« 「めんや」 @ 淡路町 | トップページ | 「サンゴ亭」 @ 小岩 »

「酉玄」 @ 武蔵小山

Torigen_outs



 武蔵小山の焼き鳥屋さん。希少部位のレパートリーで有名で、過去にミシュラン“ピブグルマン”を獲ったことがある。


Torigen_tate00


 カウンターに着いたら、お通しが置かれた。焼き鳥屋さんでよく見かける大根下ろしのセット。Toshi_set00


Tg_menu00


Tg_menu01


Tg_menu02


Tg_menu03


Tg_menu04


 焼き鳥以外の肴メニューも充実している。
 アルコール類も魅力的な品揃え。ワインも手堅い。


 けれど、まぁ最初の一杯はこちら。


◆プレミアムモルツPremiumm_00
 ミシュランの盾の横に『プレミアム達人店』の盾があったからね。“神泡”ってやつね。


 串は「おまかせ5本」を注文。
 焼き上がるまでに別注の肴系メニューが届いた。


■ひと味違う野沢菜Nzwnd_00
 酸味強し。串物の間に挟めば口中をすっきりとリセットしてくれるだろう。


■白レバたたきWlever_00
 これは、美味し! ――なんと表現しようか!?
 『20歳未満厳禁! 酒が飲めるようになるまで待て!』って、美味しさ。(←ダメだなぁ)


 ほぅら、モルツをぐいっと。
 ――そして日本酒。
◆陸奥男山・裏生Wraotokoy_00
 青森の八戸酒造
 「陸奥八仙」で有名な酒蔵。けれどルーツはこちら「男山」。
 先のレバと合わせて、至福。


■笹身 梅肉あえSsmbn_00
 細かなあられが紛れていて、食感のアクセントとして効いている。


■焼き皮ポン酢Tg_torikawa
 皮の焦げ目が柑橘の香りと合うんだ。Tg_torikawa02


 この後、5本の串物が出てきたのだが、上記の一品物を温存し、少しずつ残しておいた。定石。


 では、この日このときの「おまかせ5本」を。


■おびTg_obi_00
 ももの中心部分。
 しっとりとした肉質に香ばしさが乗って美味。


■背肝Tg_segm_00
 腎臓。独特の歯ごたえだ。


■ちょうちんTg_cychim_00
 説明不要かと。
 最初の一口は卵黄もいっしょに頬張る。


 いけない。
 大切に呑んでいた裏男山が無くなった。


◆百十郎・赤面(あかづら)110roakam_00
 岐阜の林本店
 今は5代目、女性杜氏が味を守っている。
 赤面は後味キリッと明快な逸品。


■金針菜Tg_knsnsai_00
 ユリの蕾(つぼみ)
 正確には、ユリ科ワスレグサ属の本萱草(ホンカンゾウ)という花の蕾。
 漢方薬でもあるそうだが、鶏の合間にナイスなみずみずしさだ。


■ふりそでTg_furisode_00
 肩の付け根から手羽本にかけての肉。
 一羽からちゅっとしか取れない希少部位中の希少部位だけれど、胸肉に付いたまま流通されることも多いよう。
 わさびがふりそでの軽やかさを引き立てているようだ。あれっ? 柚胡椒だったかな?


 むむぅ。
 ちょっと食べ足りない感じで、追加注文。


■ぎんなんTg_ginnan_00


■つくねTg_tukune_00


■プロヴォローネチーズTg_provolone_00
 このムギュっとした歯ごたえ……。昔、根津の「鶏はな」で食べたこと想い出した。


 〆である。


■そぼ玉丼+鶏スープTg_sobotamad_00


Tg_sobotamad_soup
 白髪ネギに白ごま、下に敷かれた海苔、脇役陣が良い仕事ぶり。旨し。Tg_sobotamad_01
 他の御飯物もきっと旨いに違いない。


 ラスト、お茶の写真は割愛。


 希少部位の串物に目が向きがちだけれども、酉玄は肴や〆御飯、アルコールの品揃え、スキのない良店と思う。
 また行きたい。


 

 

関連ランキング:焼き鳥 | 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

|

« 「めんや」 @ 淡路町 | トップページ | 「サンゴ亭」 @ 小岩 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「めんや」 @ 淡路町 | トップページ | 「サンゴ亭」 @ 小岩 »