカスのパウダーでコーティングされている。
 酸味にローストアーモンドのクリームが寄り添い、見事なバランス。

Lustau_01  ワインは Emilio Lustau に。

■牡蠣と鶏のジュレPm_oyster_01
 比内地鶏はベースのブイヨン・ジュレに化けている。上品な旨みだ。
 岩手県産の牡蠣は秋田県産の黒味噌を乗せ、濃厚のかけ算に。
 液化窒素を使用したのか、雪状のヨーグルトと合わさって、ちょうど良いあんばいになる計算。

 牡蠣と味噌の合わせも定石かと思うが、Mr.Morales は日本料理を良く勉強してきたようだ(上から目線の発言で失礼)。
 氏は初来日とのこと。

Univers_01  ワイン、Muchada-Leclapart。Univers_00

■甘鯛の松笠揚げ ピスタチオのクリーム コルトバの焦がしレモンPm_amadai_01

Pm_amadai_02

 スタッフさんが、「焦がしレモン」を見せてくれた。Pm_ad_kogashilemon
 “焦がし”? いやいやカチカチに“炭化”していて、重さも軽い。レモンと聞かないとそれと判らない。この状態でレモンの風味が残っているのが不思議だ。
 このパウダーが松笠揚げに振り掛けられている。生レモンを搾る変化版。

 メニュー表に『日本とコルドバの出会いをイメージした一品』とある。
 日本料理へのリスペクトを感じた。ちょっと感動。

 Chateau Musar。Chateaumusar_01

■軽くローストした比内地鶏 2種類のナスPm_hinaijidori_01

Pm_hinaijidori_02
 これは“焼き鳥”か!?
 ソースにはアマランサスに40℃火入れの卵黄+カルダモンで個性的なのだが、何故か焼き鳥の醤油タレのイメージ。
 日本人向けに寄せてきたのかな。
 みんなが旨いと思う味であろう。

 ナスもトロトロで美味。

 デザートに入る。

 アイスにシャンパーニュを合わせる。Larmandier Bernier。L_bernier_01

_l_bernier_00

■ベリーのスープ ゆずアイス 青森県産トド松のパウダーPm_berrys_01
 “トド松パウダー”、これまた初体験。

Pm_berrys_02

■海藻のデザート さくらんぼ 味噌アイスPm_seaweed_01
 味噌のアイスが意外性だけれども、これは完全に“和”のスタイル。
 あんみつの様な。

■お菓子のアラカルトPm_cubes_01
 一品一品の詳細はメニュー写真をご参照のこと。
 手前でボケているのが大吟醸にミルク、レモン、オレンジなどを合わせたドリンク。ヨーグルトドリンクの雰囲気。
 奥でボケているのがほうじ茶のガナッシュ。自分はこれが一番気に入った。

Pm_caffelatte_01

 以上。

 先に書いたけれど、『COOK JAPAN Project』は2020年1月まで。
 実力派シェフが、今後も続々とコレド日本橋ANNEXに入る。
 フランスからの凱旋帰国(と言って良いでしょ?)となる田中淳シェフの回が気になる……。財布と相談だ。

 

 

 

関連ランキング:イノベーティブ・フュージョン | 日本橋駅三越前駅茅場町駅

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »