美食探訪

「Bepocah」 @ 原宿

 

Bepocah_outs

 ミシュラン東京2017で“ピブグルマン”を獲ったと云うことで、注目度Upのペルー料理レストランBepocah(ベボカ)

 予約は取れたけれど、さすがに満席状態。店内写真は割愛する。

 メニューはお店ホームページに詳しく載っている。ここではいただいたトラディショナル・コースのページのみ紹介しておく。Menu01

 乾杯はビール。
◆Cerveza CusquenaBeer_sq
 ペルー産、大麦のビールだ。

 相方は同じくペルー産の“Cerveza Cristal”をいっていた。

■本日の鮮魚のセビチェCeviche
 セビチェ(Ceviche)とは柑橘や唐辛子を使用したマリネ。甘いトウモロコシが添えられて、小ぶりなひと皿だけれど、バランス抜群。
 コースの始まりにわくわくする。

■前菜の盛り合わせAppetizers01
 この彩りにイチコロだ。

 奥は、ライムと唐辛子で風味づけたマッシュポテト。
 断面写真も載せておく。Appetizers06

 左は、蒸しタコ ペルー産紫オリーブのソース。Appetizers02

 右は、じゃがいも 「ワンカイーナ」ソース。Appetizers03
 フェタチーズと黄色いとうがらしから造ったソースをまとった茹でじゃがいも。

 最後右奥は、キヌアのソルテリート。Appetizers05
 三色のキヌアを使用したサラダ(って言って良い?)

 後ろにワインが写っている。
 そう、前菜の段階でワインに切り替わっている。

◆MI TERRUNO,Torrotes 2013Win00
 アルゼンチンのワインだ。
 インポーターは「株式会社 カサ・ピノ・ジャパン」。本社はアルゼンチン・ブエノスアイレス。
 こちららのOn-Line-Shopにあった解説をまんま引用しておく。
『アルゼンチンの固有品種トロンテス100%使用のワイン。輝く黄緑色の色調。スキンコンタクトをしてからの醸造で、葡萄の個性とともにテロワールの良さがしっかり出た魅力的なワインです。日本人になじみ深いマスカットの香りや優しいベジタブル系の香りを持ち、あと味の良さが抜群。日本料理の基本になるアミノ酸の旨みによく合うワインで、甲殻類の料理、また天ぷら「特にアナゴや海老」にぴったりです。さらに、熱を通したトマトソースを使った料理にもおすすめします。』

 コースは次のステージへ。
 魚or肉を選ぶ。相方が魚、自分が肉を選んだ。

■キヌアの煮込みと魚の鉄板焼き マイクログリーン添えGrilledfish

■グリル料理の盛り合わせ じゃがいも添えGrilledflesh
 メニューには“Parrilla Mixta”とも記されていた。国産牛ハツ、牛サーロイン、豚バラ、鶏手羽中。色いろな肉が一度に愉しめる。
 奥のマスタード(っと言っしまってはちょっと違うけど)がペルーの香りを運んでくる。

 メインも二種からチョイスするルールだが、相方、自分とも同じメニューをチョイス。

■アヒ・デ・ガジーナAji_de_gallina00
 親鶏のスープで煮込んだ若鶏の胸肉、とうがらし、ミルク、チーズとペカンナッツ。
 ライス付き。
 しっかりとした味付けでライスがあってちょうど良い。香辛料の使い方が独特だけど、ライスにも合うんだね。Aji_de_gallina01
 ペルー料理って、日本人の舌にもあうのでは? と、グルメ情報誌からの情報を実体験。

 選ばなかったもう一品、セコ・デ・レス、黒毛和牛とコリアンダーの煮込みも、さぞかし美味いのだろう。

 デザートも、言ってしまえばアイスクリームとシャーベットだけれど、ペルーの風味が加わって面白かった。

■ルクマLucuma

■アグアイマントAguaymanto

 以上、コース終了。

 今度行ったら、アラカルトで攻めようかな。
 ワインリストに気になるガイドを見つけたんだよ。Pisco_g
 ペルーにはぶどう果汁から造る蒸留酒、「ピスコ」なるものあって、サワーにすると食中酒としてもいけるらしい。
 アラカルトメニュー“パパ・レジェーナ(豚肉の煮込み「アドボ」をマッシュポテトで包んだクロケット)”なんかを「ピスコサワー」で!

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中南米料理(その他) | 明治神宮前駅原宿駅外苑前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たいよう軒」 @ 神保町

 

Taiyok_outs

 1st-Contactは「事前情報なし、散歩の途中で」。
 なんとまだ早い、9:38に入店した。
 店先に“営業中”の札が出ていたので、扉を開け、見るからに仕込み中の店主さんに「やってますか?」と声をかけた。
 店主さん、一瞬フリーズ。
「『営業中』ってなっていますけど?」
 店主さん、ほがらかに「どうぞ」。
 ……いやぁ、たぶん仕込み中だったな。申し訳ない。
 ラストの写真はそのとき撮ったもの。たぶん通常の営業時間内では、この陽射しの演出は見られないかと。

Kb_menu
Counter
Naka

■チャーシューワンタン麺Cyswtnm_00Cyswtnm_01
 海苔の下にはメンマとサヤエンドウが二つずつ。Cyswtnm_mup

■五目麺5eyesm_00
 やっぱり“塩”系も素晴らしい!5eyesm_mup

■餃子Gyoza_00
Gyoza_dm  断面写真まで撮ったのに、肉汁たっぷり感が伝わらない。歯がゆい。

■四川風麻婆豆富定食Mabotoft_00
 “豆腐”ではなく“豆富”と記すところに、店主のこだわりが現れている。Mabotoft_01
 美味し。

■冷やし中華 ¥850Hiysituk_00
Hiysituk_01  豚と鶏と二種のチャーシューが載る逸品。

■ラーメン&半チャーハンRmen_hncyh_00Hncyh_upRmen_up

 ど直球な支邦そば、久々に食べたな。

Kage_00

 

関連ランキング:ラーメン | 九段下駅神保町駅竹橋駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「和とん」 @ 赤羽

 

Waton_outs

 そこに在るのは知っていた。ちょっと気になっていたお店。
 看板にお店のこだわりが記されている。

Kanban_ue Kanban_shita

 その壱 豚肉:山形米沢「一番育ち」
 その弐 米:新潟産 鑑定士推奨米
 その参 タレ:クセになる甘辛の秘伝タレ
 その四 炭:香り良し 備長炭

 「一番育ち」は脂肪の甘さ旨味に定評のあるブランドだ。

Kanban_2

 自分はランチでの利用。ランチでは丼物しかない場合もある。
 まぁ、自分はその丼が好きなのだが。
 お店ホームページにメニューが載っているが、こちらでも一部を紹介しておく。

Menu02
Menu01
Menu00

 店内は牛丼屋チェーン的コの字カウンタのみ。コの字の片翼はテーブルが付けられている。
Counter  コの字の奥に厨房があって、調理の所作は見えないが、横にある窓越しに立ち上がる炎が見えることがある。
 炭に豚の脂が落ちてFireしたのかな、そうに違いない。

■豚丼(ミックス)Bd_mix_00
 ロース、肩ロース、バラ肉の三種盛り。
Bd_mix_01  サービスの梅酢漬けがまたあう。

■とんとろ・タレ焼き丼+キムチTontoro_tare_00
 トッピングで頼んだキムチが別盛りできた。
 写真左奥、切れているのはレモンサワー。昼から呑み。
Tontoro_tare_kmc  トロ肉の甘さとキムチの酸味・辛味がよく合う。

 最近、豚丼専門店をちょくちょく見かけるようになった。
 そろそろ群雄割拠の時代に入るのか!?

 “本格炭火焼き”を謳うこちら和とん、Take-Outあり。
Logo

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:豚丼 | 赤羽駅志茂駅赤羽岩淵駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エリカ」 @ 竹ノ塚

 

Erika_outsa

 散歩スタートに合わせたモーニング-シリーズ。
 竹ノ塚駅そばのエリカ。TV『アド街ック天国』でも紹介された名店。

Kanban Plate

Erika_ins

Menu03 Menu04

Menu02
Menu01

 メニュー豊富。ランチ利用でも遜色なし。
 これらレギュラーメニュー、朝からいただけるようだ。
 「ちょっと時間がかかりますけど、」とおことわりが入ったがけっこう早くでてきた。

■鮭トロ丼Saketorod_00
 冷や奴までついて¥480。安い。Saketorod_01
 しかも、朝なので¥200でコーヒーが付けられる。Coffee_00

 別の日。
■焼うどんYakiudon_00
 豚こま肉にキャベツなど、具だくさんな印象。じっさい美味し。Yakiudon_01
 Webで確認したところ『アド街ック天国』では、「焼そば」が紹介されたようで、そばをトーストで包んでいる画がフィーチャーされている。

 また、別の日。ちゃんとモーニングも頂いておこう。
■ロールドック(モーニング・サービス C)Rolldoc_00
 こちらはコーヒー含めで¥480。
Rolldoc_01  ドックの奥にはチェリソー的なソーセージが潜んでいる。

 昭和の香りが立ちのぼる喫茶店。
 ゆで玉子付きのモーニングセットが、やっぱり似合うかな。
 自分としては、鮭トロ丼、焼うどんも、妙にしっくりきちゃったけれど!

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:喫茶店 | 竹ノ塚駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「龍山」 @ 東大島

 

Ryuzan_outsa

 ずっと黙っていたお店。
 内緒でも何でもなく、様々な雑誌でフィーチャーされているから、みんな知っているに違いないと思っていた。今さら自分がコメント寄せるのも気が引けるって感じ……。けどけど、『食べログ』の口コミ件数が自分の予想の五分の一もないではないか。

 ってことで、東大島は中華の名店龍山である。
 雑誌の情報によると創業は1972年。

 店内はテーブル主体。
Ryuzan_ins 混雑時は相席になることも。

 メニュー豊富。ランチのセットメニューもある。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu05 Menu06

 張り紙も要チェックのこと。品出しカウンターの回りは特に。Menu07
 日替わりメニューはTVの右下のボードに記されている。

 自分はもっぱらランチでの利用。けど散歩で汗をかいてビールをいくこともままある。
 瓶はアサヒのプレミアム・熟選。Beer
 生は同、スーパードライ。Namabeer
 お通しはその時々で変わる。
 で、注目は生ビールの写真。TV下のテーブルに女性のお一人様が写り込んでいた。
 「いよ、姉さん、分かってんじゃん! この店はどれも美味いよね」って、エールを送りたくなる。

 ビールのあてに迷う――
 まずは定番で、
■餃子Gyoza_00
 しっかりした旨味である。Gyoza_01
 5ヶ or 3ヶが選べる。
 ごまダレの水餃子(\600)もある。

■油淋鶏Urinchi00
 こちらも定番アテ。
 外はパリ、内はジューシーってやつ。
 あちゃぁ、断面写真撮り忘れ。

■ゆでイカのねぎしょうゆがけYudeika_00
 絶妙の茹で加減。
 途中から卓上のお酢や辣油をかけて味の変化をつけるのも良い。

■カニと豆腐煮Kanit_00
 カニの風味をまとって、上品な豆腐料理になっている。
 それが、このヴォリュームで¥750。

 複数人で行ったときは一品料理をシェアできるから、色いろ頼んでワイワイやるのが良かろう。
 お一人様の場合は、2品も頼んだらけっこうお腹がいっぱいになっちゃうかもね。そんなときの〆には……、
■小チャーハンMinicyhn_00
 ナムルまで付いて¥500。Minicyhn_01

 流れでこれまででいただいたチャーハンを紹介。
 「龍山」のチャーハンはパラパラ系だ。

■エビレタスチャーハンEbilettuc_00
 大振りの海老がゴロゴロ入っている。Ebilettuc_01

■カレーチャーハンCurryc_00
 “香る炒飯”シリーズとして3種用意されている内の一品。Curryc_01
 “香る炒飯”とは、四川炒飯(赤)、中国醤油炒飯(黒)、カレー炒飯(黄)。いずれも¥800。
 レギュラーメニューにないので、企画物かも。

 その他ご飯物も色いろあるけれど、自分が食したことあるのは、
■豚肉チリソース丼Butachiri_00
 チリソースが豚肉の甘味がナイス-バランスである。Butachiri_01
 キクラゲの食感がアクセント。

 麺物は、
■エビそばEbisoba00
 自分、塩ラーメン好き&海老好きなので、これはストライクゾーンど真ん中。
Ebisoba01  軽いトロミ。冬場は身体が温まって最高だよ。

■五目そば5eyess_00
 こちらも塩ベース。
 清湯スープが豚こまもチャーシューもイカも海老もぎんなんも、みんなをまとめている。5eyess_01

 暑い時期にはこちら、
■龍山特製冷し担々麺Hiysttm_00
 こちらはよく混ぜ合わせから食すの良いかと。Hiysttm_01

 龍山の黒胡麻担々麺には定評があるのだが、未食。
 寒い時期なったら注文しよう。辛さレベルが選べるのだけれど、まずはデフォルトでいってみるか。
 麻婆焼きソバも人気あるんだよね。シンプルな焼きそばに麻婆豆腐を乗せたもの。
 アルコールのアテにもなりそう。
 他にも気になるメニューが沢山ある。また行かないと。

 最後のメニュー紹介はデザートで。
 単品でもあるけれど、ランチセットでも選べる……、
■杏仁豆腐Annint_00
 凄く柔らか。寒天使ってないのかも。

 ――って、感じで、もう何度も行っている。
 季節感のあわない写真もあったろうがご容赦。

 いつも会計時に飴をくれる。Candy
 微笑ましいサービスだ。

Ryuzan_outsb

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:担々麺 | 東大島駅大島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「志満寿司」 @ 滝野川一丁目

 

Babas_map

 北区、明治通りと石神井川のあいだ、松本零士『銀河鉄道999』のキャラクターをあしらった馬場商店会。その石神井川寄り、滝野川病院の裏手に志満寿司がある。Shimas_outs
 日曜日、昼食処を探しているときに、偶然見つけてのだ。
 暖簾に惹かれたのかな? 外観かな? Just¥1000のメニューかな?Lunch_mn

 内はL字のカウンターとテーブル2卓。小体なお店。Shimas_counter
Shimas_table
Tanzaku
 店主さんが気さくな方で、和む。

■ランチLunch_1_all
 別アングルをふたつ載せておく。 Lunch_1_aa1
Lunch_1_aa2

 追加で頼んだサヨリとゲソ。Sayori_geso_1
 「ゲソはツメを付けちゃって良いですか?」と店主さんの確認が入った。
 付けてもらって自分としては正解。甘すぎずさらりとしたツメで好みだった。Sayori_geso_2

 以上〆て¥1700。

 日を改めてランチ再訪。
Beer00 暑かったので瓶ビールをいってしまった。

 この日は自分を含め複数人一度に客が入ったので、にぎりを揃えてから客前に出すのではなく、同じネタをそれぞれの客に握って、少しづつ提供するスタイルだった。Lunch_2_1
Lunch_2_2

 お新香が後追いで出されるのも面白い。Lunch_2_3
Lunch_2_4
Lunch_2_5

 そして何故か、卵焼きが追加サービス。Lunch_2_6
 味噌汁は鯛のあら汁。Lunch_2_ms

 この日はホタテとアジを追加注文。Lunch_2_ha

 寿司も“町寿司”といった切り口で観ることが出来るのかも。
 こちら「志満寿司」は地元に愛される“町寿司”の良店か。

 土曜日はランチ営業なし。気を付けて。
Shimas_nrn

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:寿司 | 滝野川一丁目駅飛鳥山駅王子駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈る言葉 @ 「日の出屋」

 

Hinodeya_outs

 甘味や煎餅の販売も行っている日の出屋。お店のファサードに『金八先生』のポスターが貼ってある。その筋には武田鉄矢さんが訪れたと有名なお店。
 外観写真、逆光を使って“暮れなずむ町の~”的なニュアンスにしたかったのだが、陽射しが強すぎた。一応“光と影の中~”にはなったけど。

 内はテーブル席4卓。Hinodeya_ins01
 シンプルなメニュー構成。Menu00

 ではでは、今までにいただいた品々を。

■メンマ・ラーメンMenmar01
 ナルトとかまぼこが両方乗っている。
 青物がサヤインゲンって、ちょっと良い感じ。
 そして琥珀に清んだスープは東京支邦そばのそれ。
Menmar_up  麺は、細麺、やや縮れ。こちらも伝統的な東京支邦そばのフォーマット。
 ホットする。

■五目そば5eyessb00
 先のメンマ・ラーメンもそうだったのだが、こちらの写真の方がチャーシューのヴォリュウム感が伝わるかと。厚さ、6mmはあったな。5eyessb01

 昼から呑んだ時――
■瓶ビールとお通しBeer00
 お通しは胡瓜のお新香。

■もやし炒めMoyashi00
 絶妙なカレー風味。ビールがすすむ。
 だけどね、実はこの写真で注目して欲しいのは背景だったりする。
 微笑ましい父子が写り込んでいる。あっちの親父もビールをいっている。妙な連帯感を覚えた。

■半チャーハンHancyahn00
 ふかふかしっとり系。
 あら、レンゲの跡かな、正面に凹みが……。撮影失敗していた。

■五目冷し中華Hyscyksb00
Hyscyksb01
 醤油ベースのすっきり系。
 そしてチャーシューは説得力あるヴォリューム感。
 さらに嬉しいのは、オレンジが添えられていること。デザート付きだ。

 懐かしい昭和の雰囲気のなかで、記憶の奥に刻まれたものと同じ支邦そば、冷し中華をすする――
 “はじめて愛した あなたのために 飾りもつけずに 贈る言葉”
 ――なんて、ね。柄にもなく、甘酸っぱい青春の頃を想いおこしたり。

 おまけに暖簾写真2枚。
Noren
Sodekanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ラーメン | 牛田駅京成関屋駅堀切駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「HIDE」 @ 高円寺

 

Hide_outs

 高円寺は美味しい食べ処がいっぱいある。
 この激戦区に、スパゲティだけで勝負しているのがこちらHIDE

Menu00
Kanban

 小体なお店。L字カウンターのみ。Hide_ins
 カウンターには塩・胡椒、タバスコに加え粉チーズと香辛料(何だっけ? メモなし)がセットされている。Couter_set
Beer

 ランチでは小さなサラダが付いてくる。Salada

 看板にあったこちらをオーダー。
■ベーコンとタマゴとキムチのスパゲッティBcegkm_00
 いわゆるカルボナーラにキムチのアクセント。
Bcegkm_01  よく思いついたねこの組み合わせ。
 パスタはBarilla(バリラ) SELEZIONE ORO CHEF。汎用性の高い1.7mm。

 別の日。
■タラコとウニのスパゲティ+大葉トッピングTrcuni_00
 この組み合わせも素晴らしい。
 そして何と、きざみ海苔は追加トッピング無料サービスなんだそうな。Trcuni_01

 創業は2016年7月。
 B.G.M.はビートルズ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:パスタ | 高円寺駅新高円寺駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「山七」 @ 新丸子

 

Ym7_outs01

 散歩スタートに合わせたモーニング。
 学研ムック『立ち食いそば手帳 名店120 [首都圏編] 』で知ったお店。

 駅西口に出ればもう目の前にある。
 駅前の立ち食い蕎麦屋って、こんなお店が多いかも知れないが、近さに驚くこともある。

Menu00

 メニューはカレーもあって多彩。
 席は調理スペースを囲うL字カウンターと対面、壁にメンするI字カウンタのみ。

Ym7_ins01 Ym7_ins02

■ワカメそば+ウインナー天Wkm_wnt_00
 ウインナー天、ちょっとめずらしい。
 天ぷら衣(コロモ)越しにうす紅色に見えるウインナーがセクシーだ。

 そばはやわ目、きりっとしまったそばつゆと合っている。Wkm_wnt_01

 別の日。
 ちょっとガッツリいった。
■ミニカレー+冷しきつねMnc_hyk_00
 カレーは優しい辛さ。朝食べるのにはこのぐらいが良い。Mnc_up
 蕎麦は“冷し”の方が自分の好みには合っている。つゆも冷たい方が(はっきりと締まって)良いような気がする。
 まぁ、これは好みの問題だけれども。Hyk_00

 自宅から新丸子にはアクセスしやすくて、今後もスタートとして使用する可能性高し。
 「肉そば」も安い。つゆが江戸前的にしっかりしているので、生玉子を合わせるのもイケルかも。今度是非。

 先出のムックによると、創業は1978年。山七製麺所直営。
 Webで探せば出てくるが、有限会社山七製麺所は丸子橋ゴルフ練習場のそばにある。

Ym7_outs02

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:立ち食いそば | 新丸子駅武蔵小杉駅向河原駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぴーなつ」 @ 荒川遊園地前

 

Peanuts_outs
M_kanban

 “@ 荒川遊園地前”としたけれども、同都電荒川線小台停車場からもほぼ同距離。
 都電荒川線、運行間隔がけっこう短くて使い勝手が良いね。あと、移動中もリスタブルGPSの位置計測が途切れることがないのが面白い。

 で、こちら「Peanuts」、店前のプレートには英字でこうあるが、道に掲げてある黒板はひらがな表記だ。ひらがな、良いね。自分は愛しさをこめて「ぴーなつ」と呼ぼう。Plate00

 土日祝日も営業しているので、自分は散歩の途中、ランチで使用することがほとんど。
 店内、白とベージュを基調とした内装。陽光が射し込み、温かい雰囲気がある。Peanuts_ins
Peanuts_ins02
 B.G.M.はインストルメンタル、フュージョン系が多いよう。
 家庭的という言葉が妥当だろうか? ファミリー客をよく見かける。テーブルのセットにはお箸も入っていて、お年寄りや子どもにも優しい。Kago00

Menu02
Menu01

 ではでは、いただいたメニューをつらつらと。

 まずは、セットに付いてくるスープ。これが抜群に美味い。
Soupe00  トマト、タマネギ、ベーコンなどが絶妙にからまっている。

■ハンバーグと牛肉柔らか煮ホイル焼きAlumiwrap00
Hambarg00  ライスのお皿がかわいい。
 まぁ、それはおいておいて、メインである。
Alumiwrap01  ポテトの付け合わせもしっかりと仕事が施されているけれど、何といってもデミソースの説得力。ハンバーグと牛肉をひとつにまとめている。Alumiwrap02

Coffee00

 別の日。
■チキンの香草パン粉焼きToriky00
 ローズマリーだろうか、香草が品良く効いている。
 鶏肉は皮目がパリッと中はジューシー。完璧な火入れ。Toriky01
 付け合わせのパスタはほんのりカレー風味。ひと皿の完成度が半端ない。

 食後、アイスコーヒーの写真に注目。
Icecoffee  母子が良い感じに写り込んだ。子ども用の椅子に行儀良く座って、かわいいったらない。

 別の日。この日は暑かったのでビールをいってしまった。Beer_soupe
 これに合わせたのがこちら。
■小エビのフリットマヨネーズサラダKoebisalada00
 いわゆる“えびマヨ”なんだけれど、粒マスタードが洋食サイドにぐっと引き寄せている。美味。

■レンコン入りハンバーグゆずポンズソースRenkonhmb00
 タマネギが甘さを添えていて、ゆずポン酢と合っていた。
 ハンバーグは蓮根の歯応えが感じられる逸品。
Renkonhmb01  断面写真では、その蓮根が撮れなかったなぁ(奥のピンがボケたところに微かに写っている)。

 食後のコーヒー写真は割愛。

 別の日。こんどは平日に行ってみたのだけれど、メニューの構成が違っていた。Menu_wd
 お値段が¥900で統一。でスープが落ちてデザートが付いていた。
■お魚のフライ甘酢ソースSakanafly00
 トップのフライははピーマンだったかな。メモし忘れ。Sakanafly01
 付け合わせのパスタは先出同様、カレー風味。
 甘酢ソースがフライを軽く感じさせて、ご飯がすすむ。Sakanafly02

 セットのデザート。Dessert00
 洋梨だったかな? 何種類かあって、選べたかと思う(メモし忘れ)。間違っていたらごめんなさい。

 コーヒーの写真は割愛ね。
 それにしても後悔したのが、スープを付けなかったこと。¥200でいただけたのに。ちゃんとメニューに書かれてたのに、何故か見落としていた。
 あのスープのファンなんだ、自分。改めて自覚してしまった。

Peanuts_outs02

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:洋食 | 荒川遊園地前駅小台駅宮ノ前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧