美食探訪

あとから緊張 @「志美津や」


 散歩の途中で。事前情報無し。
 喜多見商店街を北にぬけ、食事処など期待できぬ住宅街。腹が減っていた。
 近傍の知っている店といえば、松原通の「増田屋」さんくらい。喜多見駅に戻る? 狛江に方向転換する? 逡巡しつつ足を進めていたら目の前に現れたのがこちら志美津やさん。

Shimizu_outs01

 店先に出ていたメニューをガン見。
 本格手打ちのお蕎麦屋さんだ!

Menu00_3

 お邪魔することにした。

Shimizu_outs03
 店内に石臼製粉機。自家製粉だ!Seifunki00

 ほぼ満席、空いた席に偶然すべり込んだようだった。
 隣席が空いたときにテーブルの写真を、前のテーブルが空いたときに粋なつくばいを入れて店内を撮らせてもらった。

Shimizu_ins01 Shimizu_ins02

 注文は、表店先のメニューにあった、土日祝日限定のこちら。
■小そばせいろCosoba_00
 玄蕎麦100%。仕込み水は長野県和田峠の「黒耀の水」。
 香り高い。

Cosoba_01  町蕎麦好きを標榜する自分であるが、こういう蕎麦を食べてしまうと、十割手打ちの迫力・説得力・絶対感に打ちのめされるようだ。
 ――ままよ。喜んで打ちのめされようではないか。

 空腹は癒やされたのだが、まだ腹に余裕があることと、何だか去りがたい気持ちになって、ここからリスタートである。

 順番が逆になってすいません。と注文したのが、
◆エルビスElvis_00
 蕎麦湯をアテにビールをいただく、変な図になってしまった。Sobayu_beer
 この日は暑かったのでね。ビールが沁みた。

 裏ラベルも載せておく。Elvis_ura
 インポータは株式会社ウィスク・イー

 そして、
■三種盛り3syumori_00
 “リスタート”って、蕎麦前からね。
 本来は日本酒などに合わせるべき肴だけれど、ビール(正確には発泡酒)でも良いじゃないか。

 〆。
■自家製梅干しの冷やかけUmeboshihk_00
 南高梅使用の自家製梅干し。それに磯のり、大葉、みょうがを合わせて“飛魚(あご)”出汁の冷かけでいただく。
 蕎麦は田舎 or 十割が選べる。選んだのは十割だ。
 十割なのに……。このスムースな口当たり、のど越しは奇跡的と思う。
 鮮烈に美味し。Umeboshihk_01

 メニューには「季節のお品書き」として他に、「冷やし鴨そば」、「くるみせいろ」などがあった。
 季節メニューはWebで確認できる(ブログやfacebookの方がタイムリーのよう)。
 ご参考に冬季のメニューを載せておく。Kisetum_dec_00

 この日は以上。
 再訪を心に誓った自分がいた。

 ――で、再訪。
 この日は日本酒スタート。
◆七賢 純米吟醸 一番しぼり 生7ken_00
 山梨銘醸株式会社の逸品。

 焼酎はレギュラーが固まっているようだが、日本酒は入れ替わりのようだ。こちらもWebで確認できる。

 お通しも美味し。Toshi_1812_00

 それにしても箸置きが可愛いすぎる!Hashioki_00_1

Tumamim_00  おつまみメニューから……。

■自然薯そばとろSobatoro_00
 蕎麦の実の歯ごたえが良いアクセントになっている。Sobatoro_01

■焼きみそ(柚子)Yakimiso_00
 こちらも蕎麦の実が良い仕事をしていた。
 酒が進んでしまう。要注意の一品。

 〆。
■かけそばKakes_00
 蕎麦は“田舎”をチョイス。
 メニューブックから撮った4種の蕎麦の解説ページを載せておく。Menu_soba0
 “田舎”は噛みしめるほどに香りたち、甘く芳醇な蕎麦だった。Kakes_01

 再々訪
 使用蕎麦の産地説明を載せておく。Soba_soroe

 今度もお酒スタート。
 この日の飲み物メニューもUp。Menu_dr0

◆満寿泉 純米吟醸 生 うすにごりMasuizumi_00
 富山は桝田酒造店さんの逸品。
 お通しは自家製のわさび漬け? 美味。

 それにしても……。
 可愛い箸置きしかないのか!Hashioki_02

■海老天(単品)Ebitentp_00
 おつまみメニューにある天ぷら盛り合わせだと量があるので、他にもつまみたいのならば軽めのこちらをと、お店スタッフさんに勧められたもの。
Ebitentp_01  天ぷら盛り合わせから穴子天と野菜天がひとつ抜けて¥800。
 スタッフさん、ナイス・アドバイス! (←ナイス・サービス!)

 で、もうひと肴。
■津南産舞茸と仙台麩の卵とじ ¥550Tamagotoji_00
 メニューにあった売り文句を引用しておく。
「舞茸の旨みと仙台麩の油のコク ほっとする優しい味わいです。」Tamagotoji_01

 〆。
■鴨せいろ(粗挽)Kamoseiro_00
 蕎麦は“粗挽”。
 薬味、わさびに代わって生姜。挽き下ろし式ボトルの山椒。
 芸が細かい。

Kamodashi_00 Kamodashi_01

 たぶん、鴨には“粗挽”がベストマッチではないかと思う。
 鴨の力強さに、粗挽が負けていない。Arabikseiro_00
 そして両者が互いを引き立て合っているような。

 おまけ。蕎麦湯+挽き下ろし山椒。これもなかなかオツだよ。Sobayu_sansyo

 最後に……、このレビュー記事を書いている途中で知ったこと。
 なんとこちら「志美津や」さん、1998年に元USA大統領ジミー・カーターさんが来られていた。
 えーっ! と、慌てて写真を見返すと、――あった。
 先のテーブル写真に額が映り込んでいる。
 その額をぐーっと拡大してみると……。
Jc_came  カーター氏の会食風景と右は感謝状だろうか?
 凄いお店だったんですね……(汗ゞ
 家族客も多いし、店内、和んだ雰囲気もあるし、気楽に行ってたのに……。
 あとから緊張。
 でも、これで良かったのかも。
 カーター氏来店の事を知っていたら、敷居が高いように思えてしまって、入れなかったかも……。

Shimizu_outs02

 

 

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 喜多見駅

 

| | コメント (0)

「まりも」 @ 池上

Marimo_outs1


 第二京浜・国道1号線は池上三丁目交差点。中華「まりも」。
 バリエーション豊かな日替わり定食も魅力だが、¥680でいただける油淋鶏定食の注文が一番多いようだ。


Marimo_table Marimo_counter Menu_set0 Menu_01 Menu_02 Menu_03 Menu_04 Menu_05 Menu_hgwr01 Menu_hgwr02 Menu_hgwr03


 この日は日替わり定食を行ってみた。
■牛肉のあんかけご飯 ¥780Gyuakkg_00
 レギュラーメニューの「豚肉のあんかけご飯」が¥980。牛なのに¥200も安くなっている。
 しっかりとした味付けで、細切りタケノコやシイタケの歯ごたえもバランス良い。文句なく美味。
 反して上湯スープが柔和でね。


 それにしても、この日替わり定食の数々。メニューを考えて、食材を仕入れて……、素晴らしいサービスだ。コスパも高い。


 別の日。
 呑みに入った。
■半餃子Hangyoza_00
 3ヶで¥250。ちょっと肴としてつまむのにちょうど良い。お値段も優しいし。
 ニラやニンニクが適度に効いた「これだよ、これ」的旨さ。
 後ろはレモンハイ。これが餃子に合う。Hangyoza_01


■ねぎメンマNegimmm_00
 辛味が付いていて、あとをひく。これと白飯でも行けてしまうような……。


 〆に。
■五目そば(細麺で)5eyess_00_2
 塩系なので細麺でお願いしてみた。
 エビやイカがひと作業されて投入されている。
 澄み切ったスープも丁寧な仕事ぶりをうかがわせるもの。
 ――ボディはあるけれど、すっきりしたスープ。美味。5eyess_01_2


 気まぐれに温存していた「ねぎメンマ」をトッピング。5eyess_plus
 スープがしっかりしているから、辛味を受け止めて、また旨くなった。大正解。


 また別の日。
■キムチKimuchi_00
 まぁ、これは普通かな。ほど良い酸味だ。
 うしろはウーロンハイ。


■油淋鶏(単品)Yurinchii_00
 皮目はバリッと、内はジューシー。甘酢がベストマッチの王道。
 人気メニューであることを、一切れごとに納得する。確かに美味。
Yurinchii_01  計算外であったが、先のキムチが意外と合っていたぞ。


 〆。今度は醤油系ラーメンを行ってみた。
■ワンタンメンWantanm_00
 麺はデフォルト、中太麺。
Wantanm_01  醤油系も美味し。卓上の卸しニンニクを少量いれても良い。


 ワンタンもセクシーだ。Wantanm_02


 別の日。Menu_kst00
 夏のメニューが出ていた。
■冷しタンタンメンColdttm_00
 麺、縮れが強いかな? 温麺と変えているのかは未確認。Coldttm_01
 肉味噌やザーサイなど、混ぜるほどに美味し。


■半チャーハンHancyahan_00
 セットで頼んだ。
 レギュラーでも「半チャーハン」はあって、¥350だ。
 セットで¥100お得になっている。
 ――でも、何でも「半チャーハンセット」にできるメニュー構成はありがたいこと。


 以上。
 「まりも」などという可愛らしい店名からは想像だにしない、骨太な中華料理。大好きだ。


Marimo_outs2


 

関連ランキング:中華料理 | 池上駅千鳥町駅

| | コメント (0)

千代幻豚 @ 「太志」

Taishi_outs00
 グルメ誌などで紹介されている大志で昼食をいただいた。
 外観写真はちょうど行列がなくなったときのもの、ピーク時は行列となる。
 小体なお店、とんかつ、ランチはお得感増、もちろん旨し、と条件が揃っていて、行列もやむなし。

Taishi_counter00 Taishi_table00

Kihuda00

Menu_n00 Menu_d00 Menu_w00

Menu_l00

Ocya00

 ディナーメニューもオーダー可能ということで、吉野川ポークに惹かれたけれど、財布と相談し厳選国産豚のデフォルトランチメニューから。
■ひれかつ定食+海老フライ1本Filet_ebi1_00
 フライ衣が密着し、肉汁したたる見事な揚げ技。Filet_dup
 噛みしめるほどに甘く、美味しかった。
 折角なので1本海老もUpで。この立派な一振りが¥432とはありがたい。Ebi1_up

 とんかつフリークには、随時「大志」ホームページを確認することをお薦めする。
 店主の豚肉に傾ける熱意が素晴らしい。銘柄豚の仕入れに余念がないのだ。

 ある日、プレミア豚、千代幻豚が入荷したとのことで、再訪した。
 千代幻豚についてはWebページをリンクしておく。契約販売のみ、一般流通にはのらない。まさにプレミア豚。トレーサビリティもしっかり確保されている銘柄だ。Menu_s00

 千代幻豚へのはやる気持ちをなだめつつ、アイドリング。
■ハートランド&自家製燻製ベーコンBeer_00_2
 豚肉の扱いは間違いない、と云う事だろうか。燻製ベーコンも見事。Bacon_00

 メニューに「脂身が最高です。」とあったので――
■千代幻豚 特ロースかつ定食Chiygnt_tr_00
 塩で十二分に旨し。Chiygnt_tr_dup01
 お皿全景写真の左奥にちらった見えているのが、店主お薦めのワサビだ。
Chiygnt_tr_dup02  叩きワサビ。脂の香りと寄り添って爽やかさ倍増。

 以上、ここまで。
 世田谷を歩くとき、淡島通りのここいら辺はちょくちょくよぎるエリアだけれども……。散歩好きでないと厳しいロケーションかな?
 バス利用してでも行く価値あり。(バス停「淡島」,渋51and渋52)

Noren00

 

 

関連ランキング:とんかつ | 池ノ上駅下北沢駅世田谷代田駅

 

| | コメント (0)

「ガリレオ八兵衛」 @ 朝霞

Galileo_outs



 ネットで見つけたお店。
 お蕎麦屋さんなのに『ガリレオ……』? 店名に惹かれた。


 外観写真、向こうに見えているのは東武東上線朝霞駅のホーム。
 駅蕎麦でもある。


Menu02_5 Menu01_6


Galileo_ins


 1st。
 この日はデジカメが故障してスマホで撮った。
 表に“新発売”とアピールしていたこちら。それにちょい足し。
■鶏ささみ天そば+玉子Toriten_tamgo_00
 鶏に玉子だから、言い代えれば“親子そば”だ。


 スマホなので麺リフト写真が上手くいかず、断念。


 蕎麦は風味があり、つゆ出汁との相乗効果で素晴らしい味わい。
 生玉子がほぐれてくると旨味が増すように味が変わっていく。出汁の香りを邪魔すると言う人もいるけれど、まぁ、好みの問題か。


 2nd。
■カレーそば+竹輪天Curry_cikuwa_00
 カレー蕎麦に合う天ぷらって何かなぁ? 未だに試行錯誤している。


 このまえ、イカ天をいったけれど、自分的には今ひとつ、いやふたつだった。
 ささみ天とか、最高に合いそうだけれど、前回食したし……。
 海老天はメニューにない。
 代わりのかき揚げか、いやいやコロッケだろう……。って迷って竹輪にした。
Curry_cikuwa_01  これ意外と合った。まぁ及第点かな。


 3rd。
Kenbaiki  メニュー、券売機の写真を凝視し、戦略を練って挑んだ3戦目。
■豚肉つけ麺+とろろ単品Butatuke_tororo_00


 券売機の「とろろ単品」ボタンが肝だった。


7mi_soba


 まず、豚肉つけ汁を少しとろろの器にいれ、つけとろろ仕様の椀を作る。Tororo_plus
 蕎麦をとろろ椀に浸ければ、とろろ蕎麦に。豚肉椀に浸ければ豚蕎麦になる、Wの味が愉しめる。Tororo_soba Butatuke_wan
 最後にはとろろがあるうちに豚と合わせれば豚とろろ、3つ目の味わいも。


 これにはオマケが付いた。
 最後のさいごに、蕎麦湯があるか尋ねたら、蕎麦湯はないけれど温蕎麦用の出汁があるとのこと。椀に出汁を入れてもらって、極上の豚とろろスープで〆た。
 興奮して写真撮り忘れ。


 いやぁ、「とろろ単品」は如何様にも使える。
 蕎麦ツユで少しのばせば、焼肉丼にも合いそうだ。


 ――ちょっと待て。
 サッと食べてさっさと帰る駅蕎麦で、自分は何堪能しちゃっているのだろう。
 のんびり愉しんでしまった。ちょっと反省。


 券売機、PASMO、使えるよ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 朝霞駅

| | コメント (0)

「SUNNY SANDWICH」 @ 雪が谷大塚

Ss_outs_00

 散歩の途中で、事前情報無し。
 千鳥町の「広栄」で蕎麦をたぐったあとであったが、「おぉ、サンドイッチ専門店がある! 気になる~。サンドイッチなら(腹に)入るぞぉ」っと、食いしん坊な自分が顔を出した。

Ss_ins_00 Ss_ins_01Ss_ins_02

 雪が谷大塚のSUNNY SANDWICH、1st-Contactはこちら。
■フィッシュフライ(グラハムブレッド)Fishf_00
 ドリンク&スープセットで。
Minestrone01  この日のスープはミネストローネ。具がいっぱい。

Fishf_01
 サンドイッチのほうは、サクッと揚がった白身魚とタルタルソースの強力タッグ。美味し。

 メニューはお店ホームページにしっかりのっているけれど、こちらにも載せておく。Menu02_4 Menu01_5
 パンが選べるのが特徴だ。
 グラハムブッレドの他にフランスパンもある。

 2nd。
■サニーチキン(バゲット)Sunnyc_00
 今は、バゲットはフレンチブランにVer.Upされている。
 内側は自家製鶏ハムと千切りキャベツのカレー風味炒め。Sunnyc_01
 オニオンスープの優しい味わいと良い感じでマッチしていた。

 3rd。
■サニードッグSunnyd_00
 写真右はアップルジュース。

 ドッグの寄り写真も。Sunnyd_01
 トップのフライドオニオンがアクセント。独特の香ばしさと甘みを添えている。
 ケチャップは掛けすぎないように!

 4th。
 じつは、期間限定メニューもある。
 「バインミー」は食べそびれてしまった悔しい限定メニューのひとつだ。Menu_s1

 この日は、機会を逃すまいと限定メニューをいった。Menu_s2
 頼んだのはこっち。
■りんごとキャロットのハニーマスタードチキンサンド(イギリスパン)Honeys_00
 自家製鶏ハムも使われているが、何だろうこんお爽やかな味わいは。Honeys_01
 りんごの歯ごたえも面白いし、マスタードと蜂蜜の組み合わせも手堅い。

 以上。
 いやぁ、好みのサンドイッチ屋さん見つけた。
 犬も歩けば何とやら、ではないけれど。
 ……これだから街中徘徊は止められない。

Ss_outs_01

 

 

関連ランキング:サンドイッチ | 雪が谷大塚駅石川台駅御嶽山駅

 

| | コメント (0)

「きこ打ち也」 @ 草加


 散歩の途中で、事前情報なし。
 正確に言うと、道ばたでばったり見つけた、と云うことではなく、おなかが減ってきて、草加なんて全然知らないし、近くに食事できるところは無いかなぁ、とスマホでちょいと検索したら「あら割と近くにお蕎麦屋さんがあるみたい」ってな感じで――。
 便利な世の中になった。

Kikoutiy_outs02

 スマホのマップを見ながらでないとたどり着けなかったかも知れない。脇道奥まったところにあった。
 道でスマホを操作しながら歩いている人を見ると「危ないなぁ」と思いつつ、自分も似たようなものである。

 店の前に、少し玄関をふさぐ感じで麺打ち場が設えてある。
 後から麺打ち場を造ったのだろう。

 内は小上がりもあって、風情ある蕎麦屋のそれ。Kikoutiy_ins01
 新聞を読む先客が格好良い。様(さま)になっている。
 写真、敬意を表して、エフェクトをかけてみた。

 注文したのは壁の短冊にあったこちら。
■大穴子天せいろ ¥1400Oangt_seiro_00
Seiro_up  素晴らしい。サラダからキウイフルーツまで付いてきた。(薬味ネギの下に、蕎麦ちょこ)
 そして、本当に“大”穴子。短冊に「愛知産」と記されていた。
 写真、キウイ用のフォークだが、大きさの比較対象になるかとそのまま撮った。Oangt_up

 盆中央に「わさび塩」。Wasabisio_00
 自宅に戻ってから調べたら、伊豆のわさび屋「カメヤ食品」の逸品。
 カメヤ食品さんホームページに『平成22年観光庁より伝統的なイメージを伝えるトラディショナル部門金賞に選ばれました』とあった。ステーキなどにも合うらしい。

 質・量とも素晴らしい盆である。これが¥1400ならば安いほうかと。
 腹も満ち足り、大満足。

 改めてメニューを眺める。

Menu01a Menu03a Menu02a
 『そば粉98%』とある。二八蕎麦ならぬ、0.2-9.8蕎麦。――そうは言わないね! もう「十割蕎麦」で良いじゃん。

 草加はちょっと遠いけれど、また来ようと思った。

 2nd。
 この日は暑かった。

Beer_00_1  ビールを頼んだら、キュウリの浅漬けがお通しとして出てきた。
 山菜は別注である。

 折角だからUpの写真も載せておこう
■山菜Sasnsai_000

 肴としてもう一品。
■山賊焼きSanzokuy_00
 鶏手羽をピリ辛の味付けで焼いたもの。
 ビールにばっちり合った。

 〆蕎麦。
■冷し黒豚しゃぶそばHyabts_00
 「彩の国黒豚」使用。埼玉県のブランド豚である。柔らかくて脂に軽やかな甘みがある。
 『JA全農さいたま』のページをリンクしておく。

 せいろに豚しゃぶサラダが付いてきたような仕様であるが、戯れに茹で豚と蕎麦をいっしょに頬張ったら、驚きの旨さ。
Hyabts_01  ――これは良い。

Sobayu_00_1  蕎麦湯で弛緩しながら、次に来たときの戦略を考える……。

 3rd。
◆そば焼酎のだったんそば茶割Sobacyu_00
 この日のお通しは揚げとかコンニャクを煮染めたもの。
 自分、こう云う煮物に目がない。嬉しい。

■もつ煮Motsuni_00
 優しい味噌味だった。

■天ぷら盛り合せTeprm_00
 過日の穴子の天ぷらが美味かったので、盛り合せを行った。
 裏に海老がもう一尾ある。
 やはり美味し。

 ――と、塩が変わっている。
 今度は「黄金ソルト」。
 よく見ると『わさび醤油』と小さく書かれている。実はこれ“ソルト”と言いつつ“粉末醤油”であった。
 例により、自宅に戻って確認したら、世界で最初の醤油屋を謳う「室次醤油」の逸品。
 1573年創業の室次醤油さんが2016年にリリースした新商品。「わさび」の他に、「熟成」「にんにく」醤油がある。
『粉末化することにより、天然の旨味・コクが5倍に凝縮、塩分摂取量は一般醤油の100分の1以下。常温で長期保存が可能で、携帯にも便利』……と、良いことずくめの宣伝文句である。

 〆蕎麦。
■親子南ばんそばOyakonb_00 Oyakonb_01
 温蕎麦も美味し。ほっこりする。

Oyakonb_02  蕎麦をすすりながら、次に来たときの戦略を考える……。

 メニュー・御飯の部に気になる物を見つけてしまった。
 『かつ丼(ミルフィーユ)』!
 『日南どりとごぼうの親子丼』!
 季節ごとに短冊メニューも変わるし……。これは困った。

 「草加はちょっと遠いけど」と言いつつきこ打ち也の所為でまた来ることになりそうだ。

Kikoutiy_outs01

 

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 草加駅

 

| | コメント (0)

「いまここ」 @ 神泉

Noren_00

 2019年2月の話。
 連れから紹介されて訪問。
 神泉・円山町のいまここ

Tables  混んでいた。テーブルが空いた隙にテーブルの写真を撮った。
 写真左手、窓の対面はカウンターになっている。

Dmenu_00 Skmenu_00 Cmenu_00 Hashioki_00

 ¥12000のコースを頼んであった。
 季節によってメニュー構成が変わるので、お店ホームページで確認してみてほしい。

 乾杯は――
◆アウグスビールAugustb_00
 株式会社アウグスインターナショナルの本社事務所って湯島天神のそばなんだね。
 散歩でたまによぎる。

■先付Sakiduke_00
 胡麻豆腐にトリュフだなんて、切れの良いジャブをもらちゃた。

■吸物Suiumono_00
 うすい豆真丈は下に隠れている。Suiumono_01
 滋味深い味わいが躰に沁みる。

■造里Otukuri_00
 三点盛りである。
 イカにウニを合わせるのは定番。Otukuri_01 Otukuri_02
 白身はカワハギで、内に肝が巻かれている。

 このタイミングで日本酒に、
◆いずみ橋 恵Izumibashi_00
 錫チロリでの提供。素晴らしい。

■煮物Nimono_00
 これ、凄く美味かった。
 干し子も自家製って言っていなかったかな?
Nimono_01  のどぐろはもちろんだが、「のとてまり」の存在感が凄い。
Nimono_02  分厚い椎茸だよ。写真を載せておく。

■揚物Agemono_00  
 左は車海老の頭だったかと(メモなし)。
 さらさらのお塩でいただいた。塩も由緒正しい物であったかと思うがこちらもメモなしで、ご容赦。

■合肴Aizakana_00
 濃厚な茶碗蒸し。容器が面白い。

Aizakana_01 Aizakana_02  「合肴」、「あいざかな」と読む。
 焼き物と煮物の間に出される蒸し物や揚げ物を言うのが一般的らしい。
 ここではその古式に則ってはいないけれど、気にしない。習わしは、変容していくものだ。
 作り手の表現としてここで蒸し物を出そうと思って、それを「合肴」と表したのかな。

■口直Kutinaoshi_00
 見目麗しい一品。土佐酢がまさに「口直」効果を発揮。

 言い忘れていたが、うしろのチロリは「裏死神」。
 先の「いずみ橋 恵」が辛口でキレキレだったのに対して、こちらはまろやかで旨味が乗ったタイプ。

■鍋Nabe_00 Nabe01 Nabe02 Nabe03
 独創的なしゃぶしゃぶ。
 雲太椎茸と天然海苔を勝部牛で巻いて食べる。
 これが、なんとも美味。

■御飯Gohan_00
 カニの身がこれでもかと入った炊き込み御飯。
Gohan_01  さらに、ここにイクラを乗せろと言うのだから、反則技だ。Gohan_02
 お代わりしたら、お焦げが出てきて昇天。Gohan_03  
 合掌。

■甘味Kanmi_00
 確か、干し柿をアレンジした物だったかと。
 干し柿と云うさりげない和の装いが、コースを静かに閉じるようで、良さげな空気感だ。

 帰りぎわ、ちょっと引いたお店の外観写真を撮ろうと思っていたのだけれど、店主さんがお見送りに出て来られて、そこを撮るのは「いかがなものか」と遠慮した。
 ……良いお店紹介してもらったなぁ。
 神泉・円山町は独特な雰囲気があって、自分なぞはなかなか慣れないけれど、良店は確かに存在する。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

 

| | コメント (0)

「成喜」 @ 三鷹台

Naruki_outs01


 散歩の途中で。事前情報なし。


 ファーストコンタクトはこちらのメニュー。
■タンメン&餃子Tan_gyo_00
 いわゆる“タンギョー”。
 「餃子舗」を名乗るこちら、一番のウリはもちろんその餃子。
 6ヶの餃子が飾り気なく盛られている。
 手造りの皮は、厚めの仕上げでモッチモチ。焼き目のところは逆にカリっとしていて食感・歯ごたえが愉しい。餡は野菜の比重が多いけれど、この厚めの皮のおかげで食べ応えがある。


Tanmen_mup  タンメンは塩ベースのスープに野菜らの甘み・旨味がしみわたっている。口中から喉、胃の腑にその優しさが満ちる。


 気に入って、再訪。
 早い時間帯に入り、メニュー写真など撮らせてもらった。


Menu01_4 Menu02_3 Menu03_3 Menu04_2


Naruki_ins01


 この日はこちら、
■ラーメン&チャーハンRaumen_cyahan_00
 セットメニューではない。両方食べたかったのだ。良いじゃないか。
 ラーメンが¥400、チャーハンが¥500。ふところに優しく、食欲に応じる値段設定に感謝。キュウリの浅漬けまで付いてくる。


Raumen_mup  ラーメンは純然たる支那ソバであるが、ほうれん草が添えられ色味がUp。


Cyahan_up  チャーハンはふっくらしっとり。


 いずれも完成度高し。


 別の日。
 呑みに入った。
■ナスレバ炒めNasuliver_00
 少量だがピーマンも入っている。
 餃子が焼けるまでのつなぎだったのだが、甘辛の味付けにビールが進んでしまった。
 やはり、ご飯といっしょに、定食にしていただくのが正解か?


 あらためて、
■餃子Gyoza_00
 美しくないけれど、断面写真も載せておく。Gyoza_01_2


 〆、
■五目そば5eyess_00_1
 玉子がポーチドエッグ状になっている。他の具材らとは別に調理されたよう。
 丁寧な仕事ぶりである。
 そして……、やはり美味し。満足。5eyess_01_1


 他にも気になるメニューがある。三鷹台を歩いたらまた寄ろう。


Tedukurig


 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹台駅井の頭公園駅

| | コメント (0)

「福招庵」 @ 代官山

Fukusyoa_outs01


 “お洒落な街”と云う印象の代官山だけれども、こんな町蕎麦もある。
 自分にとって、代官山で気後れせずに立ち寄ることができる貴重なお店である。

Fukusyoa_ins02 Fukusyoa_ins01

 結構大箱。奥に座敷もある。これがランチタイムにはほぼほぼ埋まる。
 そうか、みんなも“気後れせずに入れる”お店はいっしょなんだね。

Menu00_2

 メニューが豊富。
 ミニ丼もあって、自分のような大食漢には“かゆいところに手が届く”ような構成である。

Menu01_3 Menu02_2 Menu03_2

 ではでは、今までにいただいた品々を――

■五目そば5eyess_00
 結構大盛りだ。
 写真では隠れていて見えないが、鶏肉も入っている。

5eyess_01  蕎麦は同割りかな? のどごし、歯ごたえ、申し分なし。

■揚げカレーそば ¥800Agcurrys_00
 カレールーのとろみは、水溶き片栗粉のよう。
Agcurrys_01  いやはやこれは、他店では見たことがないメニュー。ここでしか食べられないかも。

■冷しなめこおろしそばCldnmkorss_00
 ワサビと紅ショウガ、両方付いてくる。
 なので、両方の辛みを愉しみつつ食すべし。
 それにしてもここの蕎麦は、長い。一気に啜りあげるのはしんどいよ!

■かつ丼セット(温そば)Katud_set_00
 お新香が付いてくるのが嬉しい。
 カツのとじ加減、玉子のとろみ具合が好み。Katud_up_00
 やはり、こう云う定番セットものがほんわりと和んで、良いね。Set_hs_00

 最後に出前用のメニューを載せておく。
 お店用メニューとどこが違うのか判らない。
 出前でもフルサービス、と云うことか。素晴らしい。

Dmenu02 Dmenu01

Kanban00_1

 

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 代官山駅中目黒駅恵比寿駅

 

| | コメント (0)

「南蛮茶舘」 @ 千歳烏山

Nanban_outs01
 散歩スタートに合わせた朝食シリーズ。
 朝9:00から、しかも日曜日も営業している。

Nanban_ins01

Nanban_ins02  店内はノスタルジックな装い。雰囲気ある~。

Menu02_1 Menu01_2 Menu03_1  コーヒーの品揃えが豊富で、期間限定の品もある。
 東チモールのPWJフェアトレードとか、ペルーfespa農園の豆などが限定品として1杯¥530で提供される。

 夏場にはかき氷メニューも出てくる。Menu04_1

 まぁ、自分は朝食目当てなんだけれども。

 では、今までにいただいたメニューを――

 モーヒングセットから、
■エッグトーストEggt_00

 オールタイムセットから
■ホットドッグセットHotd_01
 判りづらいよね。
 ウインナーの下はそれぞれエッグとツナが忍ばせてある。

■ベーコンチーズトーストセットBaconct_00

 定番サンドイッチをいってみた
■ベーコンレタストマトサンドBlt_00  
 後ろはブレンドコーヒー。

 どれも美味しい。ハズレなし。見事な安定感だ。

 こう云う喫茶店って、コーヒーカップが注目されることがあるよね。
 ヨリの写真をUpしておく。メーカーまではチェックしていない。Coffeecup_00

 

 ゆっくりコーヒーを愉しむのが本来の使い方であろうが、サンドイッチがこれだけ美味しいと他のFood-menuも気になる。
 「山菜ピラフ」とは、あまり見かけないメニューだ。
 ブレンドコーヒーメニューの「炭酸ブレンド」,「ゴールデンキャメル」も気になる。

Hizashi_00  時刻を変えてまた行くか!

Receipt

 

 

 

 

関連ランキング:喫茶店 | 千歳烏山駅芦花公園駅

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧