« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

グラス酒 @「いなほ」


≪コロナ禍が落ち着いたら、街にくり出そう……。この駄文が、大打撃をうけた飲食店さんたちの応援となれば幸いです。≫

Inaho_outs02Inaho_kanban01


 熊谷の夜は「いなほ」に行く。
 と言っても、熊谷に行く機会はそうないので、まだ2回しか行けてないのだけれど。

Inaho_ins01 Inaho_ins02

 店主親父のキャラクターが憎めない。
 ホントに呑めないの? そのくせ日本酒のうんちくは半端なく、地酒の揃えは見事。
 (もちろんん、サワーやビールの類いもある)Inaho_beer01

 つまみの方も、定番の居酒屋メニューが豊富にあり、そのどれもが『これだよ、これ!』と芯をはずさない美味さだ。
 下がった短冊、上の黒板を眺めて迷うこと必至。Inaho_menu01 Inaho_menu02

 お通しは、衣被ぎとお新香。(季節によって変わるかも)Inaho_otoshi001

 お酒のメニューが無いって?
 酒の好みを言うと、親父さんがそれに合った日本酒を持ってきてくれる。Inaho_sake01
 ――試飲もさせてくれる。(おぉっ! 素晴らしい!!)Inaho_sake02

 試飲で酒が決まると、試飲用の小グラスはそのままに、1合は優に入ると思われる別のグラスになみなみと注がれる。

 「秀よし」はお一人様1杯のみのよう。
 「秀よし 神代」は田沢湖町神代地区産のお米“めんこいな”を使用した逸品だ。

 ――ではでは、いただいた肴の数かずを。
 先に書いたが、どれもが酒に合う『これだよ、これ!』だ。

■さつま揚げInaho_stmag01
 試飲グラスの奥に写っていたものね。
Inaho_stmag02  自家製。肉厚のシイタケ入り。ひと仕事施された傑作。

■カレイ 骨せんべいInaho_senbei01
 二度揚げしてる?? パリッと香ばしい。

■やきとり&つくねInaho_yktri01
 辛味噌でいただくスタイル。

■刺身Inaho_sashimi01
 仕入れによってネタが微妙に変わる。
 〆鯖は大根の砧巻きで。“刺身”と言うより“お造り”と言うべきもの。
 仕事してるな。

■厚揚げInaho_atage01
 深谷ネギがたっぷりと乗って美味し。
 深谷ネギは、繊維が細いのか歯触りが軽く、独特な甘みがある。特にその甘さで評価が高いよう。糖度で10度~15度とも言われいわれて、鍋ものなどに向いているとも聞く。
 厚揚げと深谷ねぎのコラボレーションは最高だ。

■カワハギInaho_kwhg01
 干物だったか、失念。
 裏面写真もどうぞ。こちらの方か肉厚具合が伝わるかと。Inaho_kwhg02

■出し巻き玉子Inaho_dsmktmg01
 鮮やかな緑はほうれん草の色。
 これも「いなほ」の名物かと。
 焼きたてがまた格別に美味い。

■なめろうInaho_namero01
 対日本酒に最適化されている。
 いかんなぁ、酒がすすむ。要注意。

 サービス品をいただいてしまった。Inaho_glass01
 大根の皮を特性ダレで漬け込んだものだったかと。
 だからさ……。日本酒がすすんじゃうって。

■当り女Inaho_satrm01
 ソフトタイプ。
 「あたりめ」は「するめ」の“する”の印象が良くないから逆の“あたり”に変えたとの説があるが、それが「当り女」の漢字を当てることになった経緯が判らない。(←知っている方がいたら教えて!!)
 不謹慎だけれど、極上の女性を引き当てたような美味さから「当り女」?? まじか!?

■揚げ出汁豆腐Inaho_agdstf01
 こういう定番メニューがほんとブレない美味さなんだよ。

■帆立バターInaho_httebt01
 ちょっと創作系。たっぷりのシメジが嬉しい。

 写真の撮り忘れが多いけれど、残っている日本酒たちの写真もUpしておく。

Inaho_kubota01 Inaho_miwatari01 Inaho_hetgsoro01

 最後の写真は「いなほ」から熊谷駅方向を撮ったもの。
 良かったよ、熊谷駅そばで。Inaho_outs01

 東京に戻るの? 「いなほ」に22時20分までいても、走れば終電に間に合うよ、たぶん。
 (酔って走るのは止めておいた方がいいぞ!)

 

 

 

 


関連ランキング:懐石・会席料理 | 熊谷駅上熊谷駅

 

| | コメント (0)

「ミバショウ」 @ 市ヶ谷


≪コロナ禍が落ち着いたら、街にくり出そう……。この駄文が、大打撃をうけた飲食店さんたちの応援となれば幸いです。≫


Mibasyo_outs01
 散歩スタート前の朝食シリーズ。


 場所は市ヶ谷の路地の奥。Mibasyo_kanban01
 看板の先には美容専門学校があって、お洒落なお嬢さんが足ばやに通りすぎたりする。


 バナナジュースの専門店ミバショウ
 吊り下げられたバナナが“Open”のサイン。
Mibasyo_outs02  あぁ、学校に行く前にTake-Outってもあるか。


Mibasyo_board01  バナナジュースの専門店なのだけれど、自分はこちらのホットサンドとスープの大ファンだ。
 日替わりのホットサンドとスープは、ツイッターで告知される。


Mibasyo_kenbaiki01


 券売機の上にその日用意のあるカスタマイズ食材が掲示されている。Mibasyo_kenbaiki02
 食材ごとに効用が記されているのが面白い。例えばキウイだと「葉酸/ビタミンC/便秘予防」ってな具合。


Mibasyo_ins01


 1st.
◆プレミアムバナナジュース(豆乳)+キウイカスタマイズ
■アスパラとトマトのオムレツスープMibasyo_1_soup01
 スープにはシメジなども入って具沢山。Mibasyo_1_soup02
 優しい味わいで美味。


 バナナジュースのベースは牛乳か豆乳か選べる。
 自分はいつも豆乳。


■アボガドとハーブチキンのピザサンドMibasyo_1_sandw01
Mibasyo_1_sandw02  ピザソースと云うよりはサルサソースのような。スパイシー、美味。


 2nd.
◆プレミアムバナナジュース(豆乳)+パセリカスタマイズ
■夏野菜カレースープMibasyo_2_soup01
 パセリの効能は「貧血防止/食中毒防止/ビタミンC・鉄分・カルシウム豊富」だって。
 夏野菜カレースープには小さなソーセージが入っていたり、食べ応えあり。


■アボガドベーコンサンドMibasyo_2_sandw01
 ゆで卵も入っている。
 具材のバランスが実によろしい。


 3rd.
 フルセットで。
■味噌ちゃんこMibasyo_3_soup01
 和風の味わい。でも何故か違和感なし。味噌美味し。


◆バナナジュース(豆乳)+ターメリックシナモンカスタマイズ
■れんこんそぼろとたまごポテサラサンドMibasyo_3_sandw01
 ターメリックシナモンには紫外線予防の効果があるとか。
 散歩にくり出すまえに紫外線対策だ。


Mibasyo_3_sandw02  ホットサンドの方は、れんこんの歯ごたえが愉しい。
 そして例によってナイスバランス。


 この新型コロナの影響で、今はTake-Outのみ。
 店内5坪しかないからね、そうかEat-Inは厳しいよね。


 自分、散歩しながら写真を撮りまくるひとなので、ホットサンドやジュースカップを持っていると、シャッターチャンスを逃しちゃうんだよなぁ。
 すぐ近くに公園があって、そこで食べられれば良いのだけれど……。
 なのでEat-In再開が待ち遠しい。またいつか、「ミバショウ」から散歩にくり出せる日が来ることを願って――。


Mibasyo_banana01

 


 

関連ランキング:カフェ | 市ケ谷駅四ツ谷駅麹町駅

| | コメント (0)

「極厚家」 @ 高田馬場


≪コロナ禍が落ち着いたら、街にくり出そう……。この駄文が、大打撃をうけた飲食店さんたちの応援となれば幸いです。≫


Gkatu_outs01
 こちら極厚家を知ったのはWeb高田馬場経済新聞だったかと思う。Gkatu_annai01
 そのあと、TVをはじめ、結構メディアに露出していることを知った。
 最近もフリーペーパー『Metro Min.』で紹介されていたな。


 自分はランチ利用だが、小体なお店でもあり、いつもほぼ満席なので、店内写真はなし。


 入店前に入り口横に黒板が下がっていないか要チェック。Gkatu_menug
 限定メニュー、最近見ない気がするけれど、こちらも人気高し。


 入店したら、厨房奥に下がった黒板をチェック。Gkatu_menutdy1p
 生姜焼き定食にセットできる“本日の一品料理”のリストだ。
 その日その日で料理が移り変わるのが楽しみで、この選べる小鉢システム、大好きだ。


Gkatu_menu01 Gkatu_kaisetu01


 1st.
■極厚しょうが焼き定食(醤油)Gkatu_gkatsgykt01
 小鉢は「冷やっこ」。
 豚は迫力ある厚みだけれど、箸で割けることのできる柔らかさ。そして且つしっとり。
Gkatu_gkatsgykt02  ブライニングと20時間もかける低温調理の合わせ技が、この“柔らかジューシー”を成立させているそう。


 えっ? 厚みが伝わらない??
 ご飯の上に乗せてみよう。Gkatu_gkatsgykt03


 おっと、ご飯も普通の白飯とは異なっていた。
 写真の見た目も少し色づいて見えなくない??
 生姜を細かくさいの目に刻んだものを一緒に炊いた“しょうがごはん”になっている。


 2nd.
 ご飯の上に乗せて食べるのであれば、最初から丼(どんぶり)でいけば良いのに――、と云うことで、
■極厚しょうが焼き丼(辛味)Gkatu_gkatsgykd01
Gkatu_gkatsgykd02  しかし、ここに落とし穴があった。丼には小鉢のサービスが付かない。別注問となる。
 この日は「トマトと卵とコーンのマカロニサラダ」を追加オーダーで付けてもらったしだい。
 せっかくので小鉢のUp写真も載せておく。Gkatu_mkrnsld01


 3rd.
 普通のしょうが焼きも旨いよ、との情報から、
■定番しょうが焼き定食Gkatu_sgykt01
 小鉢は「もやしときゅうりとちくわのゆずマヨ和え」。Gkatu_yuzumyae01


Gkatu_sgykt02  しょうが焼きのお供として認知されている(?)マヨネーズだが、「極厚家」では普通のマヨネーズと特性辛マヨネーズの二種が用意されている。Gkatu_my2syu01
 マヨネーズはそれぞれのボトルに入って絞り出し放題。マヨラーさんはたっぷり皿に盛り付けるべし(常識の範囲で!)。


 噂に聞く「ポークカレー」を未だいただいたことがないのだよ。
 限定メニューで上がっているのを見た場合、必食だ。


Gkatu_chochin01


 

 

関連ランキング:和食(その他) | 下落合駅高田馬場駅目白駅

| | コメント (0)

「一陽堂オレンジカフェ」 @ 新小岩


≪コロナ禍が落ち着いたら、街にくり出そう……。この駄文が、大打撃をうけた飲食店さんたちの応援となれば幸いです。≫


Orengec_outs01


 東京MX『お江戸に恋して』で知ったお店。
 本場イタリアはボローニャで学んだ手打ちパスタがいただける一陽堂オレンジカフェ


 初訪時、入り口が判らなかった。
 外観写真奥の看板のあたりに入り口がある。Orengec_kanban01


 内はカウンターと奥に小上がり。Orengec_ins01
 小上がりでは家族連れがくつろげる感じである。


Orengec_menu01 Orengec_menu02 Orengec_menu03


 下調べ済み。
 店名からリンクをはった江戸川区のWebページを見つけてあった。
 江戸川区では地野菜“小松菜”を猛烈Pushしていて、毎年(?)スタンプラリーのイベントを組んでいる(残念ながら今年は新型コロナ拡散抑止のため中止)
 拙ブログでは以前に小松菜そばの「長寿庵」を紹介したことがあったっけ。


 初訪時はその小松菜メニューが目当てだった。


 セットでオーダー。
 まずはセットの面々が登場。Orengec_set01
 ドレッシングが選べるサラダ、ポテトとローズマリーのグリル、ミニフォカッチャ、そしてタマネギのスープ。
Orengec_set_potato01 Orengec_set_focat01


 サラダを食べ終わった頃、ご本尊登場。
■小松菜タリアテッレOrengec_taliaterre01
 タリアテッレとは、この平打ちパスタ麺の名称だ。
 そこにボロネーゼソース。
 タリアテッレにボロネーゼを合わせるのは定石だけれど、小松菜を練り込んだ麺だからね。独特だ。
 もちろん、茹で加減はアルデンテ。美味。


 食後にセットのドリンクをいったのだが、写真撮り忘れ。
 パスタの美味しさに、茫然自失かよ。おいおい。


 で、再訪。
 カレーやフォカッチャサンドが気になっていたのだが、やっぱりボローニャ修行のパスタに食指が向いてしまう。


 セットの面々をもう一度――。Orengec_set02


 そして……、
■カヴァテッリOrengec_cavatelli01
 カヴァテッリとはパスタ麺の名称ね。ホットドッグのパンをとても小さくしたような形の貝殻に似た小型パスタだ(by Wikipedia)。メニューに解説があるが、ボローニャ発祥のパスタで、強力粉100%、歯ごたえがある。
 ソースは先出のボロネーゼソースと似ているが、より緩めで酸味がある感じ。Orengec_cavatelli02
 こちらも美味かった。
 噛みしめるごとにデュラム小麦の味が弾けるような、そんな印象。


 今度こそは食後のセットドリンクを撮った。Orengec_set_drink01
 普通のアイスティーだけど……。
 パスタの余韻にひたるには、こういう普通のドリンクが良いのだよ。


 最後に……。
 こちらでは、東京ソテリアのグラノーラを販売している。(味噌味のグラノーラ、気になる)Soteria_granola
 店名に“一陽堂”が付いているから、東京ソテリアと何か関連があるのか??


 


 


 


 




関連ランキング:カフェ | 新小岩駅


 

| | コメント (0)

「官兵衛」 @ 九段南


≪コロナ禍が落ち着いたら、街にくり出そう……。この駄文が、大打撃をうけた飲食店さんたちの応援となれば幸いです。≫

Kanbei_outs01

 九段南、靖国通りのうどん屋さん。
 自分、もっぱら蕎麦派だが、こちらのうどんは大好き。
 九州は博多風のふわふわに柔らかいうどんである。

Kanbei_ins01

 天邪鬼でね。讃岐うどんが世を席巻すれば、武蔵野うどんが好きだの、博多うどんが好きだのって言うわけだな。

Kanbei_menu00 Kanbei_menu01 Kanbei_menu02  メニュー写真を載せておく。
 夏には「すだちうどん」のほか「サラダうどん」や「下ろしうどん」がメニューにあがる。

 ではでは、これまでいただいた品々を――。

■丸天ごぼううどん+かしわおむすびKanbei_mtg_kwm00
 奥に薬味はゆず胡椒と九州一味。Kanbei_yakumi01
 九州一味は熊本のエヴァウエイ株式会社のもの。

Kanbei_mtg01 Kanbei_kwm01 Kanbei_mtg02  リフトアップの写真で柔らかさ加減が伝わるだろうか?
 切り口のエッジがなくなりまろみを帯びている。

 うどんとは逆に、かしわおむすびはやや硬め、しっかり目の印象。なので一個は残った出汁スープに入れて、即席リゾットを作ってみた。Kanbei_mtg_kwm01
 むむ。微妙に失敗か。

 ――いやいや、実はうどん自体の美味さに加え、出汁スープが秀逸なのだ。
 雑誌に露出している情報だと、九州産鰹節と北海道産真昆布で丁寧にとった一番出汁に特製醤油を合わせたものらしい。
 このスープにかしわおむすびを入れたら抜群に美味くなると思ったのだ。むむぅ……。

■官兵衛うどん(温)Kanbei_kanbeiu00
 にぎやかなトッピングだが、バランス良し。 Kanbei_kanbeiu01
 抜群に美味し。Kanbei_kanbeiu02

■元祖もつニラうどん+温玉牛めしKanbei_mtnru_ongd00
Kanbei_mtnru00 先に解説した秀逸な出汁スープがもつの脂で良い感じに艶っぽくなっている。
  お勧めは、ここにゆず胡椒。ばっちり合うよ。

 Kanbei_ongd00

 あぁ、レビューを書いていたらまた行きたくなってきた……。

 けれどけれど……、先日日曜日、知人が「官兵衛」に行ったら開いていなかったとのこと。
 以前は日曜日も営業していたのになぁ……。
 『食べログ』サイトでは“掲載保留”フラッグが立っているし、不安だ。新型コロナの影響だろうか?
 店名の「官兵衛」は筑前国福岡藩祖黒田官兵衛からいただいたものだよね。
 健闘を祈る。
 全面復活、切に希望。

Kanbei_kanban00

 

 

 

 


関連ランキング:うどん | 市ケ谷駅半蔵門駅九段下駅

 

 

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »