街中徘徊

「しょうが」 @ 新百合ヶ丘

 

 ネットをふらついていたら、生姜専門店が目に止まった。その名もしょうが
 気になって行った。初めて新百合ヶ丘に。

 綺麗な街だった。
 新百合ヶ丘のポータルサイトにも、こちら「しょうが」が紹介されている。話がずれるが、こちらのサイトの「しんゆりの歴史」がとても興味深いので、リンクを付けておく。

Mapre

 「しょうが」は駅南口から少し歩いたところにある複合型商業施設『マプレ』2階にある。
 実はこの『マプレ』には、「しょうが」の姉妹店「がらがら」と「祝茶房 紅拍手」も入っている。プロデュースの森島土紀子氏、やるなぁ~、って感じである。

Kanban

 11:42に着いた。11:50には満席に。人気店である。辛うじて滑り込めた。

Menu_l01
Menu_ura

Menu_brd

Menu_d01 Menu_d02

 日替わりランチからBを注文。
 日替わりランチにはサラダバーの他に、お総菜が二品付く。その二品は15種もの中から好みのものをチョイス。面白い趣向である。
 メインも惣菜もすべて生姜を活かした料理になっているのもさすが。

 サラダバーには粗塩ベースと黒酢ベース、二種の味わいのドレッシングが用意されていた。Salada

 サラダを摘まむうちに登場。
 メインはホームページなどからイチ押し感伝わるとんきこで、“煮たてのとんきこ ジンジャー塩&わさび”。Tonkiko
 選らんだ惣菜は、“青のりしらすの生姜冷奴”と“レンコンごぼう人参の生姜キンピラ”。

Kinpira Yakko

Kobachi_and  一緒にサーブされたお味噌汁も具だくさんでよろしい。

Ontherice

 生姜は様々な効能が知られていて、健康指向の者にとってはありがたいメニュー構成かと思う。
 例えば、身体を温める効能とか、冬にはもってこいだよね。
 それにしてもこれだけ生姜メニューが並ぶと圧巻。
 自分も生姜好きだし、自宅近所にあれば重宝したに違いない。……良いなぁ、新百合ヶ丘住人は。

Syoga_outs

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:薬膳 | 新百合ケ丘駅百合ケ丘駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美可和家」 @ 西麻布

 

Mikawaya_outs

 もう何年前だろう、西麻布の坂巡りをしているときに見つけたお店。当時は堀田坂から工事中の六本木ヒルズが抜けて見えて、そこから鉄砲坂、北条坂をめざし、外苑西通りへカットしようと路地を回り込もうとしたとき、その角に美可和家を見つけた。
 西麻布の瀟洒な一画である。そこに昭和の趣たち昇る渋い蕎麦屋があった。
 逆にそこだけ、輝いてみえるような錯覚を覚えた。

Mikawaya_ins

 で、今は二代目さんが店を継ぎ、創業50年を迎えたのだそうだ。Annai01
 素晴らしい!

Menu02
Menu01
Menu03


Kokuban

 これは二代目になってからか。創作系メニューが結構多い。
 そしてさらに、トッピングシステムを取り入れてるなんて! そんな蕎麦屋あるか。

 いろいろ迷うこと必至。初回訪問時は迷って結局シンプルに。
■冷やし肉南ばん そばHynikunan00
Hynikunan01
 蕎麦はクロレラで緑がかっている。風味は蕎麦のママ。
 神田藪がこの手法を使っていたかと。え、藪系?
 まぁ、それは推測の域を出ない。ここはひとつ、肉南が生姜風味で、ワサビと違ってこちらもいけていたことを添えておく。

 実は、写真右上に移っている「味付けもやし」がまたクセ者で(ランチサービスなのかな? 付いてきた)。これをトッピングしたら、またまた美味。
 ナムル的にそのまま食べても良いし、様々なメニューにあう引き立て役になっているようだ。

 再訪。
 昼から呑みに入った。
 まずはボードにあったこちら、
■レモンサワーLemons_and
 柿ピーはお通し。

■板わさItawasa
 中央、鰹節を和えたワカメが一仕事。

 日本酒ありますか?
 と尋ねたところ、アルコール系のメニューが出てきた。Menu_dr

■刈穂吟醸Karihoginj

 注ぎ方見事。

 先ほどのアルコールメニュー、裏を返すと「夜のお品がき」。Menu_tm
 お昼なので準備されておらず、提供できないものが多いが、こちらは注文可能であった。
■ポテトサラダPotesara
 黒胡椒が大人の装いを演出、乙な一品になっている。

 さて、〆。
■冷しきつねトッピングとろろ そばHysktn_trr_00
 うわぁ、盛りつけが格好よく決まっている。
 トッピングの度に盛りつけをアレンジし、Fixするのだろうか。
 例の「味付けもやし」も付いて、歯応えのアクセントに。
Hysktn_trr_01

 いやいやいや、あなどれない。
 50年の歴史を大切にした上での、新たな一歩。
 ふるく懐かしい反面、斬新。

 夜かなぁ? この美味さを満喫するには夜なのか……?

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 広尾駅六本木駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京・ふれあい橋 Part.2

 

 以前、人道橋に絡んで五つの「ふれあい橋」を紹介した

 復習しておくと――
 目黒川・区民センター前の「ふれあい橋」、旧中川・スカイツリーViewが素晴らしい「ふれあい橋」、そして、神田川・秋葉原駅南、浅川・高幡不動、天王洲運河。

 で、また見つけてしまったのだ「ふれあい橋」を。
 今回発見したのも人道橋だが、川に架かる橋ではない。
 鉄道軌道に架かる橋である。東急池上線、荏原中延駅と旗の台駅の間に見つけた。

Tkyikg_fureib_00

 橋からの光景はこんな感じ。Tkyikg_fureib_01

 東急池上線つながりで、もうひとつ紹介しておく。
 「ふれあいK字橋」である。
 こちらは五反田駅そば、目黒川、山手線と東急池上線の狭間にある人道橋。Furei_k_00

 橋からの光景。
 山手線軌道とタワービル郡。Furei_k_02
 反対方向は、
 東急池上線とホテルロイヤルオーク五反田。Furei_k_01
 こちらに“K字”の謂われと思われる橋を支えるアングルが写っている。
 google-mapの航空写真から(南北逆転)。Furei_k_kp

 まだ他にも「ふれあい橋」がありそうだな……。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メラミ」 @ 三越前

 

Merami_outs

 日本橋は安針通りにある喫茶店。

 安針とはイギリス人航海士ウイリアム・アダムスの日本名。一緒に漂着したヤン・ヨーステンの方が有名か。
 ここには三浦安針の名をもらったウイリアム・アダムスの屋敷があった通りなのである。

 以前から気になっていた「メラミ」。『Cafe』と言うよりは『喫茶店』と呼んだ方が絶対しっくりくるお店だ。

Counter

 カウンター越しに古風なコーヒーミルが写っている。

Table

 カウンターの対面にテーブル席もある。

Menu01
Menu02

 昭和49年創業当初の人気メニューを復刻した“アカスパ”のセットをいただいた。

Salada
Yakiomusubi

 先にサラダと焼きおにぎりが出てきた。
 焼きおにぎりは冷凍物のようだが、要は気持ちである。サービス精神が素敵ではないか。

Akasupa

 そして“アカスパ”ことスパゲティナポリタン登場。
 画は粉チーズをかけたあと。むぅ、ベーコンとエノキ茸も入っていたが、見えていない。
 正統派、喫茶店のナポリタンである。

 内装写真を撮ったときは客人がいなかったが、正午に近づくにつれ、ご近所の会社員が集結し始め、ほぼ満席状態に。
 こちらはタバコがOKなので、愛煙家には寛ぎの場所であろう。

Coffee

 自分、この日の一番客だったので、コーヒーで寛ぎはしたけれど、働くお父さんに席を空けるために早めに撤退。

Merami_outs2

 

食べログ グルメブログランキング

 

メラミ
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:喫茶店 | 三越前駅日本橋駅新日本橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raja」 @ 二十世紀ヶ丘商店街

 

20st_st

 “二十世紀ヶ丘商店街”って何処? って感じかな。
 最寄り駅は北総線北国分になる。千葉県松戸市。ここが二十世紀梨発祥の地とされ、‘原樹碑’なるものもある。

Raja_outs

 設定した散歩コースにRajaはあって、下調べはしてあった。
 見てのとおり、インドカレーのお店である。

 で、ちょっと気になるメニューがあるのだ。

Menu_0 Menu_1 Menu_l

Menu_s

 蕎麦屋、うどん屋のカレーうどんは食したことがあるが、インド料理屋さんのカレーうどんは食べたことがない。
 目的はそれ。

 カレーうどんセット(サグ;ホウレン草カレー)を注文した。
 先行のサラダSalada
 サグカレーうどんSagu_u0
 うどんの丼だ。上に散らされたチーズがどんどん溶けていく。
 うどんをサルベージ。Su_up

 カレーうどんは他にチキンカレー、キーマカレーバージョンがあるが、サグで行くのが一番珍しい取り合わせではなかろうか。
 むむ。他では食べられないと思うと、美味しさが倍増する。

 焼き上がった小ナンが後から登場Naan
 うどんだけではレーが残るので小ナンがあるとちょうど良い具合だ。
 ナンで丼の内側を拭うようにして、いただいた。満足。合掌。

 内装がちょっと面白い。
 居抜き物件なんだろう。小上がりのあるカレー屋さんも初体験だった。

Raja_ins_t
Raja_ins_a

 

食べログ グルメブログランキング

 

Raja
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:インドカレー | 北国分駅矢切駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「油揚げ」 @ 穴守稲荷

 

 この辺は好きな散歩コースのひとつである。(→ご参考;過去記事
 羽田空港、環8通り沿い昇降するモノレール、天空橋、天空橋の鳥居、五十間鼻、多摩川弁財天、多摩川河口沿いの船。北上して、穴守稲荷、海老取川……。
 国際線ターミナルが出来て、空港から天空橋に向かう環8沿いは景観が変わったけれど、多摩川土手の景色は変わることがなく、独特の雰囲気を醸している。
 油揚げは以前から見知っていて、気になるカフェだった。

Abrag_outs

 お店ホームページにあるが、店主さんは農作業のため、ライフスタイルのため、谷中からこちら羽田に移ってきたという気骨の持ち主。マクロビオティックの基本を押さえつつも、食べ応えがあって“足を運んでいただいたお客様が、心身ともに、元気いっぱいになるように”という思いで運営されている。
 明確なコンセプトがお店を個性的(ユニーク)にしている好例と思う。

 玄関前のベンチ。これもお手製? たまに茶葉(?)を干していることがある。What_tea

Abrag_door

 玄関で靴を脱ぎ、あがる。
 入り口すぐには、床に座っていただくスペースがある。
 赤ちゃん連れの客人が利用することが多いようだ。

Abrag_ins2
Abrag_ins1
Abrag_ins3
Hachiue

 窓に面したカウンター席もある。Table1207
 ピンクの飲み物はお茶としてサーブされた秋番茶とローズマリーのブレンド。
 手前の黒い布きれはおしぼり。

 メニューはこんな感じ。

Menu01 Menu02

Menu03 Menu04

Menu05 Menu06

■羽田坦々麺Tantanmen
 自家製辣油が膜を張っている。右奥の朱色のポッドは辛味が足りない場合の追加辣油であったかと。

 麺をUpで、Ttmen_up
 ごわごわと歯応えのしっかりした麺だ。
 メニュー表に「まったり練り胡麻の……」とあるように、スープと云うより胡麻ペースト。胡麻からも油が出ているはずで、これはもうある種“油そば”と言って良いかも。

 動物性素材を一切使用していない、と云うのが凄い。
 充分な食べ応えだった。

 左奥でぼけているのは
■大豆ミートの唐揚げ(ミニサラダ付き)Daizume
 これ、面白い。黙って出されたら肉と思うに違いない。
 さっぱりしたタレがマッチして美味。

 大豆ミートをメインにこんなメニューもあった。Menu07
■油淋鶏定食Yurinchi_zen
 ご飯は玄米ご飯。
 右の豆と大根の煮物が、スパイスを効かせた、薬膳風の味付けで意表を突かれた。
 中央はイチジクとヨーグルトのデザートになっている。

 左下の味噌汁が一番のくせ者で ――
 発芽玄米麹の自家製味噌が使用されている。この“手前味噌”が香り高くて美味。
 この時は¥500/500gで販売していたが、もう売り切れたかも(未確認)。

 大豆からあげはたぶん大丈夫。販売されているだろう。Hanbai

 スイーツも紹介しよう。
■玄米アイスGenmaiice
 メニュー表には「シャリシャリ感のある……」とあるが、自分は米のもっちり感のほうが感じられた。
 ソースは柑橘系。

 一緒に写っているお茶は“クロモジ茶”。
 あれ? いつぞや干していたのはクロモジ茶かも。
 日によって用意されているお茶が変わるのも愉しい。

 ―― こんな風に、マクロビオティックなんだけれども、自分のような大食漢おやじも満足してしまう不思議なカフェ。
 雰囲気もあるし。これが谷中にあったら、通っていたかも。
 いや、羽田にあるのが、また良いのか。

Tyuusyasp

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

油揚げ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:自然食 | 穴守稲荷駅天空橋駅整備場駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おはる」 @ 江東区永代

 

 お気に入りの散歩エリアのひとつだ。
 永代橋からの臨む佃島の景観は圧巻だし、晴海運河側から練兵橋、巽橋と渡って永代河岸通りに入る道筋も雰囲気がある。

Syouzan

 永代橋通り福島橋西に「佐久間象山砲術熟跡」碑があって、通り向こうの巽河岸入り口におはるがある。

Oharu_outs  写真奥の橋が巽橋。

 お店表はこう。Oharu_outs2
 テラス席が見える。―― テラス席って、ちょっと違うかな?

 給茶器と流しが表にある。
 なんと、チャーシュー(煮豚)も表にあった。Cyasyu

 良いよね、このたたずまい。
 『食べログ』をみたら、素晴らしい表現が並んでいた。
 “絶滅危惧的中華そば”、“真昼の蜃気楼”、“セピア色の似合うラーメン屋”……。くやしいけれど、これ以上の描写/表現を思いつかない。

 内にはカウンターとテーブル席。

Counter
Table

 メニューはこう。Menu00

■五目ソバ5eyesmen

 見えづらいかな。奥の卵焼きをUp。Tamagoyaki

■チャーシューワンタンメンCyasywntn

 なに? 雲呑がないじゃないかって? では。Wantan_up

 つづいて麺Up。Cyswnt_menup
 支邦そばの正道をいく。
 シナチクも立派で、手抜かりない仕事ぶりがうかがえる。

 店名は店主の名“春雄”から。暖簾の上に表札が見える。
Noren

 

食べログ グルメブログランキング

 

おはる
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 門前仲町駅越中島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「光村」 @ 虎ノ門

 

Mitumura_outs

 鰻で知られる創業80年超の老舗。“@虎ノ門”としたけれども、神谷町、内幸町、御成門からもほぼ同距離。―― と言うよりも、間もなくオープン予定の虎ノ門ヒルズの足下、と言った方がピンとくるか。Toranomonhrz
 虎ノ門ヒルズ、そして環状2号線・新虎通りが完成したら、辺りは一変しそう。増上寺の北、愛宕山の東に位置し、江戸の昔は大名屋敷が連なる閑雅な町並みであったろうに、どうなってしまうのだろう。すごく興味がある。

 ランチでお邪魔した。
Obento  店先ではお弁当がSet-Up。これらお弁当も人気のようだ(お値段、安いよね!)。
 暖簾をくぐって2階へ。

Mitumura_ins

 メニュー。Menu
 裏には鰻の効用が。Unagi
 壁にはコースの案内。C_menu

 しばし、お新香で待つ。Table

■海老かき揚丼(普通盛)Ebikad
 左上の醤油差しにはタレが入っていて、濃い味が好きな者は追加でかけられる。(自分には適度な濃さで、そのままいった。)
 大振りな海老天がどんとのった天丼も好きだが、こちらの海老かき揚丼は、どうしてだろう? 海老を頬ばっている感じがして、たまらなく好きだ。

 虎ノ門ヒルズが出来たら、またまたビジネスマンが増えて、ここ「光村」はさらにさらに賑わうに違いない。この味だもの。

Kj2_kist_u Kj2_kist_d

 

食べログ グルメブログランキング

 

光村
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:うなぎ | 虎ノ門駅御成門駅神谷町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色 > 東京

 

 雪景色を撮りに行こう!
 まぁ、いつもの散歩なのだけれど。めったにない東京の雪景色にテンションは上がる。
 さて、何処が良い?

 腹が減ってきていたので、行き先を熟考することなく、サクッと飛び出した。

■昼食をいただいた「Spice Bar NICO」Nico
 住所標が見えている。江東区高橋だ。小名木川に架かる高橋は写真の先。

 「NICO」のレポートは後日まとめると思うけれど、流れていたBGMが面白かったので記しておく。
 忌野清志郎のバンド「ラフィータフィー」のデビューアルバムが流れていたのである。
 これには「目覚まし時計は歌う」という曲が収録されていて、清志郎がシャウトしている ――

 起きろよベイビー 今日はいい天気だ
 選挙に行って 投票しようぜ

 うわ! なんて選曲だ。恐るべし「NICO」。

 散歩ルートはラストのmapを見てもらうとして、雪が映えて(?)写っている画を並べる。

■清澄庭園Kiysumite
 ¥150払って入ったのだが、ウリの石たちは大半が雪に埋まっていて見られなかった上に、回遊ルートが制限されていた。
 でもまぁ雪景色堪能、満足した。
 他にもいっぱい撮ったが、スカイツリーがちらっと覗く一枚で。

■清澄橋Kiyosumibr
 雪の白と清澄橋の青。
 中央の少年がイイ感じかと思う。

■清澄橋から隅田川をSumidarv
 小さくなっちゃって判らないかも、釣りをしている人がいる。
 左に見えるオレンジ色の橋は新大橋。

■日本橋本町・竜閑川の名残Rkr_umttkn
 写真左手側が昭和通り。後ろは神田美倉町。
 竜閑川は外堀(というか日本橋川)鎌倉河岸の東から支流を取るように作られた人工の堀で、今でもその堀に架かる橋の名がいたる所に残っている。今川橋もそのひとつ。
 戦災による瓦礫処理のために埋め立てられ、昭和25(1950)年にはその姿を消した。

■錦華坂Kinkasl
 神田駿河台、山の上ホテルの裏。写真右が錦華公園。
 夏目漱石が通った小学校のそば。

 EPSON Wristable GPS で取った散歩の軌跡Route

 スタートは「NICO」。ゴールは小石川の柳町小学校。
 柳町小学校が投票所だったの。ちゃんと一票投じたよ。

 GPSの計測では、8.4km。万歩計では約10kmだったけれど、これは雪道で歩幅を狭めて歩いていたからに違いない。

 さてさて、都知事、誰になるのだろう?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩していると、意外なものに出逢う。

 

 先日、宝探し「理想橋伝説」のことを記した。
 本日が応募〆切りだった。手こずっていた神田の謎が解け、一応全問を埋めて回答/応募することができた。

 で、ここでの報告は、その宝探し中に遭遇した亀の散歩である。

Kame_sanpo

 もう何年も東京をぶらついているけれど、亀の散歩に遭遇したのは初めてだった。
 最初、後ろ姿を見かけたときは、良くできたロボットかと思った。亀のゆっくりした歩行を再現する愛玩ペット系ロボットかと。
 良く見たら生きていらっしゃる本物! びっくりした!!(゚ロ゚屮)屮
 ご夫婦と思われる方に連れられていた(写真左のデニムの方)。
 後ろ足に靴をはいて、キュートだ。

 驚いて「写真とって良いですか?」しか言えなかった。
 牡/牝とか名前とか、聞きそびれちゃった。

 場所は江戸川公園。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧