美食探訪

「与作」 @ 京成立石

 

Yosaku_outs0
Yosaku_outs1
Yosaku_ins0

 お休みほとんどなし。朝9時から営業。そしてAll-Time“呑み”OKという、「朝から派」にとって、神のような食堂。
 路地奥なので、見逃さないように。
 メニュー豊富。目移り必至。

Menu_brd
Menu_brd2
Menu_01
Menu_02
Menu_03
Menu_04
Menu_05

千歳鶴 からくち生Chitoseturu_00
 札幌のお酒。
 研ぎ澄まされたような、スパッとした飲み口。

■えのきおひたしEnoki_00

■山かけブツ入りYamakake_00

■里芋・がんも・厚揚げ煮Ganmo_and
 この手の煮物、大好物なんだよね。

■納豆玉子焼き定食Nattotgy_t_00Nattotgy_00
 ご飯に温存していた山かけを add-on。Ymkkm_00

 納豆玉子焼き、割ったらトロトロ仕様。Nattotgy_dm
 ならば、とさらに add-on。Ymkkm_addn_00

 この日はお酒「国士無双」もいったのだけれど、写真は割愛する。

 別の日。
■ブリ刺身定食Burit_00
 みそ汁を豚汁に spec-up 。
 こういう注文にも対応してくれる。ありがたい。Buriss_00

 さらに別の日。
 今年の1月3日にいただいたのは……。
■ハムエッグHmegg_00
 お酒、いかなかったのかなぁ。メモなし。
 お正月限定で〆張鶴一合が¥700だったのだけれど。

■お雑煮Zoni_00
 丸餅だった。Zoni_01

 最初に「お休みほとんどなし」と記したけれど、本当だよ。Nm_ns
 次の年末年始も頑張るのかなぁ?
 また、お雑煮食べに行こう。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 京成立石駅青砥駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「盛一庵」 @ 大山

 

Sa1_outs
Out_menu

 散歩の途中で。店先に出ていたメニュー案内に惹かれて訪問。

Sa1_ins1 Sa1_ins2

Menu00
Menu01
Menu02
Menu03

 セットものメニューも気になったけれど、ぶれずにこちら。

■元気豚 ピリ辛肉汁せいろPiributa_00
 2017年の麺産業展で大賞を獲ったというメニュー。
 ビッグサイトの麺産業展かな?

Piributa_01Piributa_02Piributa_03

 つけダレにはデフォルトで少量の胡麻が入っているが、卓上にある「ごまの花」を追加投入しても面白かったかも。Furikake00

 そば湯割りがまた美味いPiributa_04

 もう一笊(ざる)いけそうと、追加注文。
■葉わさびとろろせいろ ¥930Hwsbtrr_00
 辛いものお好きなんですか? と女将さんとおぼしき方に言われてしまった。
 大好きって訳ではないのだけれど、「はい!」と応えておく。

 葉わさびととろろ芋の組み合わせは素晴らしい。発見者偉い!Hwsbtrr_01

 別の日。
 他にも気になったメニューがあったので再訪。
■合鴨せいろKmseiro_00
 鮮度にこだわり、国産鴨を使用。柔らかくて鴨特有の旨味が濃厚だ。Kmseiro_01
 おつまみメニューの「カモ焼」も美味しいに違いない。

 さらに別の日。
■カツ重セット(そば)Ktjset_00Ktjset_01
 お新香とお味噌汁が付いている。
 玉子の火入れ加減がナイス。ナルトとほうれん草に薄く優しく白身の膜が掛かっている。
Ktjset_02

 そろそろ、牡蠣のシーズンかな?
 去年食べ損ねた牡蠣メニューが気になる、きょうこの頃……。

Kakis_m
Kakin_m

 

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 大山駅中板橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「金田中 草」 @ Cerulean Tower

 

So_outs00

 勇んでいったら、ちょっと早かった、店先には“Closed”の表示が。
 でも、すぐに開いたけれど。

Kondate00

 散歩スタートに合わせた朝食シリーズ。
 渋谷は Cerulean Tower の2階、金田中 草。朝7時から営業している。
 ホテル・レストランの朝食って、初のレビューだけれど、たまにはね、こう云う朝食もいいでしょ。

So_ins00  緊張していたのか、メモとり忘れ。
 説明抜きで画を並べる。美味しさ、伝わるか……? 汗)ゞ

Hashi_00
Reihai_00
Onmono_00
Bon_zenkei_00
Ul00
Ur00
Dl00
Dr00

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 渋谷駅神泉駅代官山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「永新」 @ 宮ノ前

 

Ashin_outs00Ashin_outs01

 東京女子医大通り、幸せふくらむ宮前商店会。
 メディアで紹介される有名店、永新である。
 おぉっ、L字カウンターの行き止まりに“きたな美味い店”認定書が掲げられている。Nint_01

Counter00
Water00

Menu00
Menu01
 メニュー豊富で、オーダーに迷う。
 自分は、迷ったとき、特に初めてのお店で迷ったときには大概これを注文する。

■五目ソバ5eyessoba_00
 ゆで玉子と伊達巻、両方入っている。ゆで玉子には飾り包丁。
 麺は手打ち麺に変えてもらった。普通の麺もえらべる。5eyessoba_01
 スープはキリッと透きとおった鶏ガラベース。
 あっさりとしたなかにも滋味深い奥行きがある。胡椒もお酢も合いそうだけれど、この日は辣油を添加。――やっぱり美味。5eyessoba_02

 別の日。
■五目チャーハン5eyescyhn_00
 具材の種類が多い。これで¥850は安いだろう。
5eyescyhn_01  口中で様々な食感と味が、つぎつぎと現れてくる。
 口福とはこういうことか。Counter01

 さらに別の日。
■肉豆腐丼Nikutfd_00
 じつは、先の五目チャーハンの日に、まずオーダーしたのがこちらだった。
 ところが、豆腐がなく、お姉さんが「買ってきます!」と豆腐屋さんに走るも、豆腐屋さんがお休みで、結局入手できず。「ごめんなさい~!」っとなってオーダーを変えたのだった。なのである意味、念願の肉豆腐丼である。

Nikutfd_01  麻婆豆腐のような片栗粉のとろみはない。さらりとした甘辛出汁が下の白飯にも沁みしみ。
 野菜の配置もバランス良く、“これだよこれ”っと、自分のストライクゾーンど真ん中に入ってきた一杯だった。

 別の日。
 呑みに入った。Beer_00

 ビールのあては……
■餃子と小エビのケチャップカラシGyoza_and_00

 ちょっと見栄え良くないけれど餃子の断面写真を。Gyoza_dm
 野菜多めの効用か、大振りでヴォリュームあるけれど味わいは軽やか。

Coebikcp_00  ケチャップカラシ、ようはチリソースってことだよね。
 ビールがすすむ。

■キムチ冷しKimuchihys_00Kimuchihys_01
 キムチがばらけるにしたがい、醤油出汁がだんだんと四川風スープに変わっていくのが面白い。Kimuchihys_02

 こんど行ったら、なにを食べようか。
 Webでは「とりそば」や「中華風おじや」が露出しているけれど、未食。「ガツ野菜イタメ」も気になるし。未だに迷っている。

 いや、そもそもこの宮前商店会が凄い。東側にのびる熊野前商店街も合わせて近傍には美味しい処がいっぱいあって、メニューに迷う前に、どの店に入るか迷う状態。
 ちなみに、路をはさんでお隣は以前拙ブログで紹介した「どん平」だ。

 この激戦区にあって「永新」は創業45周年くらいになるのではなかろうか。
 もうすぐ半世紀。
 しんどいこともあるかもしれないけれど、頑張ってもらいたい。

Ashin_outs02

 

関連ランキング:ラーメン | 宮ノ前駅小台駅熊野前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Pour toi」 @ 森下

 

Pour_toi_outs

 あとから判ったことだけれども、こちらのPour toi、江東区のフリーペーパー『ことみせ』にしっかり紹介されていた
 オーナーシェフの嶋田修さんは都内ホテル(グランドパレス?)で料理長を務めていた方で、古典フレンチの継承者だ。

Pour_toi_ins

Menu01 Menu03

Menu02

 深川オムレツのセットを注文。

 まずスープ。この日は「ソワード・パリ」。Sowardpari_00
 知らないメニュー名だったので、尋ねると、ジャガイモの冷製スープにチキンコンソメをトッピングしたもので、「パリの夕暮れ」という意味だそう。フランスで最近考案されたメニュー、いわゆる“ヌーベルキュイジーヌ”の一品らしい。Sowardpari_01

 『ことみせ』の解説にあるけれど、ランチタイムに助っ人として入る市川シェフの手によるものか?

 そしてたっぷりのサラダ。Salada0513

 メインの深川オムレツ、ご飯が立っている。Omurice00
 アサリの旨味、玉ねぎの甘味が玉子の優しい風味でまとまって美味。Omurice01

 デザートも完璧。Dessart0513
 レアチーズにドラゴンフルーツなどのカラフルなフルーツが盛りつけられ、見た目にも美味しい。回りはキャラメルソース。

 別の日。サラダガレットで。

 この日のスープは、クラムチャウダー。Clamchowder_00
 ほっこりと和んでしまう。

 メインのガレットは、オープンタイプ。Galette_00
 トッピングは自家製のスモークチキン(他にスモークサーモン,生ハムが選べる)。
 下にはラタトゥユが敷かれている。野菜を愉しむ仕様である。Galette_01

 デザートは先出とほぼ同型なので写真略。

 下町の街角で、カジュアルに、フレンチ-ランチの巻。
 そうそう、ランチ営業は金・土・日曜だけなので注意のこと。
Water00  週末のランチはスローに……。って、良いじゃん!

 

関連ランキング:フレンチ | 森下駅清澄白河駅菊川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ISUKE」 @ 葛西

 

Isuke_outs00
Kanban00

 散歩スタートに合わせた朝食シリーズ。
 こちらのカフェ、なんと朝7時から営業している。ありがたい。

Isuke_ins00
Regi_count

 けれど、内装のこの可愛らしさは、じぶんのようなオヤジにはちょっとキツイかも。
 レジカウンターでアライグマがお出迎えだ。

Menu01
Menu02

 朝セットを注文。
 先に登場はアップルジュース。Applej_00
 アップルジュースの他、コーヒー(Hot/Ice)、紅茶(Hot/Ice)、オレンジジュースから選べる。コーヒーのお代わりは無料とのこと。

 ドリンクより、テーブルの上のキャンドルが気になる?
 キャンドルを模したライトだね。

 本体の朝セット。Morning_00
 写真のトーストはハム。他にシュガー、シナモン、ココア、きなこが選べる。

 レタスとスクランブルエッグはデフォルトで付いてくる。
 これで¥370とは破格。

Isuke_ins01

 別の日。
 ラテマキアート(¥340)と……Light00
 サルササンド(¥490)。Hotsand_00
 ソーセージとチーズとサルサソースの組み合わせ。美味し。Hotsand_01

 実は写真左側のスタンドは、自分が手帳を開いているのを見たお店の方が、持ってきてくれたもの。
 寄り添うようなサービスに感謝。
 写真も撮りやすくなったし。

 ホットサンドの種類は色いろある。
 次回は「めんたいもち」をいってみるか。
 飲み物は甘いものにする? 有名チョコレートを意識したと云う「アポロ」とか?

Plate_00

 

関連ランキング:カフェ | 浦安駅葛西駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なみま」 @ 下赤塚

 

Namima_outs0

 “がっつり”いきたいときに!
 下赤塚の駅からR254・川越街道へ向かう右側、チャーミングな豚さんマークが目印。

Namima_ins0
Namima_cunt0

 メニューはナンバーリングされている。
 みんな「**番!」っと元気にオーダーする。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu05
Menu06

 しかし、例外もある。こちらだ。
■Aランチ ¥790Alunch_00
Alunch_01  メンチカツ×2ヶ,チキンカツ×2ヶ,クリームコロッケ×1ヶのセット。
 みそ汁付き。

 メンチとチキンカツは食べやすいよう包丁が入っていたので、断面写真は楽勝。
Alunch_mAlunch_c  クリームコロッケは柔らかくて崩れてしまっったので、断面写真はなし。

 ソースは二種用意されている。中濃ソースと「ピクルスソース」と呼ばれるちょっと酸味が強くてスパイシーなソースだ。

 別の日。
■72番Nm72_00
Nm72_01  鉄板定食の中から、ハンバーグ,チキンカツ,クリームコロッケのセット。
 鉄板だから最後まで熱々をいただける。
 チキンカツの下に敷かれたオニオンソテーは甘くトロトロだ。

 あれ、これって先のAランチの構成とほぼ一緒だぁ。
 自分の食指が自然と選んでしまった鉄板定食。

 別の日。
■115番Nm115_00
 “とんかつ”系から、ヒレカツとメンチカツのセット。
 ヒレカツの上にメンチが乗っている。子亀/親亀みたい。

 そして、白ゴマ付き。
Suribachi  白ゴマはすり鉢でつぶし、擦り立ての香り込みでいただく。

 ヒレカツの断面を見よ!Nm115_hk
 この厚さ。火入れ加減もBest、肉汁がにじんでいる。
 どこぞのブランド豚であろうか。はたまた大将の腕か、柔らかくて香りが良い。

 このクオリティで¥1090は安い。
 ヒレカツ、ロースカツだけの定食ならば¥980と千円を切ってくる。
 感謝。

 次回は80番。チキンカツ タルタルソースかけ(¥790)を!

Sexy_00

 

関連ランキング:とんかつ | 下赤塚駅地下鉄赤塚駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「広栄」 @ 千鳥町

 

Cdtysk_00
Koei_outs

 千鳥町商栄会のお蕎麦屋さん広栄

 

Koei_ins

Koei_ins_sd

 しっとりと昭和の香りが漂うお店だ。
 厨房が覗けるウインドウの横にはカラフルなチップが整列した棚がある。食券代わりのチップと想像するが、これって今も使っているのか?

Menu_01
Menu_02

 メニューにはカレーや中華の部まであって、町蕎麦のそれ。

■小エビ唐揚げKoebika_00
 のどが渇いていたので、ビールを頼んで、そのあてとして。
 奥の「えだまめ」はビールを頼んだらいっしょに出てきたサービス品。
 にしても、小エビのお皿が可愛い過ぎる。“humming tune”ってウサギがはねている。

 この日の蕎麦は、池上麺業組合青年部統一メニューの、
■カレー南せいろ(中辛)Currys_00
 おぉ、店名にあるように、確かに蕎麦は更科系。
 カレー出汁の粘度と更科のつるりとした感じがバランス良し。Currys_02
 カレー出汁自体が、豚バラ肉の旨味・甘味がカウンターとなって美味し。
Menu_03

 別の日。
■冷したぬきそばColdtnk_00
 ぶっかけ冷し類は、更科系蕎麦が合うような気がしてきた。
Coldtnk_01  熱い出汁だと細いだけにすぐにダレてきてしまうけれど、冷たい出汁ならコシが維持される。

 別の日。
■山かけそばYamakake_00
 変だなぁ、自分けっこう太くて歯応えある田舎蕎麦が好きだったのだけれど、更科系も美味いなぁ。
Yamakake_01  とろろ芋がからむ絡む。

 レビューを書いていたら、また行きたくなってきた。
 こんどは丼系をいこうかな。Menu_l
Sample
 ランチだとセットメニューがお得だし、使用のお米にもこだわりがあるようだし。
 あれ、ちょっと待って。先のお品書きに『セットメニューはお好みによりお作りします』ってあったぞ! どう云うこと!?

Kanban

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 千鳥町駅武蔵新田駅下丸子駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CUJORL」 @ 渋谷

 

Cujorl_outs

 渋谷桜丘、プラネタリウムも気になるけれど、そこをぐるりと回り込む。渋谷の喧噪もここまでは届かない。静かで穏やかな街並みにCUJORLがあった。

Cujorl_ins_l Cujorl_ins_r

 内は、白壁に木目のカウンターとテーブル、黒い椅子がシックな重みを演出する。
 照明は朱色に寄った暖かめの色調だ。

 この日のおすすめメニューをボードで確認。Menu_today
 スタンダードメニューはお店のホームページに詳しいので、そちらをご参照のこと。
 ここではドリンクメニューをUpしておく。Menu_drink

 一杯目はマルフィ ジントニックだったかと。Cutlery

 アミューズは、
■ホタルイカと春キャベツの煮込みHotaruik_00
 コースを頼んだのではない。
 なので、「アミューズ」と言うよりは「お通し」か。

■イワシの炙りと水茄子,みょうがのマリネIwashi_00
 みょうが、水茄子、和の食材もイタリアンな雰囲気に。

Bread

 白ワインを所望すると、メニューに「テーブルにお持ちします」とあったように、ボトルがずらっと並べられた。Shiro_00

 チョイスは、
◆ヴァルディベッラ ムニールShiro_01
 シチリアのワイン、果実味がふわりと香る飲みやすいワインだった。

 つづいて、
■自家製おつまみチャーシューCyasyu_00
 芥子も添えられて、中華もしくは居酒屋的メニューだが、味付けはシンプルに塩のよう(醤油系だと本当に中華/居酒屋になっちゃうところ)。
 炙られて豚の甘味がぐっと出ている。

 ワイン、赤にしよう。
 とまた、ずら~っと。Aka_00

 並べられると、ラベルで選んじゃう!?
◆バルベーラ・ダスティ アシノイ カルッシンAka_01
 花をくわえたロバの絵がかわいい。
 イタリアはピエモンテ。
 「ASINOI」は生産者が飼っているロバ(伊;ASINO)と“私たち”の意の「noi」からの造語だとか。
 インポータは『ベリー・ブラザーズ&ラッド』。

■リコッタチーズを詰めた花ズッキーニのフリットZucchini_00
 断面写真はなし。
 リコッタチーズは火入れしないで、フレッシュなままで食べるの一番、との定説もあるけれど、このフリット、食べてみて!

■オーストラリア産仔羊の瞬間くんせいCohicuji_00
 ふわっと薫香が昇る。
 「上品な燻製」って言うとヘンだけれど、そんな感じかな?

 付け合わせのお野菜たちも美味かった。Cohicuji_01

 ワインが進んじゃって、赤、2杯目。
◆ボッカディガッビア ロッソ・ピチェーノAka_02
 樽を運ぶトラックの絵が写実的。
 仔羊に負けていない。ぐっと来る赤。ワイナリーのホームページをリンクしておく。

 赤ワインを残しつつ、〆へ。
■自家製グアンチャーレのカルボナーラスパゲティCarbonra_00
 グアンチャーレ、Wikipediaに記されているけれど、バラ肉を使用するパンチェッタと異なり、ホホ肉(豚トロ)を使った塩漬け。
 それが、黄卵のみでまとめられたカルボナーラに。
 旨し。このパンチ力は計り知れない。
 赤ワインのあてにもGood。

 写真はハーフポーション。取り分けると話したら最初から分けてくれた。
 ちなみに「CUJORL」は大概のメニューがハーフオーダー可能とのこと。

 さて、デザートである。
 メニューをUpしておく。
Menu_dess
Menu_cafe

■グレープフルーツのババロア w/ パイナップルシャーベットBavarian_00

■イチゴとリコッタチーズのスフレ w/ チョコレートアイスクリームCheese_cake_00

 Cafeの写真は普通すぎるので割愛。

 桜丘に足を運んで大正解。
 ランチメニューも魅力的だし、こんどはお昼に。

 

関連ランキング:イタリアン | 渋谷駅神泉駅代官山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Bigarade」 @ 曙橋

 

Menu_01_l_2 Menu_01_r

 表に掲示されていたメニューに惹かれて、ランチで利用。

 ビルの二階。外観写真を撮ったらクリーニング屋さんの写真になってしまったので割愛。
代わりに入り口ドアの写真を。B_door

 Web「食べログ」にお店から提供のものと思われる詳細なメニューがあるが、こちらでも少しUpしておく。Menu_02
Menu_03
 魚料理は見あたらない。お肉を使った料理が得意のよう。

■スパイシーチキンランチSc_000
 お味噌汁が嬉しい。
 サラダも付いてバランスのとれたランチである。
Sc_001  メインのチキンはエストラゴンか? 香り高くて、ジューシー。

 別の日。
■牛すじデミ赤ワイン煮込みランチGyu_demi_00
 赤・黄のトマトにブロッコリが加わって色鮮やか。Gyu_demi_01
 牛スジはしっかり味がのっている。柔らかいし。満足。Gyu_demi_02

 本領発揮は夜なのだろうけれど、ランチもいけるダイニング・バー。
 曙橋の穴場ランチかと。

Window

 

関連ランキング:ダイニングバー | 曙橋駅若松河田駅牛込柳町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧