« 「台所屋」 @ 岩本町 | トップページ | 「Bistrot Taka」 @ 湯島 »

「一味真」 @ 千住大橋

1mishin_outs01


 千住大橋一味真。秘密にしてきたお蕎麦屋さん。
 前回(4th.)の訪問は2019年10月5日のこと。
 お店ホームページによると、その後少しの間休業されていたようだが、この3月9日から、馴染み客の電話予約のみだが、営業を再開したとのこと。
 全面再開を祈願し、今までいただいてきた蕎麦たちをここにUpする。

 お店は足立市場の近く。外観写真に写っている道は国道4号・日光街道。

1mishin_ins01 1mishin_isus01 1mishin_annai02 1mishin_annai01

 店内には電動石臼機が鎮座し、店主のこだわりが溢れでた案内書きが貼られている。

 メニュー写真を載せておくが、都度変わっていくのでそれぞれ一品は一期一会と思った方が良い。

1mishin_menu01 1mishin_menu02 1mishin_menu03 1mishin_menu04 1mishin_menu05 1mishin_menu06 1mishin_menu07 1mishin_menu08 1mishin_menu09 1mishin_menu10 1mishin_annai03

 1st.
■芝海老つまみ揚げ天せいろ ¥19801mishin_sebtmags01 1mishin_sebtmags02 1mishin_sebtmags03
 野菜天も付いている。揚げ油は“綿実油”。軽やかに美味し。
 芝海老のつまみ揚げは最高である。
 あぁ、酒をいけば良かった。

1mishin_sebtmags04  蕎麦は極細引き十割。
 辛目の蕎麦つゆが、この十割の甘みと風味を引き立てる。

1mishin_sebtmags05  〆の濃厚蕎麦湯がまた宜しい。

 2nd.
 この日は散歩の時間計算を誤り、昼営業が終わった15時過ぎに到着。
 油の火を落としてしまっていたのだろう。ざるそばなら出来るとのこと。
■ざるそば1mishin_zarus01
 海苔は江戸前海苔。

 無理を頼んでしまったな。反省。
 温かく迎えてくれた店主&女将さんには、ほんとう感謝。

1mishin_zarus02  蕎麦は二八だったかな。
 人柄を現すような、和やかな味わい、バランスだった。1mishin_zarus03

 3rd.
 念願の酒!1mishin_menus

 まずは……。
■春霞(燗)1mishin_harugasumi01
 お通しの小魚の佃煮がうれしい。

■昆布巻きニシン,なめこおろし1mishin_kbmn_nmko

1mishin_kbmn_up

1mishin_nmko_up

 いやいや、酒がすすんじゃって――。
 「本州一」も燗でいったのだが、写真は割愛。

 日本酒はメニュー写真の他に、「YK35 北雪 純米大吟醸」「醴泉 純米大吟醸」「大那 純米大吟醸」などもあった。
 店主、利き酒士でもあるので、流石の品揃え。

■力そば(肉南蛮仕立て)1mishin_chikaras01
 肉南蛮で、焼き餅も入って、パワフルな逸品。1mishin_chikaras03
 三つ葉とゆず皮が良い仕事している。
1mishin_chikaras02  これも最高。

 4th.
■レモンサワー1mishin_lemons

 アテを頼んだら、「モツが入っていますが、宜しいですか?」との確認が。
 「はい。よろこんで!」
■牛すじ(もつ混、味噌煮込み)1mishin_nikomi01
 あぁ、この味噌ならば日本酒が合ったかも、だ。

1mishin_nikomi02 1mishin_nikomi03  
 玉子も入って、サービス満点の煮込み。途中で割って味変である。味噌と合う~。

■国産ぜんまいと車麩の煮物入りそば(冷やかけ)1mishin_zenmfs01
 あら、半熟玉子がかぶった。まぁ、それも良し。

 ぜんまいの他に、タケノコやこんにゃく、お肉に油揚げも入って五目そば風。
 その中で車麩の存在感が素晴らしい。1mishin_zenmfs02
 食べ応えあり。

■濃厚蕎麦湯1mishin_sobay
 別注。

 先に書いたが、メニューは一期一会。
 ビビッときたものを注文しないと後悔するよね。
 「一味真」はそれを再認識させてくれた蕎麦屋さん。

 全面再開を祈願して……。

1mishin_outs02

 

 

|

« 「台所屋」 @ 岩本町 | トップページ | 「Bistrot Taka」 @ 湯島 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「台所屋」 @ 岩本町 | トップページ | 「Bistrot Taka」 @ 湯島 »