« 「つくしん」 @ 佃島 | トップページ | 「美虎」 @ 銀座 »

「松葉」 @ JR京都


 朝の京都。
 以前「第一旭」をレビューした。
 対してこちらは、JR京都駅コンコース。時間が無いときなどにもサクッと使える。Mtb_outs01


 文久元年(1861年)創業の老舗松葉。――残念ながら、祇園四条の本店には行ったことがない。
 ただただ、その味が新幹線ホームの下でいただけることに感謝である。
 しかも、朝の8:30から営業しているし!Mtb_ocya01 Mtb_ins01


 朝蕎麦が老舗蕎麦なんて、すごい贅沢。
 メニューはお店ホームページにもあるので、一部分だけUpしておく。Mtb_menu01 Mtb_menu03 Mtb_menu02


 まずは、そのお店ホームページには載っていないこちらを。
■そばがゆセットMtb_sobagys01
 中央の蕎麦ちょこには少しとろみがある‘かえし’(のような出汁)が入っていて、お好みで薄味の粥に合わせる。Mtb_sobagys02


 ミニそばはトッピングのバランスがちょうど良くて好みである。Mtb_sobagys03
 また、琥珀に澄んだお出汁が素晴らしい。Mtb_gysoba_up


 このセットメニューは朝から営業している京都駅店だけの提供かな?
Mtb_sobagys04  そう思うと、ちょっと優越感。


 別の日。
 「松葉」と云えばこれ。
■にしんそばMtb_nishins01
 蕎麦のベールをはぎとり、身欠きニシン甘露煮を拝む。
Mtb_nishins02  神神しい輝きをはなつ裸身が露わになった。
 (↑卑猥な表現だけれど、まさにそんな感じに思えたのだ)


 “にしんそば”を考案したのは二代目だそう。
 それが、今や「松葉」の代名詞となり、さらには全国区の蕎麦メニューにもなっている。
 「松葉」はこの“にしんそば”において、全国蕎麦屋の「総本家」とも言えるのではなかろうか。敬服。Mtb_yurai01


 外観写真、入り口右手に売店カウンターがある。
 京都土産に、「にしん棒煮」はどうだろう? いや「松葉ちりめん」にしようかな?


 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 京都駅九条駅東寺駅

|

« 「つくしん」 @ 佃島 | トップページ | 「美虎」 @ 銀座 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「つくしん」 @ 佃島 | トップページ | 「美虎」 @ 銀座 »