近況報告

「えー! そうなんですか!」>「楠知」 @ 久我山

 

Nanchi_outs

 散歩の途中で、事前情報なし。
 腹がへってきたところに、ちょうど現れた中華屋さん。
 場所は千歳烏山と久我山の中間辺り、これを逃したら昼食難民になりそう……。
 表からはメニューどころか、店名すら判らないお店であったが、勇気を出して暖簾をくぐった。

Counter
 店内はカウンターと二人がけの小さなテーブル2卓。
 ラーメンが¥400と安い。
Menu00

■半チャーハンとラーメンのセットRamen_hcyahan_00
 チャーハン皿に楠知との名入れ。ようやく店名が判った。
 ――でも、何と読むのか判らないけど。

 いやいや、大切なのは味の方である。

 半チャーハンはシンプル。もの足りない感じもあるが、ふわふわ感は好みだ。
 ラーメンの方は、しごく真っ当な支邦そばで、ほっと落ち着くような優しさだ。
 店内の隅に“大勝軒”と名入りの麺箱があった。永福町系大勝軒グループと同じもののよう。だとすると、草村商店さんの20番かも知れない。Men_up

 真っ当な仕事ぶりと、安さに惹かれて再訪。
 今度は“タン・ギョー”で。

■タンメンTanmen00
 左上でボケて写っているのは辣油。タンメンといっしょにサーブしてくれたのも。
 スッキリしたスープに野菜たちの甘さがのって滋味深い味わいだった。

■餃子Gyoza00
 控えめに(メニュー写真左下)「こだわりのギョーザ おいしいよ!!」との案内掲示があった。
 ニラが多めかな? 確かに美味しい餃子だった。

 がしかし、餃子皿が変だ。「難地」との名入れ。Nanchi_ath
 あの板橋区の「難地」か?
 「難地」は大好きな街中華の一軒。“隠れた名店”とも思っているお店である。

 何故、ここに「難地」の餃子皿があるのか?
 もう気になってしょうがない。

 会計時、店主さんに尋ねた。
 回答は――
 店主さん最後の修行先が「難地」であったとのこと。
 “ナンチ”つながりでこの店の名が「楠知」となったこと。
 「えー! そうなんですか!」思わず声が大きくなってしまった。
 店名の読み方もこのとき判った次第。
 きっと出店の際に、餃子皿を分けてもらったのだろう。

 優しい支邦そばのごときラーメン。チャーハンに紅ショウガを添えるスタイル。確かに「難地」に通じるものがある。
 修行先が「難地」だったのか。そうとは知らずに食べていた……!
 2016年、食べ歩きLIFEのなかで、一番驚いた事であった。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ラーメン | 富士見ケ丘駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もく」 @ 大和西大寺

 

Moku_outs

 叔母の見舞いに奈良に行った。
 奈良に入った夜、従兄弟に案内してもらったお店。こちらが基幹店で、市内に姉妹店があるとのこと。

Sumibi00  炭火、火の上には排気ダクトが構えている。

Menu01
Menu02

 生ビールから始まり、色いろ焼いて食った。
 久しぶりに会う従兄弟との会話に夢中で、どの部位をどういった順番で食したか、まったく覚えていない。けど、まぁ、写った色味・形から何となく判るか。
 ずらずらと並べてみる。

Kimuchi
Tan00
Tan01
Tare00
Karashi00
Karubi_and_00
Karubi_and_01
Sake00
Wagyu_yubiki00
Niku_000
Niku_001
Niku_002

 大葉が添えられたメニューは、和牛すじ湯引き。
 見たことない品なので注文してみた。
 かき混ぜて、皿底に落ちたポン酢のようなタレと葱をからめると美味。

 〆は、もく自家製クッパ。Koppa00
 様々な部位の端切れが使われているようだ。スープの旨味に一役かっているにちがいない。Koppa01_2
 “大人気”のマークに納得。

 お店は満席だった。家族連れも。
 コスパも良いし、味も良いし。
 満席にも納得。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:焼肉 | 大和西大寺駅平城駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「BUTCHER'S TABLE」 @ 大泉学園

 

 大泉学園駅にアニメゲートが出来たというニュースは聞こえていて、ぶら~と見に行った。
 あれ、そうだ。大泉学園にはうわさのハンバーガーショップがあったではないか、と寄った次第。

Bst_outs

 外観写真、道の先に「T・ジョイ大泉」=「東映東京撮影所」が見えている。

 昼間からワイン。
 あては……
■生ハム モッツァレラチーズ ~ジェノバ風~Hammc
 中央のジェノバソースをかけていただく。
 生ハムadd-on、BUTCHER'S TABLE版カプレーゼといったところか。美味。

Hammc_up

 ワインはグラスの赤。
 オーストラリア産、ハーディーズ VR シラーズ。

 ワイングラスの裏に写っている赤いポッドも注目を。
 お店自家製のケチャップ。トマトの果肉感を少し残こした仕様だ。

 メインのハンバーガーは、人気No.1という……
■ベーコン チーズ バーガーBcb
 ま横からの画をどうぞ。Bcb_up
 パテの上に分厚いベーコン。その肉たちを溶けてつつみこむチーズ。
 Wow...! なんとも悩ましい。

 付け合わせのポテトには先出の自家製ケチャップで。Ketchup
 こちらのオリジナルケチャップ。一瓶¥500で販売しているそうだ。
 買って帰れば良かった。

Menu_h
Menu_s
Menu_a
Menu_p

Best5

 

食べログ グルメブログランキング

 

ブッチャーズテーブル
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ハンバーガー | 大泉学園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「三洋食堂」 @ 大田市場

 

 ちょっと遠出。海の写真を撮ろうと城南島海浜公園へ行く途中、大田市場に寄ってブランチ。

 大田市場では、関連棟という建物に一般者向けの店舗が集約されている。
 どこも美味しそうだが、今回は神田市場時代から続く老舗三洋食堂さんで。

Sanyou_outs

 メニュー表らしき物が見当たらない(あるのかも知れないけれど)。
 店外のサンプルやPOP、店内の短冊などを見て選ぶことに。でも、まぁ自分は予習してあって、狙ったメニューがあった。

Menu00
Menu01

 1階はコの字カウンター。2階はテーブル席で構成されているそうだ。
 客人が多く、内装写真は遠慮していたのだが、コの字の一辺が空いたので、そっと撮った。Counter

 卓上のステンレスの箱にはカラシのパックが入っている。少量ずつ密封パックされた、お弁当などに入っているタイプのものである。

 え? カウンターの先の短冊が気になる? Menu02

 A-Bを組み合わせる魚がし定食とか、2品付定食などバリエーションがあって面白い。
 そして、タルタルソースの追加がレンゲ一杯50円。定食ご飯へのねぎとろトッピングが300円。なんでもありか!

 目的のメニューはこちら。
■お得セットOtokuset00

 先の写真にもあったが、たっぷりねぎとろ丼(¥900)と大エビフライ1尾(¥300)が合わせると¥1000になるというセットである。
 ピンが大エビフライに合っちゃったので、たっぷりねぎとろ丼をUpで。Negitorod_up
 紫猪口にワサビを移し、醤油で溶いて、ねぎとろに回しがけ。

 実は、これで終わらない。
 浮いた¥200に¥100を足した値段でこちらを単品オーダー。
■生アジフライAjifry

 お店ホームページに“当店の大人気商品!”と書かれていたので、こちらも狙っていたのだ。
 確かにね、凄い肉厚だ。
 先の大エビフライはタルタルソース。こちらは卓上のソースとカラシでいただいた。

 ここに、たっぷりねぎとろ丼-大エビフライ-生アジフライという魔のトライアングルが形成された。
 この海域から脱出することは難しい。脱出したくないからね。
Plate

 ……あぁ、城南島海浜公園に行かなくちゃ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

三洋食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:定食・食堂 | 流通センター駅昭和島駅大井競馬場前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ターキー」 @ 雑司ヶ谷

 

Turkey_outs

 池袋で飲み会があって、散歩がてら向かっているときに偶然見つけた。
 まさか、こんな奥まった小路に飲食店があるとは。
 飲む前にお腹に少し入れておこうか、と思ったのも事実。しかし、何よりもこの昭和な佇まいにやられて、暖簾をくぐった。

Turkey_ins

 カウンターとテーブル3卓、小体なお店。
 壁には雑誌やムックに紹介されたときの記事が貼られている。
 あらら、自分が知らないだけで、有名店なのね。

Tabelog

 店主さんと少し話をした。
 以前、TVに出たときには凄い反響があったが、今は、オファーがあっても断っているそうである。
 「食べログ」からも“話題のお店”に選ばれたそうで、ステッカーと一緒に、その時の書面が掲示されていた。

Menu00

 メニューを見ると、ラーメン専門店ではなく、街の中華屋さんである。
 この日頂いたのはこちら。
■ラーメンRaumen00
 これぞ、東京支邦そば。
 麺をリフトUpした写真も撮ったのだが、感動のあまりピンがずれた。Raumen_menup

 飲み会が控えていたので、この日はラーメンのみ。
 日を改めて訪問。今度はがっつりいった。

■ギョーザGyouza00
 造り置き(冷凍)することなく、注文を受けてから包むようである。美味し。Gyouza_d

■五目そば5eyesoba
 挽肉といっしょに野菜類を炒めるタイプ。
 肉厚の椎茸の他、海老が数尾入ってる。
 それら具材からも味が滲むのだろう、塩ベースのスープが滋味深い。5eyes_menup

■半チャーハンHancyahan
 パラパラでふんわりの王道。頬ばったときのラードの香りがたまらない。

Tnr  店主さんと話をしたときに、『トーキョー ノスタルジック ラーメン』なるムックの話を聞いた。
 気になって調べたら、昔お世話になっていた『ラーメンマップ』を出版していた幹書房発行、懐かしい東京ラーメンを網羅した1冊。
 ショックだったのが、幹書房さんが倒産していたこと。このムックも入手困難、今では古本しかない。

 自分、状態の良い中古品を入手した。

 その『トーキョー ノスタルジック ラーメン』によるとターキーさんは1975年創業。この路地に40年……。手抜きのないまっとうな仕事が評価されて、続いているのだろう。頑張っているなぁ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

中華そば ターキー
夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:中華料理 | 都電雑司ケ谷駅雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「三浦屋」 @ 北品川

 

Miuraya_outs

 拙ブログ、前回登場は2009年11月
 久しぶりに「三浦屋」さんに行った。

 そうしたら、衝撃の事実が……!
 知らなかった。来る6月7日で店終い! 閉店となるそうである。

Oshirase

 メディアへの露出も多く、人気は不動のものと思っていたのだが……。
 建物老朽化による立て替えに端を発したようにも想像するが、お知らせにある『江戸前にこだわった味を守り続けることが難しい……』とのフレーズに胸が締めつけられる。

Menu01
Menu02
Menu03
Menu04

 この日は前回も頂いたこちらをまた頂いた。
■極上丼Gokujyodon

 この味を自分の舌に刷り込んでおかないと……。
 10日をあけず再訪。今度は昼間っからビールをあおった。
■あじ南蛮Ajinanban

■かきあげ丼Kakiagedon

 自分の中では、旧東海道を散歩するときのランチ処筆頭だった。
 土日も営業されているのがありがたかった。
 嗚呼、お気に入りのお店が無くなるのはつらい。

Table_set

Eigyobi

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:天ぷら | 北品川駅新馬場駅天王洲アイル駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カープ」 @ 神田鍛冶町

 

 手帳に“16:30 神田北口”と走り書きがあった。
 前の晩、某居酒屋でしこたま呑んで記憶が虚ろだ。携帯をチェックすると新しい友人の番号が入っていた。
 ……あぁ、約束したらしい。

 神田北口で落ち合った、友人に、
 「記憶ないんですけど……。どこに行くって言ってましたっけ?」
 と、約束しておいて失礼な質問。
 友人、苦笑。
 店の前まで来て、ようやく思い出した。

Carp_outs

 「神田に美味しいお好み焼きやがあるんですよ! 広島風お好み焼き! 行きませんかマルさん!」
 「行きま~す!」

 そんな会話をかわしたような。

 店内、大きなコの字カウンター。
 コの字全体が鉄板になっている。
 内には焼き手3人の他、サポートスタッフがふたりだったかと。広島弁が飛び交い、独特な活気だ。
 鉄板を備えたオープンキッチンはさながらステージで、繰り広げられるパホーマンスを客人たちがかぶりつきで観ているような案配。
 雰囲気に酔いそうになる。
 おもしろい処に連れてきてもらった。感謝。

Menu00
Menu01

Teppan00
Gyusujink
Sake_00 Chirori
Shimeji Tonpei Kaki
Danmen
Kamoturu

 鉄板の上に置いておくと、料理が冷めなくて良いね。
 燗酒も、ちろりを置いて保温。

 肝心のお好み焼きの写真が少ないな。
 女将さんに
 「断面撮るのよ。断面!」
 って、あおられたっけ。
 断面を撮らないと、麺が入っているのが見えないからね。
 せっかくの“広島風”が写らないことになっちゃう。

 ちなみに、こちらカープでは中華麺の他、うどん入りのお好み焼きもある。メニュー短冊にないけれど、中華麺とうどんのハーフ&ハーフにも対応してくれる。

 外観写真は、お店を出てから撮ったもの。
 この日は16:30からずっと待ち人が絶えなかったよう。
 凄い人気店。確かにはまりそうだ……。

 

食べログ グルメブログランキング

 

カープ 東京支店
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:お好み焼き | 神田駅淡路町駅小川町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年 呑み始め

 

 先の「越後屋」は昨年の話。
 いつも年明け呑み始めは家呑み。

 今回用意したのは日本酒2種。

Sake

 昨年「2014年 呑み始め」同様、山内屋@日暮里で仕入れた一升瓶、
■やまとしずく 生もと(酉+元)純米
 燗酒で美味しいものを、というリクエストで数種挙げてもらったものから選んだ。
Sizuku_catch  こちら↑は山内屋さんのキャッチ。(手ぶれ、ごめんなさい)
Sizuku_ura  ラベルには表示がないが、Webで調べたら米は美山錦だった。
 興味ある方は秋田清酒さんのホームページでご確認のこと。

 もうひとつは、頂きものの四合瓶、
■日本橋 大吟醸
Nihonbashi_hako  木箱でいただいた。木箱のラベルのほうが見やすいか。
 埼玉県行田の酒造さんなのに、なんで“日本橋”なの? 回答は横田酒造さんのホームページに。
Nihonbashi_ura

 肴は何か?
 ある筋から“おせち”を取り寄せた。Osechi
 昨年は通販の冷凍ものだった。それも良かったのだけれど、今年は拙ブログに登場の某割烹で予約販売のもの。

 のりで、頼んじゃったけれど、食べきれるかな。
 この他に、いつも通り「みちのく」の煮豚や松前漬け、神業的にきんぴらゴボウがあるんだ。

 この三が日で太るぞ、自分。

 

食べログ グルメブログランキング

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『食べログ』と自分

 

 先の『「みじんこ」 @ 湯島』が『食べログ』へのトラックバック500軒目であった。
 500件の口コミを投稿したことになる。

 偶然だけれど、自分にとっての500件目の投稿が「みじんこ」へのちょうど100件目の口コミであった。

 このブログを始めたのが2008年10月13日。これはというお店はフードアナリストのレビューページ『@nifty厳選レストラン』の方へ詳細を記していた(このサービスは2012年9月で終了)。
 しかし、トラックバックと云う方法で簡単にブログから『食べログ』に記事を送れることを知って、2010年11月3日の『「満福」@大森海岸』のレビューから『食べログ』に送るようにした。トラックバックをかけたレビューが全て掲載されいるわけではなく“掲載保留”になっているものもあるが、そう云うものも含めて500件/軒。

 自分のレビューが“初投稿”となったお店もある。
 これは、ちょっと嬉しい。良いお店をいち早く紹介できたような気がして。
 これはもう自慢になってしまうけれど、自分が把握している範囲で(漏れているかも)初投稿となったお店を並べてみる。

 「奈加山」@青山一丁目
 「Birdgrill Torino」@飯田橋
 「兎月」@信濃町
 「味道苑」@亀有
 「やぶ重」@谷原
 「金屋 肉○食堂」@東向島
 「浅野屋」@上中里
 「とこちゃん」@亀有
 「TETES MANIS」@神田
 「えん」@小石川
 「松月」@青井

 この中で一番の出世頭が「Birdgrill Torino」かな。自分の後に17人もの口コミが寄せられている。

 さて、この度『食べログ』を運営する株式会社カカクコムから知らせが届いた。
 学研パブリッシングとのコラボレーションによるグルメガイド本『食べログ 最強ランキング350 東京・横浜』(12/13out)に自分の口コミもしくは写真が使われているという。

Saikyor_1213

 使用可否の問い合わせは以前に来ていて、使用を承諾してあったのだが、まさか使われるとは思ってもみなかった。

 早速確認したところ、自分のコメントが使用されてるお店を2軒見つけた。「マル*サトシ」の名前入り。
 そうか、そのコメントを使うか。
 写真が使われたのかと思ったのだが、使われたのはコメントの方であった。

 2014年が間もなく終わる。
 拙ブログはちまたに溢れるグルメ系ブログのひとつに過ぎないけれど、『食べログ』との関わり合いで、節目となる事柄があった、と云うことで報告しておく。

 

食べログ グルメブログランキング

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古の会 @ 都内某所

 

 「古の会」、“いにしえのかい”と呼ばれている。
 常連客に連絡が入り、みんなで持ち込んだ日本酒と肴で、宴を愉しむ。
 酒や料理に精通した人が多いので、持ち込む品にはちょっと気をつかう。それがまた愉しいのだ。みんなへのプレゼントを選ぶような、そんな感じだ。

 店主さんが仕入れに使っている酒屋を以前訊いたことがって(拙ブログで紹介の「山内屋」さんはそのうちのひとつ)、できればそれら酒屋さんを外してレアな酒を入手したいという思いで、自分が向かったのは江古田の「酒の秋山」さん。

Akiyama

 で、入手したのが ――
■純米原酒 タクシードライバーTaxid_omote
 岩手県は喜久盛酒造さんの逸品。
 お米は‘かけはし’。酵母が2種あって‘ゆうこの想い’と‘ジョバンニの調べ’。こちらは後者。ジョバンニは、岩手県だけに『銀河鉄道の夜』から取ったのかな。

 ご参考に裏ラベルを。Taxid_ura
 命名とラベルデザインは髙橋ヨシキ氏。
 突っ込みたいポイントであるが、止めておく。

 喜久盛酒造さんは他にも“電気菩薩”なるマニアックな銘柄がある。

 もうひとつ。
■篠峯 どぶろくDoburoku
 奈良県は千代酒造さんの逸品。
 お米が‘雄町’。雄町の濁りは珍しいのでは。

 さて、肴である。
 こちらは「古の会」当日、ふらりと出た散歩の帰りに、砂町銀座に寄って購入してきた。

 まずは美味い惣菜に定評がある「染谷食品店」さんから。Someyash

Souzai
 右下はザーサイとキクラゲの中華風。塩は軽く、酸味が効いて美味。
 左下はイカの煮物。刻み生姜がアクセント。
 右上はウド、左上が青菜。どちらも優しい味わいで。Lovely。

 もう一軒。
 「俺のキムチ」って……。Orenok


 店主とおぼしきおじさまが、やたら元気良くって、負けました。Kimuchi
 左上は白菜キムチ。右上はみかんキムチ!
 さきいかキムチにちょっとはまった。

 「古の会」、ブログUpはNGかと思って控えていたのだが、店主さんのお許しを得て、ぼかした感じで掲載する。
 最後は店主さんからいただいた、集まった酒たちの写真で。
 凄いよ。みんなニッチなところを狙ってくる。かぶってないからね。

S_mtm_01
S_mtm_02
S_mtm_03

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)