« 「官兵衛」 @ 九段南 | トップページ | 「極厚家」 @ 高田馬場 »

「一陽堂オレンジカフェ」 @ 新小岩


≪コロナ禍が落ち着いたら、街にくり出そう……。この駄文が、大打撃をうけた飲食店さんたちの応援となれば幸いです。≫


Orengec_outs01


 東京MX『お江戸に恋して』で知ったお店。
 本場イタリアはボローニャで学んだ手打ちパスタがいただける一陽堂オレンジカフェ


 初訪時、入り口が判らなかった。
 外観写真奥の看板のあたりに入り口がある。Orengec_kanban01


 内はカウンターと奥に小上がり。Orengec_ins01
 小上がりでは家族連れがくつろげる感じである。


Orengec_menu01 Orengec_menu02 Orengec_menu03


 下調べ済み。
 店名からリンクをはった江戸川区のWebページを見つけてあった。
 江戸川区では地野菜“小松菜”を猛烈Pushしていて、毎年(?)スタンプラリーのイベントを組んでいる(残念ながら今年は新型コロナ拡散抑止のため中止)
 拙ブログでは以前に小松菜そばの「長寿庵」を紹介したことがあったっけ。


 初訪時はその小松菜メニューが目当てだった。


 セットでオーダー。
 まずはセットの面々が登場。Orengec_set01
 ドレッシングが選べるサラダ、ポテトとローズマリーのグリル、ミニフォカッチャ、そしてタマネギのスープ。
Orengec_set_potato01 Orengec_set_focat01


 サラダを食べ終わった頃、ご本尊登場。
■小松菜タリアテッレOrengec_taliaterre01
 タリアテッレとは、この平打ちパスタ麺の名称だ。
 そこにボロネーゼソース。
 タリアテッレにボロネーゼを合わせるのは定石だけれど、小松菜を練り込んだ麺だからね。独特だ。
 もちろん、茹で加減はアルデンテ。美味。


 食後にセットのドリンクをいったのだが、写真撮り忘れ。
 パスタの美味しさに、茫然自失かよ。おいおい。


 で、再訪。
 カレーやフォカッチャサンドが気になっていたのだが、やっぱりボローニャ修行のパスタに食指が向いてしまう。


 セットの面々をもう一度――。Orengec_set02


 そして……、
■カヴァテッリOrengec_cavatelli01
 カヴァテッリとはパスタ麺の名称ね。ホットドッグのパンをとても小さくしたような形の貝殻に似た小型パスタだ(by Wikipedia)。メニューに解説があるが、ボローニャ発祥のパスタで、強力粉100%、歯ごたえがある。
 ソースは先出のボロネーゼソースと似ているが、より緩めで酸味がある感じ。Orengec_cavatelli02
 こちらも美味かった。
 噛みしめるごとにデュラム小麦の味が弾けるような、そんな印象。


 今度こそは食後のセットドリンクを撮った。Orengec_set_drink01
 普通のアイスティーだけど……。
 パスタの余韻にひたるには、こういう普通のドリンクが良いのだよ。


 最後に……。
 こちらでは、東京ソテリアのグラノーラを販売している。(味噌味のグラノーラ、気になる)Soteria_granola
 店名に“一陽堂”が付いているから、東京ソテリアと何か関連があるのか??


 


 


 


 




関連ランキング:カフェ | 新小岩駅


 

|

« 「官兵衛」 @ 九段南 | トップページ | 「極厚家」 @ 高田馬場 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「官兵衛」 @ 九段南 | トップページ | 「極厚家」 @ 高田馬場 »