美食探訪

「Sublime」 @ 新橋

 

Sublime_outs01
Sublime_outs02

 最近ブログの更新が遅れている。
 ぐずぐずしていたら、来月8月10日移転するなんてニュースが入ってきて、慌ててUpする。新橋は鹽竈(塩釜)神社そばSublime

 『ミシュラン』にも紹介されているNewComer。
 若いシェフがフレンチのクラッシックを押さえつつ北欧(ノルウェー,デンマーク)のベクトルで演出。“モダン-フレンチ”と評される。

Sublime_ins

 この日のメニュー。Menu00
 料理の名前にはどこか和の趣を感じる。漢字が多い所為か!?

 ワインはペアリングで。
 “オーナーのワインペアリングも的確だ”と『ミシュラン』に書いてあった。

 それでは写真を……。

 乾杯のワイン。Wine01
 銘柄メモし忘れ。
 カトラリはメモしてあった「Robert Welch」だ。

■下北半島産サクラマスSakuram_00

■九十九里産蛤 独活(うど)Hamaguri01Hamaguri02

■蕗(ふき)の藁(わら)Fukiwara01Fukiwara02

■紀州うすい豆 自家製フレッシュチーズUsuimame01Usuimame02

(■Bread&butter)Butterbread

■富山産蛍烏賊 菜の花 葉牛蒡(はごぼう)Hotaruika01

 ワインも紹介しておく。
 こちら蛍烏賊と合わせたのが――
◆ERSTE+NEUE 「Puntay Sauvignon 2014」Wine03Wine03_ura
 インポータは土浦鈴木屋。そして、裏ラベルにあた『吟奏の会』が気になった。
 リンクを貼っておく。

 次はシェルのスペシャリティ。
■静岡産マッシュルーム 温泉卵Mushroom01Mushroom02Mushroom03
 醗酵マッシュールームのソースに、奥に潜んだ温泉玉子がからむと、もういけない。

■和歌山・大江さんの真鯛Madai01Madai02
 前の蛍烏賊、マッシュルームもそうであったが、最後にテーブルで仕上げる演出が連発した。こちらも、そう。客の目の前でソースを添える。

■鹿児島産純血種黒豚Kurobuta01Kurobuta02

 デザートに突入。

■蓬(よもぎ) 柑橘 ヨーグルトDessert_a01

■ベリー ローズマリーDessert_b01Dessert_b02
 おぉ、包んで隠す演出。

■栗の花の蜂蜜&桜Dessert_c01Dessert_c02
 マドレーヌが栗の花の蜂蜜、キッチュな形のサブレが桜。

 以上がいただいたコース。
 ペアリングのワインの紹介が少なかったけど、背景に滲むグラスを観て雰囲気を汲んでもらえればと。

 話を戻すけれど、こちら「Sublime」、8月10日に麻布十番へ移転するのだそうだ。
 激戦地、麻布十番での健闘を祈る。
 こちらの店舗は、新しいシェフを迎え「Cofuku」という新ブランドに生まれ変わるそうだ。新店にも期待。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:フレンチ | 新橋駅御成門駅汐留駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「こうらん」 @ 三軒茶屋

 

Korun_outs00

 茶沢通りから入った路地にあるあご出汁ラーメンがいただけるお店。
 L字カウンタとテーブル1卓。小体なお店ゆえ、内装写真には客人がばっちり映り込むので遠慮した。

Menu01Menu02Menu03

 では早速、いただいたメニューの数かずを。

■あごラーメンAgor_00
 あごの煮干しからは上品でいて旨味濃厚な出汁が取れることはよく知られている。
 家庭向けの“あご出汁パック”も売られてる。
 だからといって、家ではこのラーメンは作れないな。あたりまえか。
Agor_01  すっきりとしたスープなのにボディがしっかりあって旨し。

■半チャーハンHancyahan_00
 しっとり系にして軽やかな香り。こちらも美味。
 先の「あごラーメン」とのセットで¥1100。

 別の日。
■生姜焼き定食Sygyk_tei
 “特盛り”メニューもあるが、こちらは普通盛り。¥650。
 気持ち程度ではあるが、冷奴が付いて定食の体を成している。こういうところって大事だと思う。
Syogayaki  コスパも良いではないか。

 別の日。
■五目そば5eyessoba00
 しっかりと煮込まれた椎茸が印象的。
5eyessoba01  あご出汁でない普通の塩も良い感じだ。

■チャーシューゴロゴロチャーハン+ギョウザGyz_grcyh
Cyshgrgrc Gyoza_dm  それぞれにクォリティ高し。
 もう腹一杯だ。
 ¥50だからって、ギョウザを頼んだのが誤りだ。美味かったけれど!
 そう、この6ヶのギョウザが¥50なの!

Kanban  茶沢通りに出された看板に「地域最安!」と記されている。
 そりゃそうだろう。赤字でないか?

 ――肴も揃っていて、昼呑み可能。
 汗をかく夏場はビールなり、サワーなり、欲しくなるだろうな。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミナト」 @ 用賀

 

Minato_outs

 ユーミン御用達で知られるミナト@用賀。
 昭和な外観。惹かれる。

Kanban
Samples

 内装もレトロ感が充満。Minato_ins
 タイムスリップしたみたいだ。

Menu01
Menu02
Yuming00

■オムハヤシOmuhyashi00Omuhyashi01
 中はポークライス。Omuhyashi02
 濃厚でヴォリューミィなのに、優しさを感じるのはセットのお味噌汁の所為か、店の雰囲気の所為か。

 別の日。
 暑くなってきたから――。

■冷やし中華そばHyscyukas01
 タレは醤油系。コクの中にすっきりとした甘さ。自家製とのこと。
 麺は色白。Hyscyukas02

■氷あんずAnzuice01
 ザラメから作ったシロップに、しっとりと戻された乾燥あんず。
 仕事がひとつ一つ丁寧。

 あとから気がついたのだけれど、“冷やし中華そば+ミニオムハヤシ”なんてセットメニューもあったんだね。
 次回にはそのあたり、セットメニューで。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:洋食 | 用賀駅桜新町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第一旭」 @ 京都

 

No1ash_outs01

 奈良の親戚を訪ねるとき、京都で乗り換えとなる。
 朝早いときなどは、京都駅から近く、早朝から営業している第一旭が重宝する。

 『食べログ』の口コミ件数が1000件超。その人気は伊達じゃない。
 朝9時過ぎで行列だ。Gyouretu

 朝ラーで。
■メンマラーメンMenmar_01
 麺は近藤製麺
Menmar_02  自分としてはもうちょっと硬めの茹で加減が好みだが、スープとの相性を考えるとムニッとしたこのぐらいの柔らかさが良さそうだ。
 スープは王道のとんこつ醤油。ライスにも合いそう。

■餃子Gyoza01
 6ヶで¥250。安い!Gyoza02

 昼ラー。
 ビールをいって、つまみで。
■メンマー皿Tmm_menma01

■チャーシューメンCyasyur_01
 ほう、チャーシューメンにはもやしが加わるのか。Cyasyur_02
 ここに残しておいたメンマをトッピング。Cyasyur_03

 ビールのあてに、チャーシューも良い。Cyasyur_c

 至福の時間。Nairi

 次回行ったら、キムチー皿温存からのトッピングを試してみよう。
 とんこつ醤油と白菜キムチ。良いかも!

No1ash_kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ラーメン | 京都駅七条駅九条駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「稲廼家」 @ 梅島

 

Inanoya_outs

 けっこういたるところで、屋号「稲廼家」を見かける。
 こちらの稲廼家さんは、由緒・生い立ちがメニューブックに、店内の額に明記されている。Oitachi01

 店の歴史を記録し、しっかりと見せているお店って珍しい。初めて見たかも。

 創業は昭和7年11月14日、場所は本所区吾妻橋1丁目27番地。
 昭和16年8月15日に下谷区車坂町14番地へ。
 で、こちら足立区梅田7丁目10番地7号に移ったのが昭和27年3月14日。

 東京の区割り変遷を追うようで面白い。
 きっと、移動の度にドラマがあったのだろうなぁ。
 それにしても吾妻橋で店を始めたなんて、ちょっと凄い。大店(おおたな)だったのかな?
 そして、下谷区車坂町――。現在の上野バイク街辺りか。
 空襲で焼けちゃったのかな? ……なんて想像する。

 夢想はこのへんで止めておく。

Menu_h1 Menu_h2

Menu_n3 Menu_n4

Menu_n5 Menu_n6

Hgwrs_menu

 こちらの「稲廼家」さん、創作メニューが豊富。
 蕎麦屋の枠に修まらないほど。
 メニューの一部を紹介しておく。
 セットメニューも多い。嬉しいかぎり。

 ではでは、頂いたメニューをずらずらと。

 ミニ丼とミニそばの合わせから……

■ミニロースカツ丼とミニカレー南蛮Mkmc00
Mnlsk_01
Mncnb_soba

■牛スタミナキムチ丼合わせ冷やしきつねそばStmnkdhyk
Stmnkd_01
Hyk_soba

 こんなメニューも!
■ステーキチャーハンStkcyahan_00
 ミニサラダ付き。
Stkcyahan_01

 暑くなってきたからね。
■冷しむじなそばHymujina_00
 きつねとたぬきと、豪華な冷やしそば。
Hymujina_soba

 食後に蕎麦茶のサービスあり。
 テーブル主体の店内だけれど、奥に小上がり、座敷あり。ご家族、お子様連れも利用しやすい。
 出前もやっている。
 老舗にして、町蕎麦の鑑。

Inanoya_ins2

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 梅島駅五反野駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「AU GAMIN DE TOKIO」 @ 恵比寿

 

Gt_outs

 白金、五之橋商店街に在ったころ、訪問したことがあった。
 恵比寿に移ってからは初めて。

Bborad00

 「AU GAMIN DE TOKIO」と言えば、鉄板の見えるカウンター席が絶対人気、それは今も変わらないよう。しかし、今回は中二階的なテーブル席で。
 これはこれで、けっこう良い。カウンター席のにぎわいから距離をおき、プライベートな空間を確保できる。

 乾杯は泡。相方はキールだったかな?Awa_pans

 メニューはころころ変わるので、Upするのにどれだけ意味があるか……?であるが、この日のメニューの一部を載せておく。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu05 Menu06

 まずは、ブラックボードに“Specialite”と記されたこちら、
■とうもろこしのムースと生うにMorokoshiuni00
 このコンビネーション、鉄壁。Morokoshiuni01

■白タンポポとポルチーニ茸のサラダ、焦がしパンチェッタソースWtanpp00
 ほのかな苦みとポルチーニの独特な香り。そこに焦がしパンチェッタ。Wtanpp01
 “Specialite”もそうだが、どうやってこの組み合わせを思いつくのか。

◆NUITS-SAINT-GEORGES vieille vignes BLANC/ROBERT CHEVILLONWine0_0
 ピノ・ノアールの突然変異種ピノ・グージュ、100%。
 突然変異、新しいアロマだよね。
 インポーターは株式会社「ラフィネ」

■ホタテとタラの芽のソテー、肝バターソースHotate00Hotate01
 貝ヒモがフリッターに。

■仏産ホワイトアスパラと生ハムエッグフリット、スカモルツァチーズ添えAspara00Aspara01
 うわー、ぅわー。どうしようこの黄身。
 それにしても、加熱温度と時間、完璧なコントロールがないとこうはいかないだろう。

■乳飲み仔羊 鞍下肉のグリルKurasita00
 付け合わせは“ほうれん草のソテー”。
 って、付け合わせが選べるのも素敵な趣向だよね。
 脂がスムースで素晴らしい。そして“乳飲み”。草を食んでいない所為か全然匂わない。Kurasita01

 炭水化物系で〆といきたいところであったが、残念、お腹がいっぱいだ。パスタ、リゾットは諦めた。が、ワインが少し残っていたので……、
■チーズChees
 こちらも色いろ選べるのがいいね。

 最後はコーヒーで。Coffee

 意外性と完成度が高い次元で融和するメニューの数かず。
 ホールスタッフのきめ細やかな対応。またカウンターを陣取れば、調理の所作は最高のエンターテインメントに違いなく、凄いねAU GAMIN DE TOKIO

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ビストロ | 恵比寿駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千葉家」 @ 向原

 

Chibaya_outs

 都電荒川線向原停留所至近の中華、千葉家さん。
 いわゆる“街中華”の範疇に入るかと。

Kanban  表の看板にある「白ラーメン」が気になった。
 が入店して、白醤油を使用したラーメンをそう呼んでいることが判り、肩すかしをくった状態であったが、他にも色いろと気になるメニューがあったので良しとする。

Menu01
Menu02

 店内はテーブル主体。混雑時は相席となる。Chibaya_ins

 注文すると、アルコールを頼んだ訳ではないけれど中華奴が供される。Yakko
 何か得した気分になる。

 1st-Contact は“おすすめ”メニューから。
■マーボ・チャーハンMabocyh_00
 ボリューム多め。セットのスープも一回り大きい器だ。Mabocyh_01
 辛目好きな者のためにボトルで専用辛子(コチジャン?)もサーブされる。
 いやいや、なかなかの迫力である。

 下の炒飯が見えない。
 かき分けて確認。シンプルな玉子炒飯のよう。Mabocyh_02
 麻婆ライスより、マイルド&旨味増、美味し。

 再訪。
■五目そば5eyesoba
 中央に蟹肉が乗っている。
 偶然かと思うが、その下に海老が覗いている。
 滋味深いスープに様々な具材からのエッセンスが滲み入り美味。5eyesoba_sup

■餃子Gyoza00
 何かサービスしていただいたよう。数多し。
 メニューに控えめに(手打ち)とある。
Gyoza01  皮が厚め、モチモチである。

 3rd-Try。
■カレーうま煮ライスCurryumni_00
 写真に例のお通し中華奴がまぎれ入っている。ご容赦。
 どっさりキャベツ。食べ応えあるけれど消化も良さそうだ。
 もうほぼ“キャベツカレー”だ。
 せっかちな自分はライスをカレーどんぶりに投入だ。
Curryumni_01  ほら、やっぱり“キャベツカレー”。
 それにしても可愛いレンゲだ。

Table_set

 女将の声がパッシと気持ち良い。
 また来よう。
 気になるメニューがまだいっぱいあるし。
 ……白醤油ラーメン、やっぱり気になる!

 あれ、袖看板が「千葉“屋”」!?

Sodekanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 向原駅大塚駅大塚駅前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しろう」 @ 霞町

 

Shiro_outs

 様々なグルメサイトで紹介されているかしわ割烹しろうである。
 ブログ『わたべ歩き』(アンジャッシュ・渡部健)や『TERIYAKI』(堀江貴文)にもUpされているお店。……自分、やっぱりミーハーだな。

 ローケーション“@霞町”ってところにも惹かれる。
Shiro_plate  西麻布交差点至近で、美味しいお店がわんさかあるが、「しろう」は路地を回り込んだ先、しかも2階にあって、その存在を示すのは看板のみ。入ればL字カウンターだけの小体な構え。隠れ家感MAX。Shiro_ins

 某予約サイトで予約してあった。
 アルコールペアリングのコース。店主・山崎志郎さんにしてみれば『基本和食割烹のお店なので“ペアリング”って言うのは、ちょっと』……と違和感をお持ちのようであったが。

 ではでは、この日いただいた品々をずらずらと。

 お酒から――
新政「立春朝搾り」Aramasa
 平成29年度版。
 酒質管理の観点から、開栓後すみやかに飲みきって欲しいとのことで、新政はほぼ全ての商品を四合瓶で提供している。こちらもそう。

 「立春朝搾り」に合わせて、
■はまぐりHamaguri
 鹿島産。しっかりとした旨味。

■空豆とコノコの煎り蒸しMusimono_00Musimono_01
 季節感が迫ってくる。

写楽Syaraku
 出羽燦々の写楽って、ちょっと珍しくない?
 薄にごり仕様。ふくよかだけれど切れのある印象。

 合わせて椀物。
■甘鯛Wanmono_00Wanmono_01
 って、表面の大根に隠れて見えないけれど。
 椀に二重にフタをするような。保温を付帯効果とした面白い演出。

 お造り。
■赤貝Akagai
 写楽にぴったり。

 この後ワインにシフトする。
◆フレデリック・マニャンMagnien
 ブルゴーニュの名門。
 こちらも薄にごり的な……。
 インポータはテラヴェール

 こちらにあてるのが、
■カニクリームコロッケKanic_00Kanic_01
 トップはふきのとう。
 可愛い一品。素晴らしいユーモアセンス。
 中は思いっきりカニだよ。

■のどぐろ味噌遊庵Nodoguro00
 こちらは、先出の『わたべ歩き』にも紹介されていた。
 鶏ばかりでなく、魚の扱いも完璧。

 ここからカナダワインに。
◆Hidden BenchHiddenbench00
 自分、まったく不勉強で……。
 裏ラベルを載せておく。Hiddenbench01
 インポータはヘブンリー・バインズ

 さて、いよいよ“かしわ割烹”のクライマックスへ。
■鶏鍋Torinabe00 Torinabe01
 コラーゲンたっぷり。『東京カレンダー』にもフィーチャーされていた。
Torinabe02  つくねも入っていて、ひとつの鍋で幾度も愉しめる逸品。

◆ラフィングストック ヴィンヤーズLfng00
 こちらもインポータはヘブンリー・バインズ
 ヘブンリー・バインズのWebページに詳細な紹介文がある。

■親子丼Oyakodon00Oyakodon01
 トップは山葵菜。すがすがしい香りが、玉子の甘味&鶏の旨味とナイス・コントラスト。

 さてラスト、デザートだが、ここにもアルコールを合わせる。Desserta00
 「GODIVA」は置いておいて、鳳凰美田「いちご」は裏ラベルをUpしておく。
Tochiptpme00  茨城県産とちおとめ使用。保存料非使用。賞味期限二ヶ月という“生”仕様。

■アーモンドのアイスクリームDessert00
 こちらは甘さ控えめ。
 リキュール系のアルコールが合うよね~。

 このあとお茶でスッキリと〆。

 以上。

 “かしわ割烹”というコンセプトが面白い。
 お凌ぎ的な蒸し物から、椀物、お造り、と和の軸を押さえたサーブから揚げ物にカニクリームコロッケを繰りだす絶妙のカウンター。そして幽庵焼きを挿み、一気に鶏(かしわ)でたたみかける。
 合わせるアルコールも型にはまることなく日本酒からワインへと幻惑的な趣向。それがまた料理にマッチしているから脱帽である。
 堪能。口福。ご馳走さま。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:鳥料理 | 六本木駅乃木坂駅広尾駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「とんかつ太郎」 @ 野方

 

Ttaro_outs

 “八重山そば”がいただけるとんかつ屋さんとんかつ太郎
 野方駅至近。西武新宿の車中から見える。

 以前「野方餃子」の回で記したが、自分が上京し初めてくらした町が野方。二十歳の頃だ。その当時こちら「とんかつ太郎」は駅の反対側(北口)にあったそうだが、残念ながら記憶にない。
Ttaro_ins
Table_set  昭和40年からつづく老舗でもある。

Menu00
Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
Menu05

■八重山そばセット+揚げシューマイ8eys_set_and
 お盆上部中央が揚げシューマイ。Agesyumai00
Agesyumai01
 とんかつはロース肉。8eys_set_k_dm
 八重山そばは石垣島直送とのこと。8eys_set_sb
 八重山そばって、“八重山蕎麦”って書くと間違いになっちゃう。蕎麦粉free、小麦粉100%だから。独特の風味とコシがある。
 透明度が素晴らしいスープはふんわりと優しい味わい。島胡椒“ピィヤーシ”でビッシとしまる。 ひょっとして、“島とうがらし”や“ピィヤーシ”も直送かな?

Piyashi00 Shimatg_00

 “島とうがらし”は“みどり・物産”。“ピィヤーシ”は“竹の子”。

 「沖縄そば」「宮古そば」「八重山そば」などを判りやすく解説したWebページを見つけたのでリンクしておく。『八重山 島旅への誘い』と云うページ。八重山愛があふれている。

 言い加えておかないと。
 実は、お新香が美味い。白菜の間に切り昆布と鰹節がインサートされていて、旨味が深い。Oshinko00

 別の日。
 昼呑みを決め込んだ。
◆シークヮーサーサワーSiikwasas_00
 写真、ちょっと見えにくいけれど、シークヮーサーの切り実が入っている。

 有り難いことに、あの旨味抜群のお新香が通し。

 あてにこちら、
■ゴーヤとなすのピリ辛Goya_nasu00
 これで¥350って、安いよね。ボリュームあるよ。
 味も、あと引く感じで良い。

■ヒレ丼Filedon00
 「とんかつ太郎」で“丼”と言えばこのスタイル。かつの玉子とじを千切りキャベツに載せる仕様だ。Filedon_dm
 玉子とじの出汁が美味い。千切りキャベツにスッキリとした甘さの出汁が浸みて……。何とも好相性。
 トップの青海苔も良いアクセントだ。

 〆に。
■八重山そば(ハーフ)8eys_hf_00
 ハーフが嬉しい。
 嬉しいのでそばのUp画像を。8eys_hf_up

 浸みしみのキャベツが食べたくなって、再訪。
■かつ丼定食Katudont_00
 定食類にはしじみ汁が付いてくる。自分のような呑み助に優しい味噌汁だ。
Katudont_01
Katudont_02  肉はロース。ヒレ丼と比べるとがぜんボリューム感が増す。

 次回はどうしよう?
 夏場の昼呑みは、オリオンビールで始めるの良いかな?
 カツカレーやエビフライも気になる……!

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:とんかつ | 野方駅都立家政駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しらはま」 @ 大森町

 

Shirahama_outs1

 ランチで利用。
 大森町の人気洋食屋さん。内装写真は開店直後。入れ替わり立ち替わり、いつもほぼ満席。

Shirahama_ins1
Counter

 ウィークデイ(月~土)の日替りランチがお得感もあり、特に人気大。

 この日は……M_higawari161203
■チキンカツとベーコンのオムレツHigawari161203_all
 これで¥800(こちらは税込み。以下外税)。Higawari161203_katu
 オムレツにはベーコンの他マッシュルームなども入り、手抜かりなし。

 日替ランチだけでなく、レギュラーメニューも注文可。
 こちらは外税表記。ずらずら~っと載せておく。

Menu_01 Menu_02 Menu_03 Menu_04 Menu_05 Menu_06
 カツカレーなども人気大。

 メニューを研究し(??)再訪。
 って、洋食の定番セットメニューで。
■えびフライ・ハンバーグ(¥1050)Ebif_hamb_00
 ライスと味噌汁は別注(こちらはセットで¥250)。
 えびフライ用のタルタルソースが付いている。Ebif_hamb_01
 ハンバーグはとてもジューシー。Hamb_dm
 満足度120%。

 次ぎは、昼から“呑み”に入った。
◆白ワイン 187ml(¥700)Wine00
 シャルドネ。辛口で食事・肴に合う。

■グリーンアスパラとベーコンのチーズ焼きAspr_becn_00
 ベーコンの塩味、これビールにも合うな。Aspr_becn_01

■コキール・エビ(¥900)Kicol_ebi_00
 “コキール”って何?
 フランス語で“coquille”。貝殻の意味だそうだが、「いらはま」ではグラタン皿を使用している。
 グラタンとの違いは、パスタ系の具が入っておらず、海鮮素材をベシャメルソースでまとめた一品。マカロニ・パスタが入っていないから、アルコールのあて・肴にもってこい。Kicol_ebi_01

 この日の〆。
■オムライス(¥800)Omrice_00
 ソースがケチャップとデミソースの掛け合わせ的な感じ。面白い。Omrice_01

 でも、やっぱりウィークデイの日替りがリーズナブルで魅力的かな。
 別の日。M_higawari170415
■エビ,魚のフライとベーコン・ほうれん草のオムレツHigawari170415_all
Higawari170415_ebi  間違いない。

 アットホームな雰囲気の中、しっかりとした洋食のいただけるしらはま。ついつい寄っちゃう。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:洋食 | 大森町駅梅屋敷駅平和島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧